オーディオ・ベースマン見たり聴いたり あらえびす記念館・・オレは、好き。SP盤。 

岩手県・紫波町の「あらえびす記念館」のヴィクトローラ・クレテンザ 8-30型 (Victrola VE 8-30X 1925 14)。ビクター・トーキング・マシン社(USA)。サイズ(WDH)792×550×1175。

タンノイ ウエストミンスター。後は、たぶん、カンタベリー。月に一度、あらえびす(野村胡堂)が所蔵したSP盤の演奏会が開かれています。

高域も低域も録音されていない、つまり、帯域が狭い。音楽の背景はうるさい、つまり、超低SN比(?)。でも、楽器の音がする。だから、デジタルな現代でもSP盤は、音がイイ!!。

レコードをトレースする際の鉄針の盛大なノイズ。鮮烈な響きが持ち味のシンバル、トライアングルといった楽器の音、高域は、書くのがはばかれるほどみすぼらしい。地鳴りのような音を発するグランカッサ(大太鼓)などの打楽器、低域は、「モヤ、モヤ」とした音でヴィクトローラの箱奥から虚ろに聴こえる。

高解像度、高いSN比、高域から低域まで広い帯域の再現が必要とされる現代オーディオの録音媒体。ハイレゾ、SACD、CD、レコードなど音源には不自由なことはないはず。しかし、再生時間、5分。落とすと割れることもあるSP盤。扱いはかなり面倒。しかし、なぜ、未だに愛好家がいるのだろうか?。

答えは一つ。冒頭に書いたように「楽器の音がするから」。付け加えれば「瑞々(みずみず)しい音がする」から。

弦楽器、木管楽器、金管楽器の高くも低くもない中間帯域。この部分では、高解像度、高コントラスト、ハイ・レスポンス。音がつぶれず、張りがあり、伸びやかな響き。楽器本来の持つ、音色の再現では、いかなる録音媒体もかなわない。

録音状態にすごくバラツキがある。だが、スクラッチ・ノイズ(surface noise)の襲来、歪み、くすみの発生を聞き流し、「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び」聴き続ける。ある瞬間、原音再生かと聞き間違える恍惚の瞬間がやっていくる。

今回の鑑賞会。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調。第一楽章、第二楽章をSP盤で。第三楽章は、CDで鑑賞。CD使用は、第三楽章のSP盤が破損していたことによるもの。再生時は、ウエストミンスターで聴いた。いや~、ビックリしました。なにが、ビックリしたかというと「CDの音、カサカサしている」。

チャイコフスキーの交響曲4番。指揮 オーマンディ、演奏 フィラデルフィア管弦楽団もSP盤で鑑賞。「オケの音が入っていない(帯域が狭い)」と感じ、自宅に帰って「良い音で感動しよう。オーマンディよりムラヴィンスキー」と思い一枚のCDを取り出す。ドイツ・グラモフォン、1960年録音。ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の4番を。演奏、録音とも決定番の一枚。再生ボタンを押してすぐに、愕然(がくぜん)とした。

「音が、カサカサしてる」。ショックだった。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり カン サウンド ラボ  その①・・「スピード違反」で捕まりそう!?。

カン サウンド ラボ(Kan Sound Lab)のピュア リボン ツィーター。右が、ミューオン(MEWON) TS-001 ExcellentⅡ。148万円(ペア)。左が、GEM TS-208 ExcellentⅡ。182万円(ペア)。音質は、小型の方がやや硬質な印象。TS-002 230万もあり、計3機種のラインナップ。

音が、整列する。そして、システムの音を損なわない。もし、自身が持つシステムに愛着があり、それを変えず、音質を向上させたければ、是非、導入すべきだ。

高域を伸ばすためだけの、スーパーツイーターだと思うなかれ!。スピーカーに繋ぐと全帯域の音が規則正しく、整う、揃う。写真、タンノイ・アーデンでは、高域の荒れが滑らかになるが、それにも増して、中低域から低域表現がグッと明瞭、明確になる。

「気を付け!」、「前へならえ」、「休め」。学校の校庭で行われる体育の”集団行動”。散開していた子供たちが、号令一下、綺麗に整列したかのような、音の配列の快感。聴こえる音を、目に見える形に置き換えれば、こんな感じ。

無意味に帯域を広げない。「澄み切った」というより「いとをかし」的SN比(?)。「音の騒がしさが無くなる(店主・細川談)」ような解像度の良さ(?)。高域は、線香花火の「パチパチ」のように光り輝かず、「満天の星空をサッと流れる流星」。「混濁、濁り」が取り除かれた中間帯域は、スッキリ。「スーッ」と床を這って伸びてくる軽い低域。トランジェント(音の輪郭)は、極太にならず、薄すぎず。高コントラスト、ハイ・レスポンス。B&W800Dに繋ぐと、「スピード違反」(!?)で捕まりそう。

欠点は、奥行き。上の方向に音が伸びてないような気が。たとえば、オーケストラの団員が雛壇(ひなだん)に登壇、演奏しているその位置が感じ取れればと思うが。全然、悪くはないが、横一線にならんでいるように聴こえる。

230万のミューオン TS-002のカタログにこうある。

「・・・エネルギーはTS-208をWスタッグ(おそらく、二段重ね?)したものより上回ります 欠点は垂直の指向性… ExcellentⅡにおいて、振動版をくの字に曲げることにより克服しました」とある。正直に欠点を認め、改善できたことが書いてある。僕が、垂直の指向性を感じることができなかったのは、ベースマンでのセッティングが良くなかったのかもしれない。

なお、GEM TS-208は、「ステレオ サウンド誌」 2019 SUMMER No211 で 柳沢功力さんが第9回「僕のオーディオ回想」(p242)で導入の経緯が書かれ、「理想のあくなき追求 レコード演奏家 菅野沖彦の足跡」(p215)では室内の写真に載っていました。

一台、導入された方がいます。もともと、その方が自宅試聴。良ければ購入ということで、カン サウンド ラボから試聴機を取り寄せました。店にとって、店に通われるオーディオマニアにとって得難い製品を試聴でき大変、有難いことです。後続する方がいらっしゃるでしょうか…。

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ C-37・・受けるΩは珈琲の濃さ?

アキュフェーズ ステレオ・フォノ・アンプ(フォノイコライザ) C-37。定価55万円ほど。使う機能は、LOAD インピーダンス・30Ωと100Ω。FILTER、MC/MM切り替え機能ぐらい。投資金額からすると「宝のもちぐれされ」のような気が・・。でも、各機種、比較試聴すると高解像度のC-37がいい・・といっても色々なメーカーを聴いたわけではありませんが。

インピーダンスで音質が違う。聴いて、好みで受ける抵抗値を決めたほうがいいみたい。

MCカートリッジ、30Ω、100Ω設定で聴く。「どんな違いがありますか?」。店主・細川さんが答える。「30Ωでは、”しっとり”(とした音調)。中域中心(とした帯域表現)。100Ωでは、ワイドレンジで解放感が高く、音量が大きくなる」。

_それでは、30Ωは、弦楽四重奏とか声楽、独奏楽器など繊細さを求めるときに、100Ωは、オーケストラ、ジャズ、ロックといった迫力、瞬発力を求めるジャンルの時に合うのですね?_。「そうだと思います」。

「100Ω、300Ωで受けると(カートリッジの)針先が自由になる、抑えが無くなる。30Ωでは、針先の振動が抑えられ、ダンピングが良くなる。(その抑えというのは)車のサスペンションのダンパーに例えられます」。_その辺りに音質の違いがでるようだ_。

_それでは、MC型カートリッジを使用する時、選択するインピーダンスの目安は?_。「(説明書の)インピーダンスの3倍から10倍だと言われています」。説明書を見ると手持ちのテクニカのAT-ART9では、コイルインピーダンスが12Ω、フェーズメーションのPP-Monoでは、インピーダンスが4Ωとなっている。30から100Ωで受けるのが適正といったところか。

インピーダンスを変えると音の濃さが変わる。珈琲で例えると、AT-ART9の場合、30Ωはエスプレッソ、100Ωはレギュラーコーヒー(ブレンドコーヒー)、300Ωはアメリカンといったところ。数値があがるほど、薄くなっていく。

 

 

日本酒 酒徒礼讃 沖縄県島尻郡 久米島の久米仙・・腰が抜ける。要注意な酒。

琉球泡盛 久米島の久米仙。純米製とある。おそらく、日本のどこでも購入できる泡盛。ローソンで通常価格853円から200円引きの653円で出されていたので思わず喉から手が出た。

酒盃は、「古瀬戸(ふるせと)筒酒盃 小服茶碗」。ヤフオク mukashigatarisorekaraさんから分譲品。漆黒に金色の斑紋。600ml透明瓶との対比が美しい。

泡盛は、甘さ(旨味)に騙され、ガバガバ飲める。しかも、困ったことに色々な味をうまく抽出している。そのため、飲み飽きない。本人の意図とは関係なく酔っぱらい、立ち上がろうとすると腰が抜けてしまう。ご経験した方も多いと思う。要注意な酒だ。

甘く、酸味の少ない饐(す)えた米の香り。口当たりは、濃い米の旨味。強い酸味も味わえるが、旨味(甘味)が勝る。後味に苦味、抉(えぐ)味と続き、口から鼻、喉を抜ける、早朝の爽やかな酸味が後味を支配する。その酸味が、各味のコントラストを高め、立体的で奥行き、余韻を際立たせる。特に、旨味(甘味)を。

この盛夏の時期。ロックで飲むと余計に旨味(甘味)が増し、飲みやすくなる。濃厚さは、後退。

沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157 ㈱久米島の久米仙 琉球泡盛 「久米島の久米仙」853円。

以下は、mukashigatarisorekaraさんの「古瀬戸(ふるせと)筒酒盃 小服茶碗」出品時の解説文です。

******

仕覆 古桐共箱(古瀬戸茶碗と墨書あり。少なくとも、江戸期に誂えられた箱ですので、箱書きの「古瀬戸」は「ふるせと」の読みになります。なぜなら「古瀬戸(こせと)の名称は戦後、小山富士夫が提唱したものだからです)

「ふるせと」の特徴である漆黒釉地に鶉斑(うずらふ)がうつくしく表われています。なお、非常に希少品にして名品ゆえ詳しくは「日本陶磁大辞典」(角川)の「古瀬戸(ふるせと)」の項(1219項)を是非とも参照ください。

******

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 岩手県北上市 タクシードライバー・・ハジケ者の酒と呼びたい。

純米原酒 タクシードライバー。えぐいおっさんの顔のラベル。左の醤油瓶、「にんにく」文字の瓶。箸入れ。枝豆を入れたガラス食器。この配列、何かしらの郷愁を誘う。

使用酵母「ゆうこの思い」。なんかますます、怪しいなぁ。その怪しい雰囲気だけでブログの記事が書ける。

風変わりなネーミングで引き付け、安っぽいラベルでドン引きを誘う。駄菓子屋さんに置いてあるお子ちゃま向けの飲料かと間違う…。あっ、それはないか。

味は、ラベルのオッサンよろしく濁り系。かすかに米が饐(す)えた香り。酸味、旨味が交互に現れ、酸味が勝り、酒粕の味がする。澄み切っておらず、穀物の雑味、米を噛みしめた時の濃厚な味わいがある。

何故に「タクシードライバー」と名付けたか?。奇を衒(てら)ったのではないことは飲めば分かると言いたいが、それを言い切る自信はない。

臆せず、杜氏の名前「高橋 藤一」印刷されているのは嬉しい。

岩手県 北上市更木3-54 喜久盛酒造㈱ 純米原酒 「タクシードライバー」 1.382円。

喜久盛酒造㈱。昔、「鬼剣舞」を作っていた会社だったのですね。代替わりして大いにハジケちゃったのね

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ステレオ誌 究極のオーディオチェック CD 2019・・これはイイ。

stereo(ステレオ)誌 究極のACDC(オーディオチェック CD)。ステレオ誌の7月号 付録。聴きどころは、トラック9から13曲の増尾好秋さんのジャズ(フュージョン?)・ギター。蒸し暑いこの時期、爽快なギターの音色は清涼剤。

シンプル イズ ベスト。2019のステレオ誌のオーディオチェックCDは非常に使いやすい。一番いいのは、ソコソコにオーディオ・セッティングが決まっていれば録音場所が、「スタジオ」なのか「ライブハウス」なのか、聴きとれる点。

2014から、’15、’16、’17と買い続けたが、僕にはあまりにも凝り過ぎた内容、過剰なトラック数、馴染みのない楽器、音源などなど、いささか、持て余した。′19バージョンは、13トラック収録。しかも、四つの楽器、あっ、ボーカルも加え五種の音を使っての録音とあって聴きやすい。しかも、エレクトリック・ギター中心で、高域まで鮮烈、清冽に伸びる音色は、夏の蒸し暑さを吹き飛ばすグッド・アイテム。

トラック9から13までの録音は、ビクター・スタジオ301と新宿 ライブハウス「J」を使用。スタジオ録音は、左右の楽器の分離、位置が明確、各楽器の音色が明瞭で音楽の背景が静か。そして、スタジオ空間の広さが分かる。一方、「J」は、各楽器がセンターに寄り、狭い空間、音楽の背景が少し騒がしい。そして、楽器の音色にくもり、濁りが発生している。たしか、ライブハウスの音はこんな感じ。

セッティングが決まっていれば、酔っぱらって聴いても録音場所が判断できる。さあ、今宵も飲みながらオーディオのチェック。しかも、CDなので無我の境地に陥っても安心、安心。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり マントヴァーニ・・デッカ録音の至芸、ここに極まれり。

マントヴァーニ オーケストラ。イタリア・ミア ITARIA MIA。ヤフオク、khattori22さんより分譲品。

オーケストラの中に浮かび上がる独奏楽器の音色が美しい。デッカ録音の至芸が、堪能できる。もう少し、SN比と音のコントラストが上がればなぁと思う…、いや、これで十分だ。

現代。楽団員をスタジオに集め録音することは非常に経費がかかり、儲からない。市場も飽和状態。そのため、今では、クラッシクの音源は、ライブ録音が、中心。このLPのような録音が行われる機会は、ますます、減るだろう。その意味でも50年以上前のこのレコードは、貴重品。

おっ、1961年録音。「ワルツ・フォー・デビィ」と同じ時期だ。

ヤフーオークション出品時、出品者のkhattori22さんが有意義なコメント[recordkarte]を掲載。全文を引用させて頂きます。(一部、省略。ゴシック表記はブログ制作者)

@@@@@@

ffrrやFFSS黎明期にアンセルメ&スイス・ロマンド管弦楽団と並び英国デッカ社の二大看板オーケストラだったのが、マントヴァーニ楽団。小編成の交響楽団のコンサートに近かったマントヴァーニは、生涯750曲以上録音を残し、一億枚以上のLPを売り上げたと云われていますが、この事実から英デッカを語るに無視出来ない存在です。小生も自身を持ってアンセルメと同列に語らせて頂きます。

クラシック愛好家+ポピュラー愛好家を足して2以上の効果を生み収益に貢献、英デッカ社に経費が嵩(かさ)むイタリア・オペラ全曲録音やバイロイト実況録音、高価なAMPEXやノイマンなどの業務用機材購入等々英デッカ帝国黄金期樹立に一番貢献したのはマントヴァーニだったのでは。そうです、彼の御蔭で高音質のデッカ盤が楽しめると云っても過言では有りません。クラシック愛好家人口には限界があると見た英デッカ社が圧倒的なメジャーで人口の多いポピュラー愛好家にターゲットを定めて、その最前線にマントヴァーニを位置付けたこの戦略は大成功!!!。クラッシック界帝王のカラヤンと云えども1億枚には程遠いはずです。

「できるだけ多くの人に、気楽にオーケストラ音楽を楽しんでほしい」。今、一度、この彼の残した言葉を噛締めてみましょう!。マントヴァーニのもう一つの魅力は、アコーステックな空間の中でオーケストラのバランスを取るデッカ特有のデッカ録音を具現したということでしょうか。ホール・トーンを適度に捉えつつ、個々の楽器や声をクローズアップする音づくりは、カルショー前から君臨していた英デッカのプロデューサー、トニー・ダマートとウィルキンソンのライバル(だった)アーサー・リリーという二人の才能が英デッカ社に居たという幸運が本盤を生んだと云っても過言ではないと思います。

@@@@@

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ C-3850・・突然、「歌う」。

アキュフェーズ C-3850。定価180万円ほど。ボリューム・ノブはダミー。高剛性のアルミブロックの中にボリュームセンサーとモーターが入っている。リモコン操作可能、便利だが、指先で0に絞った時の質感は…イマイチ。

オーディオ機器に求められる性能。それは、広帯域、高SN比、高解像度、優れた高域特性、中間帯域の密度、緩みなく、ハイ・スピードな低域表現。

店主が、C-3850の魅力を語る。

「下位機種からC-2850までは、段階的に技術点(オーディオ的性能)が上がっていきます。C-3850になると突然、歌う。響き、深み、色合いといった芸術点がつきます。(性能が)二段階アップしたかのよう。出力回路が強力なので低域が厚く伸びのあるいい低音(を再生)。SN比にくもり感がないため、音の出だしの気配が感じられるし、消えてゆく楽音、エコー、ホール・トーンが(小さくなりつつ)最後まで伸びる。あとは、フレーズがなめらかで、抑揚がある。(演奏者の)身振り手振りがよく見える」。

来年あたり次のモデルが出されるだろう。

四月のアキュフェーズ試聴会時、同社 第二技術部 回路一課 田尾係長に訊ねた。

「C-290Vは、ボリュー・ノブを絞って0になると”コッ”とズシリとした金属音が聴こえます。指先にも密度の高い金属がぶつかる重量感のある手ごたえを感じます。その指先に伝わる感触が素晴らしいのですよ」「ええ、そうみたいですね」と田尾係長。「次にでる最高機種のプリ・アンプにその手ごたえをつけたらどうですか?」。田尾係長、ニヤリとして「その予定は今のところありません」。

背後で「あの感覚は、是非、必要だと思います」と店主がポツリとつぶやく。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコリバ電源ケーブル POWER REFERENCE 再考(最高!?)・・。

アコースティック・リヴァイブ電源ケーブル パワー リファレンス(POWER REFERENCE)の六丁使い。定価38万円。6本だとお値段も凄いね。

2019年 7/1 現在。ベースマンではアコリバの38万の電源ケーブルを6本使っている。

フルテックのハイエンドグレード壁コンセント(GTX-D NCR(R))から一本が出発。それがアコリバの電源ボックス(RTP-6 absolute)へ。また、シングルでアキュフェーズ・クリーン電源 PS-1220へ。そして、PS-1220からタコ足配線的にDP-900、DC-901、C-3850、A-70へ4本が展開。

「細川さん、アコリバのケーブル。お気に入りのようですが、どの辺が効果的なんですか?」と問いかけると

「低域の力強さと伸び。全体的に雑味がない」

僕個人としては、澄み切った高SN比、明瞭な解像度。帯域全体で歪みが少ない。特に、高域でそのような効果を感じる。

価格を考えると、澄み切ってしまう(諦める?)のは僕だけでしょうか?。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ロジャース LS3/5a・・必聴の小型スピーカー見参!。

ロジャース LS3/5a  定価27万ほど。メーカー展示処分品。小さいけど、お値段も性能も目を見張るものがある!?。お値段、要問合せ。

「他のメーカーのスピーカーとは一線を画す。全てがイイ。文句のつけようがない!」と店主は絶賛。

小型スピーカーながら、力強く帯域を広げるのが最大の魅力かな。大編成のオーケストラのCDで聴いたのでそれが、一番、印象に残った。SN比が格別高いとはおもえないが、サイズから想像もできない解像力もあるような気が・・。低域から高域まで過不足ない。音のコントラストが高く、スピーカー周辺に張り巡らせる音場の解放感と相まって迫力のサウンドを展開する。

一階での試聴。ブックシェルフ型はこれまで苦戦を強いられてきた。その一階で良く聴こえたのは素晴らしい。

小型ブックシェルフ型スピーカーとしては必聴の製品。

今後は、声楽、弦楽、バロックといった繊細かつ優美、微妙なニュアンスを必要とする音源でいたぶって…あっ、もとい。丹念に試聴したい。

2019  7月17日 追加 専用スタンドは、10万円ほどとの事です。