オーディオ・ベースマン見たり聴いたり オクターブ V110・・質感重視の音楽ファンヘ。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり オクターブ V110・・質感重視の音楽ファンヘ。

オクターブ V110。中古品。45万円。前の所有者の方は、手袋をしてスィッチ類を操作。超美品。…店主は素手で操作してましたけど…。

ブラックボックス。V110で使用。音質は向上。中古品 8万円。

広帯域を狙わない。先鋭的に伸び切る高域やダンピングの利いた締まり切った低域表現ではない。多少、狭くなっても構わないから、中間帯を中心として上下に均等に割り振った帯域バランス。精密な解像度ではないし、澄み切ったSN比でもない。帯域全体のエネルギー密度は高く、音の輪郭が太い。といっても「ゴリッ」とした感じはない。油絵というより、クレヨンの太さで縁どられた音のイメージ。高コントラストだが、真空管アンプらしい「やや、朧(おぼろ)げな」という注釈が付く。店主「チェロ、音が少々、(実演の音とは)違う感じもあるが、悪くない」とはCD、バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲) ピーター・ウィスペルウェイ (キングインターナショナル KKC5246~7)の第一曲目、組曲第一番を聴いての印象。音の色、艶、微妙な倍音のニュアンスを聴かせてくれる。クラシックなら大編成のオーケストラのような楽器の多いジャンルより、独奏から八重奏など登場楽器が少ないもの。ジャズ、ボーカルなら、硬質感が感じられない再生を望む人に向いている。また、B&W802D3のような現代的な精緻、精巧な音にやすらぎ、親しみやすさといった要素を与えたい方にも合う感じがする。

久々に聴いたオクターブ。「音が悪かったらどうしよう。心配でした」と店主。その音質に戦々恐々。B&W802D3 プレステージにケーブルを繋ぎ、CDプレイヤーのスイッチを入れて、30秒ほど経過。「おっ、大丈夫!」。