オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRX-88PS その②・・必死に音楽を演奏している。

トライオード (TRIODE) TRX-P88S。定価16万円ほど。パワー・アンプだが、ボリュームコントロール付き。プリメインアンプとして使用可。KT88管の特長、太く力強い音の持ち味をありのまま楽しめるという。

このままでも、十分魅力的だ。極太のサウンドをスピーカーからぶっ飛ばしてくる。

このアンプ、いい所は、広帯域。帯域全体に渡る、高解像度、高エネルギー、音の高瞬発力な性能。「グリグリ」とした音の太い輪郭。まずは、活力のある真空管アンプの音を聴いていきたいという方。ジャンルでいえば、ロック、ジャズ、フュージョンが好きな方に勧める。

よく聴こえない要素もある。繊細さに欠ける。ゆがみ、ひずみがある。奥行きのある陰影表現がない。そういった短所から、粗削りに音楽を再生する。だが、「必死に音楽を演奏している」感があるのは好ましい。

「高級なプリアンプを繋いでみたい」と店主。購入後、時期を見計らい、プリアンプを繋いで所有者が自己の求める音にグレードアップできる可能性を秘めた、また、楽しみがあるアンプだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)