オーディオ・ベースマン見たり聴いたり カン サウンド ラボ  その①・・「スピード違反」で捕まりそう!?。

カン サウンド ラボ(Kan Sound Lab)のピュア リボン ツィーター。右が、ミューオン(MEWON) TS-001 ExcellentⅡ。148万円(ペア)。左が、GEM TS-208 ExcellentⅡ。182万円(ペア)。音質は、小型の方がやや硬質な印象。TS-002 230万もあり、計3機種のラインナップ。

音が、整列する。そして、システムの音を損なわない。もし、自身が持つシステムに愛着があり、それを変えず、音質を向上させたければ、是非、導入すべきだ。

高域を伸ばすためだけの、スーパーツイーターだと思うなかれ!。スピーカーに繋ぐと全帯域の音が規則正しく、整う、揃う。写真、タンノイ・アーデンでは、高域の荒れが滑らかになるが、それにも増して、中低域から低域表現がグッと明瞭、明確になる。

「気を付け!」、「前へならえ」、「休め」。学校の校庭で行われる体育の”集団行動”。散開していた子供たちが、号令一下、綺麗に整列したかのような、音の配列の快感。聴こえる音を、目に見える形に置き換えれば、こんな感じ。

無意味に帯域を広げない。「澄み切った」というより「いとをかし」的SN比(?)。「音の騒がしさが無くなる(店主・細川談)」ような解像度の良さ(?)。高域は、線香花火の「パチパチ」のように光り輝かず、「満天の星空をサッと流れる流星」。「混濁、濁り」が取り除かれた中間帯域は、スッキリ。「スーッ」と床を這って伸びてくる軽い低域。トランジェント(音の輪郭)は、極太にならず、薄すぎず。高コントラスト、ハイ・レスポンス。B&W800Dに繋ぐと、「スピード違反」(!?)で捕まりそう。

欠点は、奥行き。上の方向に音が伸びてないような気が。たとえば、オーケストラの団員が雛壇(ひなだん)に登壇、演奏しているその位置が感じ取れればと思うが。全然、悪くはないが、横一線にならんでいるように聴こえる。

230万のミューオン TS-002のカタログにこうある。

「・・・エネルギーはTS-208をWスタッグ(おそらく、二段重ね?)したものより上回ります 欠点は垂直の指向性… ExcellentⅡにおいて、振動版をくの字に曲げることにより克服しました」とある。正直に欠点を認め、改善できたことが書いてある。僕が、垂直の指向性を感じることができなかったのは、ベースマンでのセッティングが良くなかったのかもしれない。

なお、GEM TS-208は、「ステレオ サウンド誌」 2019 SUMMER No211 で 柳沢功力さんが第9回「僕のオーディオ回想」(p242)で導入の経緯が書かれ、「理想のあくなき追求 レコード演奏家 菅野沖彦の足跡」(p215)では室内の写真に載っていました。

一台、導入された方がいます。もともと、その方が自宅試聴。良ければ購入ということで、カン サウンド ラボから試聴機を取り寄せました。店にとって、店に通われるオーディオマニアにとって得難い製品を試聴でき大変、有難いことです。後続する方がいらっしゃるでしょうか…。

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり カン サウンド ラボ  その①・・「スピード違反」で捕まりそう!?。” への5件のコメント

  1. 主様、今晩は。

    GEM TS-208 、なかなか凄かったですね。
    高音部が上質で洗練された音…艶やかな音になったのは私の駄耳でも認識できました。
    ばかりか、全体的にドッシリと締まりのある音に変化したようにも感じました。

    現在、TS-001をお借りして聴きまくっていますが、まぁ、何と言いましょうか、明るく元気な気持ちになりますね。(意味不明?)

    イイです!とっても。

    欲しい!

    けど、値段が…悲しすぎる。
    あと5年ほど働き続ければ買える…かな。

    • Bitppさん、こんにちは。

      このような製品。75歳を過ぎ、免許を返納。「車はもう買わない!、乗らない」と決めて、購入するものなのかもしれません。
      メリットは、ガス代、税金など経費がかかりません。オーディオ人生最後を飾るのに、相応しい製品(!?)。

      ただ、その時の聴力に心配がありますけど。

  2. 主様、今晩は。

    耳が遠くなってからこれ買うのは何だか悲しくなりそうですね。

    買うなら今ですよ、今!
    とは言え、私はその前にやる事があるので、ここは主様、どうですか?

    本日、TS-001、お返ししてきました。
    寂しくなりました。

    • フフッ。寂しくなりましたか。

      ベースマンで、800Dやオートグラフに繋いだら、外せませんでしたよ。

      自宅のブロッドマンを聴いたら、「ガックリ」くるかも、と、ドキドキでしたが、普通に心地よく聴けました。
      そのうち、お借りして、自宅で試聴が楽しみです。

      ヘヘッ。

      • 聞き慣れた我が家のシステムが一番!
        さもありなん。

        そう言えば、昨日ベースマンに行ったら何やら洒落たデザインのスピーカーがありました。

        フランコセルブリンのLIGNEA(リネア)…
        心が浄化されるような美しい高音域にちょっとヤラレました。
        一見、一聴の価値あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)