オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ C-2450・・75万が惜しくない!!

DSC_0309

アキュフェーズ C-2450。定価75万円。A-200とA-35を使用して試聴。A-35はA-200に勝らないけど、それほど劣らない印象。それだけ、このプリの性能がいい!?。

アキュフェーズ C-2450。C-3850と比較して試聴。結論、無理してC-3850を購入しなくともC-2450で十分だ!。お金に余裕があるなら別ですけど・・。

澄み切った空間を演出する高SN比、音の立ち上がりが素早く、楽器の音色を明瞭に再現する高解像度、帯域は広く、低域から高域まで均等な密度で展開。中域から低域にかけてはほどよくダンピングを利かせ、コントラストの高い立体的な音像を構築。性能は、3850よりやや落ち、2850よりはチョッピリ落ちる・・と思う

最高域の響きの薄さ、最低域の音の混濁などといったものをC-3850との比較で感じる。だが、一方は180万の価格、2450は75万の価格設定。半額以下でこの性能なら十分だろう。購入するかどうかは、別として、書くのは無料(ただ)だからはこのぐらいの表現で褒めたい!。

店主曰く「(音のよさに)2850なのかなと思い、思わず空き箱をみてしまいましたよ」「中、低域の音をしっかり作ってますね」

高域をやや丸く(削り、もしくはデッド)にするなど全帯域の響きの量を過不足なく制御してオーソドックス(正統的な控えめな)音調に仕上げている気配。C-3850や2850の明るめの音調とは方向性を変え、日本古来の「いとをかし」的、地味な日本人の感性を表現する音調へと深化させている。

「アキュフェーズは最新の製品が最良のもの」・・この言葉に偽りがないことを証明するプリアンプだ。

試聴CD アルカント・カルテット ドビュッシー/デュティユー/ラベル 弦楽四重奏曲 ハルモニア ムンディ(KKC-5108) 一柳慧ピアノ作品集/飯野明日香 カメラータ・トウキョウ(CMCD-28269)

使用機材 アキュフェーズ A-200 DP-720 PS-1210 B&W シグネチャー・ダイアモンド 800Dなど

2019年 5月14日 追加

数年ぶりに、C-3850、2850と聴き比べ。上位機種とは少々、趣きが異なり、中低域を中心に躍動感に溢れ、力強さがありました。上位機種は、帯域全体を均等に、フラット(平坦)に聴かせます。解像度、SN比、高域性能、低域の量感は、落ちますが、能動的、活力ある音(ボクサー・ファイトのような)を聴かせてくれます。試聴に使ったスピーカーは、B&W805D3。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)