オーディオ・ベースマン見たり聴いたり カン サウンド ラボ その②・・ミューオン TS-001・・自宅で試聴しました。

ミューオン(MEWON) TS-001 Excellent Ⅱ。定価148万円ほど。試聴機を自宅で設置。説明書の通りに設置するとこんな感じ。地震が怖いので、使わない時は、隣のSPスタンドへ。

自宅で試聴すると、明らかに効果があった点は低域表現の充実。低域の解像度、エネルギー密度、トランジェント(音の輪郭)が引き締まり、スピード・アップされ、音のコントラスト(メリハリ)を強化。ダンピングが向上した結果、倍音(響き)表現も明確になる。そのほか、高域は、濁り、歪みがとれ、中間帯域の解像が明瞭になりながらも、音色が痩せない、硬質感もない…といったところだろうか。大編成のオーケストラの再生、各楽器の音が明確に聴きとれる。このオケの分野で最も効果を発揮した。

オーディオ的に音質が向上すると、聴こえてくる音楽に取り繕(つくろ)ったような透明感、緊張感を感じさせることがあるが、そのような点は感じられない。少し、神韻縹緲(しんいんひょうびょう 意味は、なんとも言いようがない、すぐれたおもむきが、かすかにある)を感じるのが、気に入った。

音質が、いや、音楽、楽器のもたらす感銘度が、SP盤にほんの少し、近づいたかな…との印象も。

写真、説明書通りの設置を行うと、見た目は芳しくない。でも、この音質を得られるなら許される。本来、設置は、本体下部に付属のスパイクを取りつけるが今回は省略。ブロッドマンのピアノ・ブラック塗装を痛めないように、写真では布を敷いてある。スパイクを付けた場合、スパイク受けとして、硬質ゴムなど塗装にキズが付かないスペーサー、インシュレーターが必要。多分、インシュレーターにより音質が少々、変化すると考えられるので、その変化を楽しむのも面白いかもしれない。

ステレオ誌 2016年6月号。福田雅光さんの連載記事「オーディオの新常識」を参考にすると、オーディオテクニカのAT6091(¥1.300ほど 4個)、フォック G-53FS(¥4.200ほど 4個)、AET VFE-4005U(¥1.500ほど、4個)などが面白そう。低価格なのも魅力。

 

 

 

 

 

洋酒 酒徒礼讃 サントリー シングル・モルト・ウイスキー 白州・・不良っぽさを感じない。

サントリー 白州 シングル・モルト・ウイスキー。左のステンレス製計量カップ、メーカーは、オクソー(OXO)。アングルドメジャーカップとも称している。ツーフィンガー(60ml)をこれで計って飲む。カップの上から覗いて量が判る。飲み過ぎ防止のため有効。トレイテーブルは、松村勝男デザイン。

柑橘系の溌剌(ハツラツ)とした若い酒だ。そして、不良っぽさを感じない。ニッカの「フロム・ザ・バレル」は、年を取った不良みたいな酒。両者、対照的な味。

薫風(くんぷう)。初夏の風が運ぶ青葉のように爽やかな香りのイメージ。うん、柑橘類の果物のよう。口に含むと、うん、その果物、瑞々(みずみず)しい。うん、その新鮮さが舌の上にのってくる。苦味とか抉味といったウイスキーに陰影をもたらす味は、あることはあるけど、少ない。どうしても、柑橘系の酸味が、麦の甘さかな、その甘味をひっぱり、口の中で、甘酸っぱさが弾ける。後味は、甘味。薄め、軽快、手垢がついてない無垢な印象。

ラベルに「森の若葉のようにみずみずしくフレッシュな香りに、すっきり爽やかな口あたりです」とある。確かにそんな感じ。ウイスキーのくすみ、太陽が昇りはじめ、土が暖められ、朝霧が晴れていく田舎のくすんだ朝の空気の匂いはない。そのせいか、ツーフィンガー(60ml)。また、ツーフィンガーとグラスを重ねると飽きてくる。甘味だけが、舌に残る。一杯でグラスを逆さにしたい酒だ。ただ、おれは、ツーフィンガーを三回行わないと満足できないタイプ…。ああ、卑しいのんべいだ。

製造者 サントリースピリッツ㈱A 東京都港区台場2丁目3-3 「白州」シングル・モルト・ウイスキー 白州蒸留所謹製 4500円ほど。

なお、話題はビールになるが、ステレオ誌8月号。「俺たちのSummer Craft Party」、~クラフトスピーカー(自作のSP)を肴にクラフトビールで乾杯~という記事が掲載された。P98参照。ここでリファレンス、味の比較で基本とするビールを「サッポロ黒ラベル(親しみを込め、ワン・スターという人もいる)」としていた。「うーん、やるな」思わず唸った。おれも、「黒ラベル」がビールの味のリファレンスと思っていたからね。麦芽とホップだけを原料とする「エビス」などに比べ、「黒ラベル」は、米、コーン、スターチも原料として、雑味があって面白い。オーディオ的に言えば、繊細さは、麦芽100%に及ばないが、雑味がある分、奥行き、陰影感が味にある。これが、ビールの基本の味かなと考えていた。さすが、ステレオ誌!。やるな!(流石、福田雅光先生!)。

 

洋酒 酒徒礼讃 ニッカウヰスキー フロム・ザ・バレル・・真のジャパン・テイストのウヰスキー。

ニッカ フロム・ザ・バレル (FROM THE BARREL)。アルコール度数 alc.51.4°。重苦しい琥珀色の液体がこのウイスキーの味を物語る。

香りは、重く濃厚。その香りは、深く濃縮されたバニラの甘さ、やや酸っぱい柑橘類の芳香をミックス。華やかに香りが漂ってこない。だから、鼻先を、グラスに近づける。口に含むと口蓋に「ガツン」と強烈な酸味。ご安心めされ。酸味が鼻に抜けることはないので咳き込むことはない。が、思わず「ウッ」と唸りたくような刺激で参ってしまう。それを、堪(こら)えつつ飲み込むと、甘味とともに酸味と苦味が舌、口中に残る。しばらくの間、残る。思わず、口の中の唾を飲み込み味を洗い流そうとする。数回、飲み込んでもそれらの味は消えない。やや、不快な感じもする。それでも、ショット・グラスに液体を注ぐのだから、ウイスキーの魅力は不思議だ。

このウイスキー、爽やかさ、新鮮さ、明るさ、朗らかさといった微笑みかける要素を持たず、「極太な甘味」、「柑橘系の酸味」、「苦味の残滓(抉(えぐ)味)」の三つの骨格で重厚なトーンを醸し出している。その中の一つが弱くなってはこれほどの魅力は感じないであろう。これが、「竹鶴の作るウイスキーの本領だ!」と言わんばかりの味。仕上がり。

複雑さ、雑味の無い、生真面目なジャパン・テイストのウイスキーだと思う。

 製造者 ニッカウヰスキー㈱6 東京都港区南青山5-4-31 NIKKA WHISKY FROM THE BARREL (フロム・ザ・バレル)定価2500円ほど。販売者 アサヒビール㈱ 東京都墨田区吾妻橋1-23-1。 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRK-3488・・「これは、これで、いい」。

トライオード (TRIODE) TRK-3488。真空管アンプキット。完成品は、16万円ほど。キット品は、10万円ほど。KT88仕様が11万円ほど。

自分で組み立てができる。「大人しいオーソドックスな正統調」の音質。躍動感のあるTRV-88SEとは正反対。なめらかな芸術調、解像度の高いハッキリ、クッキリ聴こえる写実基調といった特徴は感じられない。

帯域は広くない。解像度、高域特性、SN比といったオーディオ的に要求される性能で見るべきもの、あっ、いや、聴かせる要素はない。ただ、低域から高域まで、均等なトーンで構成して音楽を再生する。「少々、退屈」かもしれないが、オーディオ的性能を求めなければ、「これは、これで、いいのでは」と思わせる。中低域のエネルギー感を前面に出し、躍動感で迫る音質に、やや、疑問をもち、「僕は、音楽だけを聴きたい」と考える音楽愛好家には向いている。

トライオードのアンプは、帯域は狭いが、その帯域の中に突出した部分、極端に張り出している音域を極力ださない回路設計をしていると思う。TRV-88SEは中低域のエネルギー強いが、それでも全体的な帯域は整っている。「音が痩せない」ということに尽きる。

アキュフェーズE-270と比べたが、酷な比較だったと思う。が、オーディオ的表現に飽きると、特徴に欠けるトライオードの音質の方が、無理に音楽を聴かせないと感じた。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRV-88SE・・ジャズや現代ポップスを忠実に再現。

トライオード (TRIODE) TRV-88SE。定価19万円ほど。AB級アンプ。KT88のエネルギー感を楽しめる。

パワフル、バイタル、ハイテンション、エナジー etc…。思わず、カタカナ言葉がでてくる。池のカエルが、はしゃぎすぎて外に跳び出しそうな音質。

帯域が広いとは言えないが、解像力は良好。強力なダンピングで帯域全体の音の輪郭をうまく引き締め、高コントラストでキレがある。躍動感に富み、素早い音の立ち上がり。緩みがないが、硬質感を感じないのは、真空管のメリットか。楽器の音、一音、一音をハッキリ、クッキリと表現している。低域から高域まで、高い音の密度、エネルギーは変化しない。そのため、「竹を割ったような音」、「一本調子」、「たずな(乗馬の際に使用)をゆるめない」といった形容があてはまる印象。繊細な倍音(響き)、澄み切ったSN比、奥行き、遠近感などの空間表現は、このアンプに求める性能ではないと思う。

カタログに「本機はKT88の特徴である中低域のエネルギーを魅力的に再生し、音質的な魅力はジャズや現代ポップスを忠実に再現するドライブ能力に尽きます」とある。

「池のカエルが跳び出さないよう」にドライブしているところが、トライオードの素晴らしい所だ。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRX-88PS その②・・必死に音楽を演奏している。

トライオード (TRIODE) TRX-P88S。定価16万円ほど。パワー・アンプだが、ボリュームコントロール付き。プリメインアンプとして使用可。KT88管の特長、太く力強い音の持ち味をありのまま楽しめるという。

このままでも、十分魅力的だ。極太のサウンドをスピーカーからぶっ飛ばしてくる。

このアンプ、いい所は、広帯域。帯域全体に渡る、高解像度、高エネルギー、音の高瞬発力な性能。「グリグリ」とした音の太い輪郭。まずは、活力のある真空管アンプの音を聴いていきたいという方。ジャンルでいえば、ロック、ジャズ、フュージョンが好きな方に勧める。

よく聴こえない要素もある。繊細さに欠ける。ゆがみ、ひずみがある。奥行きのある陰影表現がない。そういった短所から、粗削りに音楽を再生する。だが、「必死に音楽を演奏している」感があるのは好ましい。

「高級なプリアンプを繋いでみたい」と店主。購入後、時期を見計らい、プリアンプを繋いで所有者が自己の求める音にグレードアップできる可能性を秘めた、また、楽しみがあるアンプだ。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり Luminous 84 その②・・・リネアとの相性はグッド。

トライオード Luminous 84( ルミナス84)。定価12万円ほど。フォノイコライザー回路(MM型カートリジのみ再生可能)なので、レコード・プレイヤーも繋げます。

トライオード他の機種、アキュフェーズ、ヤマハのアンプと聴き比べでの感想。「SACDからCDにディスクを交換したような感じ」と店主。

悪い意味では、ありません。

SACDは、人の声、楽器の音だけではなく、録音現場、空間などの微細な音、雰囲気までといった細かい情報、つまり、優位なデジタル的性能のためか、細部に渡って、こだわりすぎ、と思われる情報までをもディスクに封じ込めたかのような録音。CDは、そのSACDの利点から、「音楽だけを取り出した」録音。SACDの音質が優位といわれるが「まず、CDをしっかり再生することが重要」とは店主の弁。CD再生が、確実にできれば、SACDは不必要かも。SACDの描くディテールが音楽鑑賞上、不必要に感じるときがある。

音質に関しては、ルミナスその①を参考にしてください。

フランコ・セルブリン リネアに繋いでも、その音質は聴くものを楽しませる。

今回の試聴、どうしても、リネアを部屋に置きたい人は、このアンプがオススメと感じた。スペースを取らないし、真空管のセンターに灯される僅かな「火」が、疲れた精神に「癒し」を与える。ルミナス、12万、リネア、70万、アキュフェーズ DP-430、30万。その他、ラック、ケーブルなどのアクセサリー、10万円。

計122万ほどであなたのお部屋に!?。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRV-A300SE その② しみじみと音が聴こえる…。

トライオード TRIODE TRV-A300SE。廃盤モデル。2013年、当時、定価17万円ほど。リネアに繋いで、A300XRら現行、トライオード製品と比較。

トライオード最新製品と比較して聴くと、一昔前の音と思わざるを得ない。奥の大きい真空管二本を、PSVANE(プスバン) WE300B(およそ、42.000円 一本)に変えると、音の豊かさ、色つやを損なわず、解像度を改善できる…と思う。

300Bの魅力。それは、中間帯域の解像度、SN比、コントラスト、音の立ち上がり、柔らかさ、しなやかさといった要素。トライオード最新機種と比べると、A300SEから聴こえてくるのは、やわかさ。倍音(響き)に格別の良さがあり、音が痩せず、肉づきを感じられる。オーディオ的に必要とされる要素、音を押し出したり、溌剌(はつらつ)とした聴かせ方はできない。

でも、オレは、「ブンブン、弦が鳴るベース、チェロ(A300XRの聴こえかた)より、しみじみと胴が鳴るベース、チェロを聴かせるA300SE」を取る。

同じ300B真空管を使いながら、A300SEで変換された電気信号の再生音が、楽器の持つ「色、艶」を失わないような気がする…。