オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRV-A300XR 「温かみ」とは違った表現を。   

 

トライオード TRV-A300XR。定価24万円。A級シングルアンプ。

_ 真空管300Bの魅力はどの辺にありますか? _。「中間帯域の解像度の良さ、SN比の良さ、なめらかな音質といったところでしょうか」と店主。

A300XRは、その300Bの魅力とは違った一面を見せて、いや、聴かせてくれる。

中低域の音の輪郭を明確にし、エネルギー密度を高め、レスポンスを強化、躍動感のあるサウンドを聴かせる。我々が抱く、真空管アンプへの先入観である「フワッ」としたなめらかさ、温かみといった繊細な要素よりキレのある解像力で全帯域をカバー。低域は力強く、高域は硬めの倍音表現。少々、潤(うるお)いを欠き「乾いた」印象を与えるが、ボーカルのヌケはいい。従来の300Bのイメージを覆(くつがえ)した。

郷愁を誘う「記憶の中の音」より緊張感漂う「引き締められた現代の音」といった印象。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり フランコ・セルブリン リネア 部屋のカスタマイズも併せて楽しみたい。

フランコ・セルブリン リネア (LIGNEA)。定価74万円。リネアの流線形の楽器のようなフォルム。背後に四角のSP群。「(良いを音を奏でる)楽器に四角形というのはありませんよね」と店主。

写真でもお分かりと思うが、アキュフェーズ、トライオード、ヤマハのプリメインアンプで試聴。各アンプの個性を損なわない性能。あっ、右下隅のヤマハは見えないか…。

「歌わないフランコ・セルブリン」と書いたら製作者におこられるだろうか?。

小型スピーカー、帯域は狭い。無理な性能、表現を狙わず、自由闊達に音楽を楽しませてくれる。「ドンシャリ(な音)ではない」と店主。

音調は、やや、硬質で、少々、明るめ。高域を引っ張らず、中間帯域を張り出さず、低域を押し出さない。まとまりのある帯域バランスは、好感が持てる。「緩まず(好解像度)」、「(音の立ち上がりが)遅れず」、「くすまず(好SN比)」な性能。音の輪郭を極太にハッキリさせ、艶めくような妖気を放つアッコルドとは正反対。立体的な音像、広大な音場をこのSPに求めてはいけない。大草原を吹き渡る「一陣の風」といった軽やかな印象を与える。また、繊細さも持ち合わせ、壁に反射する音、空間に漂う倍音成分も十分に再生。

「演奏家の意図を損なわない」。再生する音楽のジャンルを選ばない。

サブスピーカーとしてベスト。だが、新築、リフォームした真新しい部屋で寛いで音楽を聴きたい人に勧める。1.5メートル前後のニア・フィールドで楽しみたい。合わせて、部屋の置物、家具、壁回りなどカスタマイズ(?)にも取り組みたくなる逸品だ。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり あらえびす記念館・・オレは、好き。SP盤。 

岩手県・紫波町の「あらえびす記念館」のヴィクトローラ・クレテンザ 8-30型 (Victrola VE 8-30X 1925 14)。ビクター・トーキング・マシン社(USA)。サイズ(WDH)792×550×1175。

タンノイ ウエストミンスター。後は、たぶん、カンタベリー。月に一度、あらえびす(野村胡堂)が所蔵したSP盤の演奏会が開かれています。

高域も低域も録音されていない、つまり、帯域が狭い。音楽の背景はうるさい、つまり、超低SN比(?)。でも、楽器の音がする。だから、デジタルな現代でもSP盤は、音がイイ!!。

レコードをトレースする際の鉄針の盛大なノイズ。鮮烈な響きが持ち味のシンバル、トライアングルといった楽器の音、高域は、書くのがはばかれるほどみすぼらしい。地鳴りのような音を発するグランカッサ(大太鼓)などの打楽器、低域は、「モヤ、モヤ」とした音でヴィクトローラの箱奥から虚ろに聴こえる。

高解像度、高いSN比、高域から低域まで広い帯域の再現が必要とされる現代オーディオの録音媒体。ハイレゾ、SACD、CD、レコードなど音源には不自由なことはないはず。しかし、再生時間、5分。落とすと割れることもあるSP盤。扱いはかなり面倒。しかし、なぜ、未だに愛好家がいるのだろうか?。

答えは一つ。冒頭に書いたように「楽器の音がするから」。付け加えれば「瑞々(みずみず)しい音がする」から。

弦楽器、木管楽器、金管楽器の高くも低くもない中間帯域。この部分では、高解像度、高コントラスト、ハイ・レスポンス。音がつぶれず、張りがあり、伸びやかな響き。楽器本来の持つ、音色の再現では、いかなる録音媒体もかなわない。

録音状態にすごくバラツキがある。だが、スクラッチ・ノイズ(surface noise)の襲来、歪み、くすみの発生を聞き流し、「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び」聴き続ける。ある瞬間、原音再生かと聞き間違える恍惚の瞬間がやっていくる。

今回の鑑賞会。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調。第一楽章、第二楽章をSP盤で。第三楽章は、CDで鑑賞。CD使用は、第三楽章のSP盤が破損していたことによるもの。再生時は、ウエストミンスターで聴いた。いや~、ビックリしました。なにが、ビックリしたかというと「CDの音、カサカサしている」。

チャイコフスキーの交響曲4番。指揮 オーマンディ、演奏 フィラデルフィア管弦楽団もSP盤で鑑賞。「オケの音が入っていない(帯域が狭い)」と感じ、自宅に帰って「良い音で感動しよう。オーマンディよりムラヴィンスキー」と思い一枚のCDを取り出す。ドイツ・グラモフォン、1960年録音。ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の4番を。演奏、録音とも決定番の一枚。再生ボタンを押してすぐに、愕然(がくぜん)とした。

「音が、カサカサしてる」。ショックだった。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり カン サウンド ラボ  その①・・「スピード違反」で捕まりそう!?。

カン サウンド ラボ(Kan Sound Lab)のピュア リボン ツィーター。右が、ミューオン(MEWON) TS-001 ExcellentⅡ。148万円(ペア)。左が、GEM TS-208 ExcellentⅡ。182万円(ペア)。音質は、小型の方がやや硬質な印象。TS-002 230万もあり、計3機種のラインナップ。

音が、整列する。そして、システムの音を損なわない。もし、自身が持つシステムに愛着があり、それを変えず、音質を向上させたければ、是非、導入すべきだ。

高域を伸ばすためだけの、スーパーツイーターだと思うなかれ!。スピーカーに繋ぐと全帯域の音が規則正しく、整う、揃う。写真、タンノイ・アーデンでは、高域の荒れが滑らかになるが、それにも増して、中低域から低域表現がグッと明瞭、明確になる。

「気を付け!」、「前へならえ」、「休め」。学校の校庭で行われる体育の”集団行動”。散開していた子供たちが、号令一下、綺麗に整列したかのような、音の配列の快感。聴こえる音を、目に見える形に置き換えれば、こんな感じ。

無意味に帯域を広げない。「澄み切った」というより「いとをかし」的SN比(?)。「音の騒がしさが無くなる(店主・細川談)」ような解像度の良さ(?)。高域は、線香花火の「パチパチ」のように光り輝かず、「満天の星空をサッと流れる流星」。「混濁、濁り」が取り除かれた中間帯域は、スッキリ。「スーッ」と床を這って伸びてくる軽い低域。トランジェント(音の輪郭)は、極太にならず、薄すぎず。高コントラスト、ハイ・レスポンス。B&W800Dに繋ぐと、「スピード違反」(!?)で捕まりそう。

欠点は、奥行き。上の方向に音が伸びてないような気が。たとえば、オーケストラの団員が雛壇(ひなだん)に登壇、演奏しているその位置が感じ取れればと思うが。全然、悪くはないが、横一線にならんでいるように聴こえる。

230万のミューオン TS-002のカタログにこうある。

「・・・エネルギーはTS-208をWスタッグ(おそらく、二段重ね?)したものより上回ります 欠点は垂直の指向性… ExcellentⅡにおいて、振動版をくの字に曲げることにより克服しました」とある。正直に欠点を認め、改善できたことが書いてある。僕が、垂直の指向性を感じることができなかったのは、ベースマンでのセッティングが良くなかったのかもしれない。

なお、GEM TS-208は、「ステレオ サウンド誌」 2019 SUMMER No211 で 柳沢功力さんが第9回「僕のオーディオ回想」(p242)で導入の経緯が書かれ、「理想のあくなき追求 レコード演奏家 菅野沖彦の足跡」(p215)では室内の写真に載っていました。

一台、導入された方がいます。もともと、その方が自宅試聴。良ければ購入ということで、カン サウンド ラボから試聴機を取り寄せました。店にとって、店に通われるオーディオマニアにとって得難い製品を試聴でき大変、有難いことです。後続する方がいらっしゃるでしょうか…。