オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ラヴェル 子供と魔法・・「ごんぼほり」はレコードで・・ 

ラヴェル 歌劇<子供と魔法>。レコードはデッカの復刻盤。CDは、2013年のサイトウ・キネン・フェステバル松本のライブ録音。指揮はデッカがアンセルメ、CDが小澤征爾。販売店で手した時、「青い瞳、真っ白な肌の少年。不安な表情に惹かれる」デッカを選ぶだろうなぁ。

オーディオ的要素では、CD・小澤盤が圧倒。しかし、感銘度ではレコード・アンセルメの方が上…と思う。

小澤盤。曲が始まり、声楽が聴こえると舞台下にオーケストラ・ビットがあり各楽器を抱えた団員が左右に展開しているのがよく分かる。広い演奏会場の雰囲気を損なわず、前後左右の見通しのよい音場可能とする高SN比。音の輪郭が、シャープな高い解像力。低音楽器から高音楽器までしっかり聴かせる広帯域。次々と舞台に登場する歌手の位置、距離が把握できる定位の良さ。音楽も楽譜も会場の音も隅から隅まで余すところなくゴッソリ収録。歌手もオケも同格に聴こえる。

一方、レコード・アンセルメ。再現される音場空間が窮屈なことからスタジオ録音だと思うけど。まるで、歌手の歌唱表現に的を絞ったかのような演奏、録音。ボーカル帯域は、SN比が高く、明瞭、明確。フランス語ながら歌詞の言い回しに繊細な表現を駆使。各歌い手が、伸びやかに縦横無尽に歌い切っているような気が…。オーケストラは、CDに比べ、解像度、SN比、高域特性といったオーディオ的な要素は、落ちる。音楽も楽譜全ての音符♪を聴かせるのではなく、多少、省略している感じもするけど。それでも、オケの各楽器の音にメリハリをつけ、伴奏に徹し、各場面、場面の情景をうまく描写しているような。

CDの瑣末(さまつ)で楷書的。全てを取り込もうとする録音。レコードのある目的を持ち、意図的な表現に趣きを置く録音。ジャケット芸術の説得力も高く、アンセルメの方が、ターンテーブルに乗せる機会が多い。

あらすじは、ごんぼほり(聞き分けの無いという意味など。北海道、東北地方の方言です)の子供が体験する悪夢。宿題を済ませない事をママからとがめられた子供が小動物や身近な家具に八つ当たりをする。普段から本を破ったり大木にキズをつけたりと乱暴な子。突如、幻想の世界に引き込まれた子供。これまでいじめたり、キズつけた彼らに、その行為を問い詰められ、襲われる。その混乱の最中、ケガをしたリスを手当し子供は力尽きて倒れる。それを見た、家具や本、小動物らは子供を手当てしようとするが、かれらにはできない。そこで、家のそばまで子供を運び、最後に子供が口にした言葉「ママ」をみんなで叫ぶ。家に光がともり、その光に向かって子供が「ママ」と呼びかける。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ヤマハ GT-5000 ストレートアームで勝負!。

ヤマハ GT-5000(レコードプレイヤー)。60万円。この写真のプレイヤーが、量産決定モデル。この形が皆様のお手元に届きます。9月に受注開始、11月から販売。色はブラックのみ。輸出モデルにピアノブラックあり。カートリッジは、フェーズメーション・PP-2000。ヘッドシェルも同様。ストレートアームを強調するため指かけを取り外している。

ストレートアームの効果が絶大。歪みが少ない。

他社のターンテーブルとの比較をしてませんので、音質傾向については、よくわかりません。今後、アコーステック・ソリッドとパイオニアのエクスクルーシブP3と聴き比べをしてみたものです。

ベースマンのお客様で、熱狂的なビートルズマニアの方がいます。その方が、大変貴重なED1(初期盤)のLPレコード、3点聴かせてくれました。試聴は、レコードの最内周で実施。試聴したレコードは、ラベルの1センチ程度近くまで溝がきってある。詳しい説明は省きますが、アームにもよりますが、最内周、もっとも内よりは音が歪むと言われている。ですが、音が歪まない。GT-5000のアームで音が、なぜ?歪まないかは、ヤマハ・井上 誠治さんが、懇切丁寧、細に入り微を穿つように説明してくれると思いますので、興味のある方は機会がありましたら、尋ねてみてください。

「GT-5000の目指した音は、①音離れのいい、解放感のある音。②低域の再生能力。③微小(音量)レベルでもマスキングされず音をだしたい_の三点です」。4年前から開発を進めたという。GT-2000と違いダイレクトドライブを採用しなかった理由は「(モーターの回転が)サーボされると伸びやかさ、解放感がなくなるためです。(サーボが利いた時)カチッと音がでます」と井上さん。

GT-5000で聴いたビートルズ、これまでベースマンで聴いた中では最高音質のビートルズ。井上さんが試聴時に聴かせてくれた、中島みゆきのファーストアルバム「時代」のED1(探しに探してやっと富山県で見つけたとの事)。ボーカル特有の濃厚な表現ではなく、さらりとした音調の中にも聴き手を魅了する抉(えぐ)りの利いた表現を織り込む。ただ、ただ、感動するのみ。

なお、GT-5000。これまでの試聴会。ある方が、愛聴盤のレコードを持参。「最内周の曲をかけてください」との希望があり、試聴。結果、「買います」と一言。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ヤマハ ハイエンドモデル・・日本的「軽み」を演出。 

手前右から、ヤマハ GT-5000(レコードプレイヤー)、C-5000(プリアンプ)、M-5000(パワーアンプ)、NS–5000(スピーカー)。ヤマハ、渾身のフラグシップ・HiFi 5000シリーズ。「三連音叉」の家紋が気高く輝く。

「(帯域全体で)音色が揃っている。(音の立ち上がりの)スピードが速い!!」と店主・細川さん。「全体的にフラット」スピーカー・セッティングの名手・八重樫さん。店主に「ハッキリ、クッキリ、スッキリしてますか?」と問いかけると「してます!」と断言。

ヤマハ・オーディオ製品が目指すのは、「演奏家の表現を伝える」こと。解説を担当した井上 誠治さんは力説する。

この4機種の組み合わせのみでの試聴。個々機種の音質傾向というよりシステム全体の印象です。明確でキレのいい高解像度、くもり、くすみの発生しないSN比の良さ。高域から中低域にかけては、ハイスピード、高コントラスト。ヤマハとしては「いわゆるオーディオ的な重低音」は求めておらず、低音楽器から放たれた振動が軽く空気中を伝わる表現で低域をまとめている。エネルギー密度、力感といった要素、性能は感じられない。従って、恣意的な(作ったような)音色は感じられず、平明、平坦、明瞭な印象。それでも、再生された音楽は躍動している。聴かせる。

個人的には、繊細に伸びて最高域で儚く消える高域表現、ビオラなどの中間帯域を構成する楽器の響きのさざ波をもう少し、感じさせて欲しいと感じたのは、「ないものねだり」でしょうか?。

前回のNS-5000の試聴印象(17年7月)が、このシステムでは完全に払しょくされている。素晴らしい。