オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズに耽溺する(?)10連休プラス3日の13日間。

アキュフェーズ A-75、C-2150、P-7300などアキュフェーズ製品13機種。平成~令和へと年号が代わる記念すべきこの時期。新旧の時代を跨ぎ、奇跡的に長期間、ベースマンでジックリ試聴できます。令和になってもこのような幸運があるかどうか…。

五月の連休が終わる6日まで。疾風怒涛の13日間、試聴できるのは以下の製品です。

プリメインアンプ E-270、E-650。プリアンプ C-2150、C-2450、C-3850。パワーアンプ A級 A-250、A-75、AB級P-7300、P-4500。CDプレイヤー DP-75。フォノイコライザ C-37。カートリッジ AC-6。クリーン電源 PS-530。

店は定休日の水曜日以外は、営業しておりますので、余裕をもって試聴できます。

試聴機器が多すぎるので、課題を決めて決戦に臨んだ方が賢明かと思います。たとえば、A級とAB級の音質の違いは?。同じAB級でも7300と4500の違いは?。プリメインアンプのE-270から聴き始め、C-3850とA-250のハイエンド・セパレートアンプに到達した時、その音質の変化は如何なるものか?。または、如何なる感動が待っているのか?。プリアンプ、僕自身の過去の経験から2150はハーベス、2450はアッコルド、3850は800Dとの組み合わせが合う感じでしたが、その辺の相性はどうなのか?。試聴会では2450とアッコルドが仲睦まじい様子でした。クリーン電源の効果はあるのか?、などなど。一日、二日では良く判らないでしょう。できれば、3日ほど聴きたい感じです。

10日間の連休。予定が決まってなかった方でも2日は潰せるかなと思います。女性の方は、普段から聴いているCDなどを持参した方が良いかと。どうしても、男性中心の世界、女性向けの音楽は少ないと思います。持ち込んだ音源の音質は気にせず、自宅で聴いている感覚で音楽を楽しんで下さい。その方が、店主の細川さんが喜びます。

なお、試聴会の印象は、「アキュフェーズ製品、価格と性能が比例する」ということに尽きました。

洋酒 酒徒礼讃 日本 Green Forest ~緑の森~・・いい「飲み屋」の感動を味わえる!?

Green Foerst ~緑の森~ Rich & Woody。ローソンで「物は試し」とばかりに期待せず購入。ラベルは安っぽいけど、意外な性能…いや、中身に脱帽した。

アードモア レガシー(3.000円ほど)より美味しい。フラリと立ち寄った「飲み屋」が良かった時の感動がある(※)。

チョット「イソジン」の香り。真新しいランドセルの皮の匂い?。抑えめの軽く甘いスモーキーフレーバー(燻された匂い)。日本のリンゴ、蜜柑を思わせる柑橘系の香り。う~ん、複雑な芳香。初めは、甘さから味が始まり、酸味が鼻腔をくすぐる。「ウッ」とする、「ガツン」と迫るウイスキー特有の強さはない。「甘味」「酸味」「苦味」「抉味(えぐみ)」を軽い味にまとめ、バランスがよく、口の中に含んだ時に味わえる順番が、またいい。「ブレンドウイスキー」だが、MONO録音のように中央に集まり、口の中全体に広がらないのもいい。一啜(ひとすす)りすると、甘味→酸味(口蓋、口腔内の上部分で)→抉味→酸味→苦味(飲み込んだ後の後味で)。濃厚さに欠けるが、各味のコントラストは、ハッキリしている。ややしつこい後味は、水を飲めばすぐに消える。味の「濃さ」は中ぐらい。

ブレンダーの力量が素晴らしい!。ブレンディットウイスキーの複雑な味の魅力を存分に引き出している。裏のラベルに「焦がしたホワイトオーク樽の軽くスモーキーな芳香と甘く華やかな味わいをお楽しみください」とある。

製造所 ㈱サン.フーズ 山梨県韮崎市龍岡町下条南割640 販売者 三菱食品㈱ 東京都大田区平和島6丁目1-1 Green Fores ~緑の森~ Rich&Woody 1.058円

※ こじんまりとした「飲み屋」が望ましい。入ったら、カウンターに。まずは、ビールでお湿りを入れる。ビールは、生を注いでもらったもの(注ぐ機械の名前を忘れた。ああ、サーバーか)。まず、これが美味しいこと。酒は日本酒。つまみは、2.3品。焼魚、煮物(肉が入っているものと無いものがあればベスト)。できれば、お新香も。以上のものが好みの味なら「良い店」。2.3合を飲んで、「ほろ酔い」で店を後にしたい!。…….飲んべいは、2.3合で終わらない!!。気持ち良くなって、だらだら、飲み続けるのですよ。いやー、本当にはずかしい酒徒の性。翌日、何度、後悔したことか。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)・・スピーカーの低域特性が良くわかる。

MJQ モダン・ジャズ・カルテット。「フォンテッサ」(モノラル)。ワーナーミュージック・ジャパン。WPJR10050 4.680円。ジャケットがいい。録音もいい。酒を飲むときにもいい。いいことづくめのLP。stereo誌 4月号。福田雅光さん、96点の録音評価。

ハイエンドならではの表現を味わえるレコード。高域でなく低域再生ですけど。

B&W800D 20Hz、ブロッドマンVC1 35Hz、タンノイ・オートグラフ 40Hz。各数字の以下の周波数は再生できない。

美しい高域、音楽の背景の静けさ(高SN比)、福田さんの解説の通り。ビューティフル!。

ベースマン。オートグラフで試聴した後、800Dにチェンジ。「高域が硬い」と思いつつ2、3分聴いていると、店主が一言「あれっ、藤井さん。わかりますか?。ピアノ、ベースの低音の下に(低)音が聴こえますよ」。「えっ?」と僕。店主、おもむろに立ち上がり、「もう一度、初めから、かけますね」。本当だ。「ドン」とか「トーン」とかいう低い音が聴こえる。オートグラフでは聴こえない低音。「何だろう?」。

店主が解説する。「おそらく、ピアノのジョン・ルイスか、ビブラフォンのミルト・ジャクソンが演奏の際に、床を踏んでいる音だと思います。ズテージの上での録音かな?。(靴が床を踏む)その音が、そのまま録音されているのだと思いますよ」

「オートグラフは、(低音)40Hzまで(の再生能力)なので、聴こえず、B&W800Dは、20Hzまで再生されるので、800でもってして初めて聴こえる音ですよ」。「なるほど」。

帰宅し、周波数特性、低域が35HzのブロッドマンVC1で聴いたが、聴こえなかった。アンプ等の性能の関係も絡むが、「ハイエンドでなければ出ない音がある」と感じた出来事。噂に聞く(僕自身、ハッキリ聴こえない)「ワルツ・フォー・デビィ」の「地下鉄の音」よりクッキリ聴こえる。

タンノイとB&W、どちらがお好みの音か?。ベースマンでお楽しみを。

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 真空管プリ、パワー・アンプ・・その球筋?(音圧)は破壊力抜群!。

マランツ marantz model-7k トライオード TRIODE TRV-A300XR  アキュフェーズDP-510  フランコ・セルブリン アッコルド。弦楽は、硬く太い音。好みの音ではない。ロックが良かった。試してみるものです。

キングクリムゾンの「レッド」の音がこれほどよく聴こえたのは初めて!。

音の輪郭を極太、明確に描き、その立ち上がりは峻烈で高レスポンス、ハイスピード。中間帯域のエネルギー密度が濃い。帯域は広いとは言えなく、響きもダンピングされ抑え込まれている。その分、音の切れ味は鋭く、ゆるみがない。野球のピッチャーに喩えれば、テンポ良く「ちぎっては投げ、ちぎっては投げる」豪速球投手。その球筋?(音圧)は、破壊力抜群。馬力で聴かせるので繊細な表現、高SN比は要求しない!?。

「レッド」5曲目のstarless。11分30秒から終わりの12分16秒、感動の時間帯。曲が終わり、DP-510が停止すると、思わず、瞑目してしまう。

アキュフェーズでは味わえない中音の「濃厚さ」。それは、真空管アンプの性能か、はたまた、アッコルドのなせる技か?。

マランツ(プリアンプ)model-7k 20万円  トライオード(パワーアンプ)  TRV-A300XR 24万円 アキュフェーズ DP-510 29.8万円 アッコルド 125万円。

スピーカーは、JBLの4312もしくは、L100 classicでもいい感じに聴こえるかもしれない・・。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり マイルス・デイヴィス・・オレの頭をかち割ってみな!。

マイルス・デイヴィス LIVE AROUND THE WORLD  レコード ワーナーミュージック・ジャパン WPJR10047/8。6.480円。ステレオ誌 4月号、オーディオ評論家の福田雅光さんが「白手袋で扱うような名演」と評価。録音評価点、98点。一瞬、わが目を疑った。

ボクサー。(マーベラス)・マービン・ハグラー。__過去から現在に至るまで中量級最高のボクサーと言われる__は、名言を残している。

「オレの禿げ頭をかち割ってみな!。そこからはボクシング・グローブしか出てこないゼ!」。

マイルス・デイビスならボクシング・グローブをトランペット🎺に置き換えて言うだろう。さらに、「オレの胃袋の中のものを掴(つか)み出してみな!。音符♪♪♪しか出てこないゼ!」。と言いそう。そんなアルバムだ。そして、100や200人程度の「シケた」客の前で演奏なんて「ノー」。大観衆を相手にプレイするが自身の真骨頂だと主張するかのような録音。

久々に、B&W800Dの頭上に演奏者の音像が舞い降りた。透徹した広大な音楽空間の中(高SN比)に緊張感漂うマイルスのトランペット(高コントラスト)。オーディオ冥利、ここに尽きる。

店主曰く、「カインド・オブ・ブルー」を電子音楽でやるとこうなるのですねぇ。(フュージョンかな?、とも受けとれるけれども)やっていることは、ジャズだと思います

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ製品試聴会・・中堅機から高級機までジックリ試聴

アキュフェーズ パワーアンプ A-75。120万円。自宅のA-50VがA-75に代わることは、・・ほぼ無い。カタログを並べてみると、A-50Vのデジタルパワーメーターのみの前面パネルデザインがスッキリしていいなぁ。

enrich life through technology。

アキュフェーズ製品の試聴会が今月、20日(土)、21日(日)の二日間、ベースマンで行われます。

開催時間は、20日が13:00~18:00まで。21日が13:00~17:00まで。アキュフェーズ技術部担当者による製品の説明があります。お客様自身のソフト持ち込み可能です。

試聴機器は、プリメインアンプ・E-650、プリ・アンプ・C-2150、同C-2450、パワーアンプ・P-4500、同A-75、CDプレイヤー・DP-750、フォノ・カートリッジ・AC-6。もちろん、店に常備してあるプリアンプ・C-3850、モノパワーアンプ・A-250も聴くことができます。

店主曰く「プリメインアンプからスタートして、中級セパレートアンプ、そして高級セパレートアンプと段階的に鳴らしていきますので、アキュフェーズ・サウンド、音の変化をジックリ感じて欲しい」との事。

4月7日 追加 今回の試聴機は、全て、30日(火)までベースマンに置く予定。試聴会後でも、試聴できるとの事です。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり フルテック GTX-D(R)など壁コンセント・・劇的、感動的な効果をお約束。

フルテック FURUTECH 壁コンセント。左が、FPX(R)。右が、GTX-D(R)。コンセントベース GTX Wall Plateとコンセントカバー Outlet Cover 104_Sが付いているので現物は見えませんけど。FPX(R)は、柱が邪魔してベース、カバーが付かず、写真のまま剥き出しでこれまで使用。

FPX(R)が8.925円。GTX-D(R)三点セットが計37.540円。「投資金額に見合う性能が得られるか?」との問いかけに、「YES!」。新規に取り付けたGTX-D(R)の再現する音楽の方が「グッ」とオレに近づく。スピーカーの奥、部屋の奥から音が聴こえない。

(FPX(R)に比べ)、無理なく帯域を均等に広げゆがみが少ない。音の輪郭を際立たせ、その純度、鮮度を格段に向上させるハッキリ感(高解像度)。澄みきり、透明感の強い音場はスッキリ(高SN比)と聴こえる。そして、緩さ、遅さを感じさせない高レスポンス、ハイスピードな音の立ち上がり。繊細に伸び切り、濁りの無い高域。中間帯域は、滑らかでふくよかさを失わない質感を維持。低域は無駄なエネルギーを使わず、ダンピングを適度に利かせ音を引き締める。もう少しクッキリ(高コントラスト)した陰影の強い音も欲しい気がするが、それは、GTX-D(R) NCF(22.000円)で得られるかもしれない。

オーディオアクセサリー、数あれど、これまで最も劇的、感動的な効果があったのは、壁コンセントと電源ケーブル。

壁コンセント、その効果を5段階評価で例えると、普通のコンセントが「0」とすると、FPX(R)が「3」。GTX-D(R)連合が「4」。我々が、イヤイヤ、辛い思いをして受けてきた試験の点数でいうと、FPX(R)が70点、GTX-D(R)が82点。偏差値でいうとFPX(R)が58、GTX-D(R)が62、といった印象。この喩え、おわかりになったでしょうか?。

ちなみに、壁コンセントは資格の持たない人は取り付けできません。地元、岩手・釜石の「街の電気屋さん」で依頼。労務費(取り付け日当)が一時間あたり2.500円。配線が来てましたので、壁に穴を開けて工賃4.000円で取り付けて完了。

さらに言えば、仮に、分電盤からオヤイデの屋内配線ケーブル、FF-20V2(1mあたり2.590円)を使用、部屋にオーディオ用コンセントを新規に付けることとします。その際、部屋までのケーブルの処理(見栄え、屋根裏を通す)などで3万円ほどの工賃がかかるようです。壁コンセント3点セットとケーブル20mと工賃、合計すると12万ほどの投資になります。

ベースマンでのこれまでの経験上、アクセサリーに投資するならこの辺りから取り組んだ方が、無難(コンセントは一般の電化製品使用化。無用の長物にならない)だと思います。

4月3日 追加 壁コンセントを取り付けると、メーカーのロゴが逆さま、天地が逆になります。「町の電気屋さん」が取り付け時、不審に思ったそうですが、「正しい電気工事としては、逆さまに取り付けなければいけませんでした」との事。それで、店に帰り、フルテックのホームページで確認したところ、その天地が逆の取り付け方で正しく、問題はなしという事でした。なぜ、逆になるかの理由説明、メーカーは、ホームページ上で明らかにしておりません。