オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 二階の試聴・・トライオードの真空管アンプと数種類のSPで 

トライオード・新旧・真空管アンプ製品をメインで。二階で試聴できます。初めて訪れる方が試聴を希望するのは二階の方が、頼みやすい。この空間を数十分、楽しめる。

ベースマン。扉を開いて入店。一階。雑誌でしか見たことのない、大型、高級製品群が並ぶ。店主しか居なければラッキーです。が、初老の男、二、三人が背を向け、椅子に座り、腕を組んで、何事かに集中している。雰囲気的に「声がかけづらい」。

その点、二階は、中古品を中心にまあ、価格が落ち着いた製品が置いてあります。それでも、普通のリスナーには、高級品・・。

街道に面するベースマン。一階は、大型トラックの騒音が気になることが玉に瑕。二階はその心配が少ない。入店する人も目に留まらず、購入を前提に試聴するには好条件の環境です。購入を前提といっても「聴いてみて良かったら、買うかな」。もしくは「今は、まだ。でも、そのうち、俺も、私も・・」という感想を持たれば、店としては、ウエルカム。

SPも高級・アッコルドから7万円ほど(ビクターだっかたな)まで。チョコット選択に幅があります。個人的には、写真、青の色ダヴォンのモージョー、大型ですが、中古(10万ほどでキズあり)タンノイのチェビオットの試聴がオススメ。一般のSPでは、得難い印象を持たれるとおもいます。

なお、参考に二階での製品でおよそのシステム価格。トライオードの真空管アンプ(12万)、SPが10万、CDプレイヤー(6万)、ケーブル類(2万)。ラック、無くても大丈夫だと思います。・・ああ、でも30万ほどしますね。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり オルトフォン コンコルド・・音速のジェット旅客機を連想するけど・・

オルトフォン コンコルド センチュリー The Concorde Century。76.000円ほど。同社、設立100周年記念モデル。世界限定1000個。

オーディオテクニカ AT ART-9との試聴比較。コンコルドはMM型。ART-9はMC型で値段も倍。比較するのはちょっと可哀そうですが。ちなみに、MM型は「SHURE V15 TypeⅢ」しか聴いたことがありません。試聴は、リンダ・ロンシュタットの「ホワッツ・ニュー」で。

オーディオ的性能、解像度、広帯域、高域性能といった面では、落ちます。陰影表現や音のコントラスト(ハッキリ、クッキリ)といった音の彫琢(彫りの深さ)、奥行きとも弱く、谷間なく強弱のない平坦で均等な音の印象です。ただ、SN比(音楽の背景)は良好。再生される音楽は、「SHURE」は躍動的でしたが「コンコルド」は静的。デザインは動的ですが・・。

「(中間帯域)ボーカル帯域の密度の深さ、なまめかしさは出ている」と店主

LINN(リン)のLP12に装着、試聴できると思います。

「コンコルド」。どうしても、パリ~ニューヨーク間を音速で商業飛行したジェット旅客機を思い出します。再び、商業運転が再開されることを願うのは僕だけでしょうか?。再開されても乗ることはないでしょうけど・・。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり B&W804D3・・背景で鳴っている音がキレイ、綺麗・・

BWW804D3。150万円ほど。隣のシグネチャー・ダイアモンド(2007年製)と比較試聴すると、技術の進歩に驚かされる。

解像度の高い音の広がりを重視して、敢えて、平行セッティング。部屋を一直線に横切るレッドラインと壁からの距離を表す数字。アッコルドのベストポジション・マーク。店主の”音質の追及”の執念を感じる。

・・800Dより音がいい・・。

・・細川さん、804D3をどう思われますか?・・

「中域から下のSN比の良さ、解像度、帯域バランスの良さ、(帯域全体が)フラットな感じがいい。高域、中域、低域ともに(引き下がった帯域がなく前に)出ている。そして、量感も均等。ボンつかなく(緩まない)、ブレーキの利いた低音。同じ大きさ、サイズの他のスピーカーより、ダンピングが利き、低域が存在している」。

リンダ・ロンシュタットの「ホワッツ・ニュー」。「背景で鳴っている音(リンダの後ろの伴奏)がこれまでで一番、綺麗。ストリングス(弦楽器)、ブラス(管楽器)の和音が綺麗に鳴っている」。

・・店主「これは最高です」・・

やや、明るめの音調。歪み、曇りのないSN比。再現の難しい中間帯域の音の輪郭をキリリと引き締める解像力。厚くならず、薄くもない均等なエネルギー密度で帯域を広げ、弾性に富んだ反応の速い音質。最高域までストレスなく繊細に伸びる高域特性。強力ではなく「かるみ」のあるダンピングを利かせコントラストのある颯爽とした低音を聴かせる。上下左右に広がり、奥行きのある音場。スピーカーの前面に音楽が解放される。これまでの、ツィーター能力に偏重のギラギラした性能から脱却した印象。音楽のジャンルは選ばないようだが、ボーカル物でバックを演奏技術に長けた(腕の立つ)バンドが担当している曲がベストマッチング・・・・おそらく。

・・比較試聴したシグネチャーの音が重く聴こえた・・

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり B&W804D3・・10日間ほど試聴できます。

B&W804D3はどのように聴こえるのでしょうか?。タンノイオートグラフ。アッコルド。B&W805D3。この三機種と比較試聴できます。

ベースマンで2月一杯、B&W804D3を試聴できます。先月、804D3を試聴したところ、非常に音が良かったので、店主が改めて貸し出ししてもらったものです。写真の3機種との聴き比べが楽しみです。

店主が3機種に関して語るには・・

タンノイ「低域のスピードがアッコルドより早い」

アッコルド「中域から下の曇りがない。805D3は曇っている」

805D3「高域の伸び、SH比の良さで音をハッキリ、クッキリ、スッキリさせている。ただ、中域から下は曇っている」

付け加えて「小型スピーカーはどうしても音が圧縮されている」。

さあ、B&W804D3は店主にどのように聴こえているのでしょうか?。答えは、お店で。「皆さん、聴きに来て下さい」と店主。

あなたが感じた、素直な印象を伝えると店主、「喜びます」。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ワルツ・フォー・デビィその④・・やっと謎が解けました。

ビル・エバンスのシルエットジャケット、五色。左から、箱(黒)、午後の第一回目(赤)、A面が午後の第二回目 B面が夜の第一回目(緑)、A面が夜の第一回目と夜の第二回目(青)、夜の第三回目(黄)。

ザ・コンプリート・ヴィレッジ・バンガード・レコーディングス、1961。四枚組。ヤフオク、amadeusistさんより分譲品。

第2曲目 「ワルツ・フォー・デビィ」、第3曲目 「デトゥアー・アヘッド」 第6曲目 「マイルストーン」。ワルツ・フォー・デビィのLPを聴くとこの三曲で客がやたらうるさい。「どうして?」と常々、聴きながら考えこんでおりました。この四枚組LPでその答えを見つけました。

夜、お酒をしこたま聞(きこし)召した客様が出来上がっている。「酔っぱらって、いい気持ち(ハイ)になって会話している」ということでしょう・・多分。

1961年 6月25日の日曜日、ヴィレッジ ヴァンガードでの演奏。午後2回、夜3回の計5回。おそらく、各ステージ、40分ほど。ステージの前、店員が、「商売、商売」とばかりに客から飲み物のオーダーを取りまくっていたと思われる。日本は、1ドリンク付き一時間から一時間半のライブが多い模様。ちなみに、ベイシーでの渡辺貞夫(2017年)は1ドリンク付き2時間だった。

一枚のレコードに収められた6曲の録音順は以下の通り

一曲目 ”マイ・フーリッシュ・ハート” が午後一回目(この曲はこの一回のみの録音)。二曲目 ”ワルツ・フォー・デビィ” が夜の三回目(その日、2回目)。三曲目 ”デトゥアー・ヘッド” 夜三回目(3回目)。四曲目 ”マイ・ロマンス” 午後2回目(一回目)。五曲目 ”サム・アザー・タイム” 午後2回目(この一回のみ)。六曲目 ”マイルストーン” 夜二回目(この一回のみ)。やはり夜です。ライブ中、お酒が進んだ客がさわいでおります。

酔った客のパラパラとした拍手、昼間から酒を飲んでいる女性の嬌声、男性のヤジ(!?)、チップ目当てに、そそくさと音をたてながらグラスを片付ける店員(?)、そういった「数々の音」がこの録音の魅力を引き立てていることは間違いありません。制作のうまさを感じます。

月刊「ステレオ」誌 2018年8月号。テラシマ円盤堂の一文。「・・ベーシストのスコット・ラファロはギャラの値上げ要求をのべつまくなし、ところ構わず行っていたという・・」。果たしてこの時のトリオの出演料は、いかほどだったのであろうか?。

2月20日 追加 一晩、一人10ドル。ネットで調べたら出てました。ジャズ評論家の小川隆夫さんが、ドラマーのポール・モチアンさんから聞いたとの事。さて、また疑問が?。この金額で生活できたのでしょうか?。出来なかったみたいで、結婚式などの演奏で糊口(ここう)をしのいでいたみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 秋田県秋田市 山廃 ひやおろし 高清水・・「醸造用アルコール」添加は好みではないが・・

山廃 ひやおろし 高清水。熱燗がオススメ。背後の黄色のジャケットのLPは、ヴィレッジ ヴァンガードのライブ録音。ビル・エバンス・トリオの「ワルツ・フォー・デビィ」の夜、第3回目のステージを録音したもの。

「山廃」というと酸っぱい酒。「グビ、グビ」盃を呷(あお)り、飲めるのはいいが、単調、一本調子。少々、ほかの味(旨味)も欲しくなる。「美味しいか?」といったら首を傾けざるを得ないものが多い。

この酒、醸造用アルコールを添加してある。個人的には、醸造用アルコール添加は好きではない。酒を醸す杜氏の腕の見せ所、すなわち米の「旨味」の再現を損ねるような気がするからなのだが・・。

添加したことで、全体的な味の輪郭が丸くなっている。「トロリ」とした旨味を上手く醸し出し、酸味の鮮烈さを抑え込んでいる。燗をすると「酸味」の切れ味と醸造用アルコールの「甘味」(旨味ではない。同じようなものだが、気分的にそう書きます)が味わいを深める。意外な相乗効果に驚く。

やはり、50度の熱燗でいきたい。

秋田県秋田市川元むつみ町4番12号 秋田酒類製造㈱ 山廃 ひやおろし 高清水 890円ほど。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり JBL L 100 Classic・・今、蘇る70年代、80年代、アイドル。

JBL L 100 Classicを購入された方の好意で試聴できました。

JBL L 100 Classic ペアで50万円ほど。スタンドは、別売り6万円ほど。

グリルネット、色は黒、青、オレンジの3色。意外にオレンジが人気。装着すると音質的にはやや不利と見た(聴こえた)。

大相撲!。土俵際、押し込まれた力士の両足の指がグッと徳俵にかかり強烈な押しを耐える。相手の動きを止めた瞬間、「ドン」と押し返すパワー。・・・専用スタンドに鎮座。低い位置から椅子に座るリスナーに向かって音を「ブッ飛ばす」・・・とは裏腹。「狼藉者」「アウトロー」的な音のイメージではなく、品行方正な「アスリート」というべきか。

高SN比、広帯域、優れた高域特性といったオーディオ的性能を追求せず、リズミカルに、テンポよく音楽を再現。「鳴りっぷりよく、躍動する音楽」という要素を求める人に向いている・・かな。高能率なので大音量。繊細な倍音表現、奥行のある陰影表現という要素は付加されていない印象。

70年代、80年代アイドルを中心に試聴。太田裕美、中森明菜。いや~、よかったなぁ。松田聖子も聴きたかった。

ボーカルをやや、乾いた(ハスキーな)響きでポップに聴かせ、バックの演奏をガッチリした音の輪郭で前面に押し出すが、重さを感じさせないレスポンス。スリムで筋肉質な音質。

「これだけ、鳴ってくれればいい」とは購入者の弁。

個人的には、JBLスピーカー、「問答無用の押しの強さ」が欲しい気が・・。そんなスピーカーがあるのだろうか?、ある!。昨年のオーディオショウで聴いたTAD Micro Evolution One。聴いたのはアキュフェーズのブースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 新潟県新潟市 天然水仕込み 純米酒 今代司・・“しばれる“この時期、「キュッ」と50度の熱燗で・・

今代司(imayotsukasa いまよつかさ) 天然水仕込み 純米酒。熱燗に向いている。酒器は、いずれもヤフオク、mukashigatarisorekaraさんより分譲品。右から、錫のチロリ(一合弱)。酒盃が桃山古唐津(枇杷彩)。徳利が桃山期古備前(らっきょう徳利、一合半)。奥が南部鉄瓶。ストーブはアラジン。

この“しばれる“時期、燗でいきたい。それも、体が暖まる50度の熱燗で。かみしめたくなる「ウマ味」。「甘さ」を感ぜず、味が下品に陥らない。冷や(常温、室温)もいい。飲むと酸味、旨味と味が交互に入れ替わる。

50度の熱燗。まず、南部鉄瓶でお湯をグラグラに沸かす。徳利と酒盃を温めておく。チロリに「今代司」を注ぎ、鉄瓶にて二分ほど。50度程度の熱燗に。徳利に注ぎ、すかさず、二杯目をチロリへ。

「辣韭(らっきょう)徳利」。掌(てのひら)に土の手触(てざわ)り、心地よく収まる。底辺が分厚く、低重心、燗の暖かさが持続。酒徒を極楽へと誘(いざな)う。チロリでは、酒が、すぐに冷(さ)め、興(きょう)ざめ。

瓶ウラのラベルに「酒造りに適した水を求め歩き(越後菅名岳 天然水仕込み・・とある)、“これぞ食中酒“と感じられるお酒に仕上げました。料理との相性は抜群で、純米らしい旨みがありながらサラリとした口当たり、冷やでもおいしいですが、燗にすると風味が一層豊かになります」とある。おっしゃる通りです。・・自身、下品な「飲んべい」なので「食中」には飲みませんが・・。

新潟県新潟市中央区鏡が岡一番一号。 湊町にいがたの純米蔵 今代司酒造㈱ 天然水仕込み 純米酒 今代司 1.166円。 

後方のレコードはビル・エバンス・トリオの「ワルツ・フォー・デビィ」。ビレッジ バンガードの1961年 June 25日の演奏は、午後と夜、計五回行われました。その午後、第一回目の録音です。

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ホルストの「惑星」・・素晴らしい旧第一家電の45回転盤

ホルスト組曲 惑星 45回転盤。旧第一家電のDAM(Daiichi kateidenki Audiio Memders Club.の略か?)シリーズ。「マニアを追い越せ!大作戦」の一枚。ヤフオク、Kuso_oyazi4649さんからの分譲品。

33回転は、音が「粗(あら)い」、45回転は「緻密」。このレコードを聴くとそう思わざるを得ない。

曇りのない高SN比、滲みのない高解像度、歪みなく広い帯域。これが30年以上前に生産されたレコードの音とは思えない。高域は、素直に伸び切り、音の立ち上がりに優れ、澄み切った倍音表現。中域から中低域ではふくよかな響きを失わず、高密度。低域は、音が引き締められ明確、明瞭なコントラストを構築、レスポンスも優れている。上下左右に展開するステレオ録音と前方から後方へと奥行きのあるモノラル録音の両者の利点を合わせたようなスケールの大きさを感じさせるとともに、面前に広がる圧倒的なステレオ・イメージに酔いしれる。「惑星」という題名に相応しい録音だ。

出品者のコメント。「アナログ時代にオーディオマニア向けにいろいろな盤がでましたが、録音レベル、過度特性、全てにおいてこのDAMのシリーズが一番良かったと思います。デジタルでこの様な音が出れば、私のコレクションを全部CD、SACDにします。演奏も本場もので大変素晴らしい」。

・・・・・同感です。