オーディオ・ベースマン見たり聴いたり マニタス・デ・プラタ・・柳沢功力さんが聴かせてくれました。

マニタス・デ・プラタの芸術。VOL.3。45回転盤。日本ビクターのフィリップス・レコード。第一集(VOL.1)は二枚組と,第二集(VOL.2)は33回転。柳沢功力さんが昨年のオーディオショウで聴かせてくれたのは海外盤かな?。

2018年11月17日(土)、東京インターナショナル・オーディオショウ。テクニクス(Panasonic)のブースで講演された評論家の柳沢功力さんのセレクト。演奏、音楽ともに秀逸。普段聴かない分野なということもあり、LPをオークションで入手。

B面の“セギリヤス”。歌い手は二人。左のスピーカーからホセ・レイスの歌唱、右はリカルド・バラルド。センターのやや右でマニタス・デ・プラタがギターを弾き、合いの手を入れる。曲の終わりの拍手の様子から3人の背後を取り囲むように5,6人の客がいる様子。左右の奏者の定位とその傍(かたわ)らの聴き手の存在を聴かせることで録音に奥行きが出ている。

音楽の背景が静かな高SN比、といっても「澄み切った」「静寂」「無音空間」といった非人間的な表現を求めず、曇りなき漆黒(しっこく)の闇の中に3人の奏者が浮かび上がり、その背後に「人の気配」を感じさせるSN比の良さ。帯域は広くないが、中間帯域を中心にして高解像度、密度が高い。音の輪郭を極太に描き高レスポンス。結果、極めてハイ・コントラストで立体的、肉感的な音像を構築している。録音現場は、教会内(おそらく、西部劇に出てくるような小規模なもの)。マニタスがいつも演奏している飲み屋では録音機材が設置できないので、教会内に「居酒屋を再現し、客も入れて」録音したとか(柳沢さん談)。残響音を抑制した音場、やや嗄(しわが、もしくは、しゃが)れながらも湿り気を帯びたボーカル、乾ききった木質のギターの響きが臨場感を与えている。

***レコードに関して、柳沢さんが仰っておりました。以下はその概要です。

① レコードはすり減ることは、無い。埃、ゴミの付かない環境で使用すれば大丈夫。リフターは使用すべし!。昔は、「そんな物、使わないのが通だ」という愛好家の話があったが、手元が狂えば盤面にキズをつける。

② くわえタバコ。塩化ビニールは熱に弱い。かつてタバコを吸っていた自分のレコードにその後がある。

③ レコード針がすり減るということも無い。天然ダイヤを針先に使っていた頃と違い、現在は人工ダイヤを使用。しかも、結晶化の精度が格段に上がり、強度は十分。品質が安定している。

④ CDの曲間は短すぎる。フィッシャー・ディスカウの来日時「冬の旅」歌唱中、曲間では十分な間を取り、ピアノの奥で水分を補給したり、十分に間隔を空けていた。そのため、(柳沢さん自身)歌の余韻に浸れた。その「空き」が鑑賞中にも欲しい。それで、わざわざ、自宅で鑑賞中、席を立ちリフターでアームをレコードから外している。

なお、午後7時以降は、レコードを聴かないそうです。7時以降は「お酒が入るため」ということです。その気持ち、よくわかります。(お酒が回り、手元が怪しくなる。また、気が付けば、レコードを掛けたまま、気持ちよく無我の境地(寝る)になることも、しばしば・・・。

***

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ワルツ・フォー・デビィその③・・タンノイ・オートグラフで聴くと・・。

ワルツ・フォー・デビィ。レコード、CD、音楽配信と録音媒体は数多い。音質的には明白な「差」はない様子。「ライブハウスで聴くジャズ、かくあるべし!」との思いを心中に秘めつつ聴くべし!。

「今日のトリオ、なかなか、イケるじゃん」。一曲目「マイ・フーリッシュ・ハート」のそこはかとない演奏が終わる。お客が拍手。タンノイ・オートグラフで聴くと、「オッ、まごころのこもった拍手になった」

このLPを聴くなら、スピーカーは「冷たいB&W800D」より「飛燕(=つばめ)のスピードを持ち、温もりが感じる」。タンノイかな。

内野(ビル・エバンス・トリオ)から外野(ヴァンガード・ビレッジ内の雑音、客を含め)、果ては場外(なんでも、近隣を走る地下鉄の音、もしくは振動)が聴こえるというこの録音、日本人には、得難いライブの歴史的実況録音。出来れば、オレは、個人的には、このような雰囲気でジャズを聴きたい。だから、(オーディオ装置に対して)金を投資して、このLPを聴く価値は・・あると考えよう。

日本人は、襟を正して「拝聴したがる」。名前に弱く、欧米の有名人が来日すると「特に拝聴する」。従って、興業的な問題(儲ける)もあり、少人数収容のライブハウスより大人数の客の入る大会場でパフォーマンス。ビル・エバンスが大ホールで演奏したら感動しないだろう。おそらく。僕が行ったこともあるライブハウスで言えば、一関「ベイシー」、盛岡「すぺいん倶楽部」のような雰囲気は味わえない。しかも、この二店でさえ、飲みながら会話するのはおそらく「御法度」。

その意味からすると、これは稀有のLP。そこで、再生芸術として、ジャズライブの音楽的感銘を受けるにはいくらコストが必要か(いくら、お金がかかるの)?。ミニ・コンポ(古い表現かな)でも十分、感動できますけど。

オートグラフが120万、プリメインアンプが70万(セパレートが140万とします)CDもしくは、レコード・プレイヤーが50万、フォノイコライザが50万(CDのみの場合、必要なし。50万でクリーン電源導入かな)、ケーブルが10万ほど。ザックリ、計300万ほど。約新車一台分。これで、歴史的、音楽的、感動を何度でも味わえる。機器の償却を考えると、車は10年で0円です。オーディオ機器は違います。

さあ、究極の選択です!。貴方は、どうしますか?(おおげさかな?)。

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり タンノイ オートグラフ その②・・「箱鳴り」とはこのような音。

タンノイ オートグラフ。中古品 ユニットは交換済み。発売当時から予備として保管してあったもので新古品です。この位置が、店舗内でのSPのベストポジション!。そのうち、B&W800Dもこちらに移動します。やっと、探しあてました。

「箱鳴り」。「箱鳴り」するスピーカーとは「オートグラフ」のようなスピーカーのことをいうのだろう。筐体が、コントラバスのごとくチェロのように「胴鳴り」する、震える。

販売金額は、120万円ほどの予定。

ベースマン、No1のSPセッテイングの名手・八重樫さん曰く「(自分にとって)嫌いな音が出てない」。ご本人、カンタベリーが愛機。

帯域は、下が40Hzほどが限界で高域がどの程度でているのかは分からないが、広くない。解像力も弱く繊細さは求められない印象。奥行き、コントラストの高い陰影表現も期待できない・・そして、力強さ、ゴリゴリの力感は感じられない。(ちなみに、B&W800Dの低域は、20Hz)

といった弱点を抱えながらも、興奮気味の店主。「このスピーカーでオケを聴く喜び!」「ふくらみはあるけど、濁らず、スピードの速い、押し出しの強い低域!。「(それが)曲にリズムを与え、楽しく聴こえる。パーン、パーン、ポーン、ポーンといった感じで低音がリズミカルに(軽々と)出てくる。ねぇ、(鳴っている)音楽が楽しいでしょう!」。そういわれて、聴きながらオートグラフに目をやると筐体がリズムをとり、身震いしながら音を出しているような気がする。対の木製の箱が、身体全体を震わせ、音を放出して店内の音場を支配する。宮﨑アニメのごとくSP足が生えて「のっし、のっし」と店内を動き回ってもおかしくない。心地よいその木製の振動(音)。ウーン、その愉悦、説明不能。見て聴くしかない。ちなみに、「音は体で体感するものなのかもしれない」と思った。演奏会に行くとそう思う瞬間がある。

オーディオ的性能説明としては、弾性に富む中低域のエネルギーが、高域から低域にかけて高レスポンスな音の表現を可能にした・・。

ジャズもクラシックも声楽も素晴らしい歌唱で聴かせてくれる。「箱鳴り」のSP、それに憑りつかれた者は、その「箱」から生涯出られない(おそらく)。くわばら、くわばら。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ワルツ・フォー・デビィその②・・客のまばらなライブハウスの名演に哀愁を・・

ワルツ・フォー・デビイ。国内盤。<リバーサイド・オリジナル・レコーディング・シリーズ>60 SMJ-6118(SRS-6060)のライナーノーツ(解説)。レコードプレイヤーは、パイオニア エクスクルーシブ P3。中古品、45万ほど。

「・・ビル・エバンスは、度々来日して ”マイ・フーリッシュ・ハート” や ”ワルツ・フォー・デビー” といったビル・エバンスのおはこを演奏しているが、わたしのきいた限りでは、いずれもレコードの演奏に及ばないものであり・・」このLPの解説を担当された方、土田三郎さんが書いている。「ジャズの魅力はライブでした味わえない」という事を否定し、そして、「・・ジャズ・レコードは複製であろうが、その重みは時として実演を上回ることもがある」ともいう。「・・稀有な時間をレコードに捉えることも十分可能なのである」と続ける。

客のまばらな店内。「ビレッジ・ヴァンガード」に来たというだけで曲を聴かず世間話に花を咲かせる客。ウエイターかウェイトレスか、客のグラスを片付ける音(?)。曲が終わる度におギリの拍手が「パラパラ」と送られる。一曲目、「マイ・フーリッシュ・ハート」が終わると「オッ、今日のバンドはちょっとイイかな」という感じもなくもないが・・。最終6曲目の「マイルストーン」。談笑する客の話題が盛り上がっているためか、「ざわめき」が大きくなる。一方、ビル・エバンスのピアノとスコット・ラファロのベースのメロディの掛け合いにも「(雑音に)負けじ」と力が入ってくる。演奏がフェイドアウトする中に浮かび上がる「嬌声(きょうせい)」。演奏者と聴衆との交感など感じない。思わず、無常を感じるのは僕だけでしょうか?。

まるで絵に描いたように、物語でも語るように、「無名のバンドが、音楽に無頓着な客の前で、一世一代、稀有な演奏をしている」見本のようなLP。客のまばらなライブハウスが名演に哀愁を与える・・。そこが最大の魅力かも・・。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり クール&コレクテッド・・この一枚でマイルスの全てが判る。

マイルス・デイヴィス 「Cool &Collected」。クール&コレクテッド~ベスト・オブ・マイルス・デイビス。13曲収録。解説 小川隆夫 この一枚でマイルスの音楽の変遷と戦後から80年代までのジャズの流れが掴める(おそらく)。

マイルスが如何に、「進取の気性」で「常にNo,1の存在」であり続けることに存在意義を見出していたか、このCDを聴くと良く判る。店主曰く「もう少し肩の力を抜いて演奏しても良かったのでは?」。マイルスの音楽、ある種の緊張感が常にある。文末に曲名を挙げます。

各楽器の音色がハッキリした優れた解像度、スタジオの無音空間を感じさせる高SN比、荒れの少ない無難な高域、高域から低域にかけて滲みの少ない帯域表現、各プレイヤーの位置が揺らがない定位の良さ。1955年頃から1984年までに録音された曲を集めたベスト盤。60年以上前の録音もあるが年代を感じさせない。「ハッキリ、クッキリ、スッキリ」したCDの魅力をいかんなく発揮している。低域から中低域にかけに膨らむ音もあるが、ダンピングを極端に利かせ音を締めない点もいい。

おそらく、レコードで聴くと、高域から低域にかけトランジェント(音の立ち上がり)に優れ、くすみのない倍音、コントラストの高い、奥行きのある陰影表現を得られ、立体的な音像が構築される、と思う。一関、ベイシーで「マイルストーン」聴いた時、そのような印象を感じた。硬質感のある演奏でしたが・・。

収録曲は、01.  SO WHAT  (ソーホワット)  02.  SUMMERTIME (サマータイム)  03. GENERIQUE (ジェネリーク)  04. STELLA BY STARLIGHT (星影のステラ)  05. RRAN-DANCE (フラン・ダンス)  06.  MILESTONES (マイルストーン)  07.  ROUND MIDNIGHT(ラウンド・ミッドナイト)  08.  BYE BYE BLACKBIRD(バイ・バイ・ブラックバード)   09.   SEVEN STEPS TO HEAVEN (セヴン・ステップス・トゥ・ヘブン)  10.  TIME AFTER TIME (タイム・アフター・タイム)   11.   E.S.P.(E.S.P.)  12.   HUMAN NATURE   (ヒューマン・ネイチャー)   13.   IT’ S ABOUT THAT TIME-REMIX (イッツ・アバウト・ザット・タイム(リミックス)Featuring カルロス・サンタナ)

曲は、可能ならネット配信で一曲ごとの購入が、安心で楽で近道。無駄な投資をせずに済む。また。ヤフーオークションなどにたまに出品されます。

2006年、ソニーBGMミュージックBGM エンターテインメント SICP1150。小川隆夫さんの解説が秀逸。この解説を読むとますます、マイルスへの理解が進む。紹介できないのが非常に残念。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ハルモニア・ムンディ・・柔軟な音色で聴き手に安らぎを・・。

ハルモニア・ムンディ。マレンツォの「5声と6声の為のマドリガーレ」。ヤフオク、Rudolf_Kempeさんからの分譲品。

「マドリガーレ」とは「聖句にもとづく世俗語歌曲」のこと。イマイチ、ピンとこないが、厳かな雰囲気は感じるLPです。

なめらかで解像度、SN比の高い録音。鮮烈なコントラストを求めず、適度に湿り気の有る人肌程度の温もりを聴かせる。

「ハルモニア・ムンディ」は、オーディオ的な性能、高解像度、広帯域、高SN比、極端なコントラスト、奥行き、陰影表現を避け、明確に立体的な音像を極めない録音が好ましい。低域に力強さを表現しないが、中低域から高域にかけ澄み切った、いや、人の存在を感じる温かみのある音場に繊細で柔らかな倍音(響き)を再現。峻烈で力強い音のを感じさせるのではなく、そこはかとなく、柔軟な音色で聴き手に安らぎを与える。同社のCDでも同様の印象を得られる。

ベースマンでは、B面のリュートとテオルブ(テオルボ)=ギターみたいな楽器だそうですが=の音が合唱の伴奏として「明確に美しく響く」のですが、自宅では濁ってしまうのが残念。

「ハルモニア・ムンディ」と「アルヒーフ」の録音が「いいなぁ」と思うことは多い。

Rudolf_kempeさん曰く、「素晴らしいオーディオファイル」。長岡鉄男推奨レーベル。超希少盤。

なお、「アッコルド」はこのような繊細な録音の再生は「苦手」みたいです。