オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アッコルドとB&W805D3 比較試聴 その②・・少しチャーミングにしたい。

フランコ・セルブリン アッコルド Acoord。床に散らばっている紙屑。アキュフェーズのメモ用紙。ウエットティッシュ。タオックのインシュレーターの下に音質を向上させる目的で敷いたもの。色々とやってます。

写真中、黒マジックでアッコルドのスタンドを縁どった位置。そこが、今、最良の場所。

音の遠近感、奥行きはどうでしょうか?。ー「B&W805D3は、遠くまで、ハッキリとしている。遠くがボケているのがブロッドマンVC1。遠くがないのがアッコルド」ー。

ー「(聴き込んでいっても)B&Wと比べれば、オーディオ的性能はかなわない。ですけど、(帯域は狭いので)縮尺された中での、遠近感、音のスピード、強弱、クッション(弾性)がいい。そして、クリア(透明)。音の見え方(が非常に素晴らしい)。そして、バスレフ臭さがない。805D3は前面のバスレフから低音が聴こえてくるし、スピーカーの奥でゴモゴモ(音が)なってます」-。僕には、聴きとれない世界のようです。

これがベストですか?との問いに。ー「まだ、まだ、です」ー。それでは、どうしたいのですか?。ー「少しチャーミングにしたい」ー。そうそう、かなり剛健な音ですからね。

「藤井さん、(アッコルドは)60年代のジャズが最高といいましたけど、(録音が)50年代はベースがボンボンと弾んだような音、70年代は(楽器に)PA(注)をつけて現代的な音、60年代は何もつけてない音です。その60年代が(自分にはイイ音)最高という意味ですよ」

アッコルド、説明書にも書いてあるが、振り角がSP自体にあり、内側に振られている。その振られた交差する三角形の頂点のやや後ろで聴く。それがベストポジションとの説明。意外に、扱いにくいSPかもしれない。

(注) 電気的音響拡声装置の総称。ジャズやロックのコンサート時、楽器にマイクをつけ、音をスピーカーから出す装置(おそらく)。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり DS Audio スタイラスチップクリーナー ST-50・・長生きして良かった!?

DS Audio スタイラスチップクリーナー ST-50。特殊ウレタンゲル下、‘S‘の文字の上下に見える糸くずがゲルに吸着された埃。効果が視覚的にハッキリ確認できる。8.500円ほど。

老いた目には、老人にはピッタリのアイテムです。長生きはするものです。

特殊ウレタンゲルに針を二回落とすだけ。ブラシなどでは取り切れない糸くず状の埃がキレイに取りれる。見た目もベリー・グッド。

オーディオ的効果は、SN比、解像度を上げ、帯域も広げる。高域の鋭角的な表現も向上。レコードに針を落とした時、溝に嵌るまでのひっかき音のキレが爽快だ。演奏中に発生するプチッ、パチッノイズも鮮烈。

ゲルの吸着力が強すぎて不安な面もあったが、使用するとその不安がブッ飛ぶような抜群の効果。これなら、目に見えないチリまで除去可能。これまで、針先を丁寧にクリーニングしても僅かに埃が付いていることが多かった。清掃後、盲(めしい)いた目に針先の「わずかなひげ」が映ると凄いストレス。メガネを外す(近眼の方)、メガネをかける(老眼の方)必要はありません。そのストレスから解放されます。長生きして良かった!。

ただ、家具、家電製品に使われる耐震の転倒防止シート(粘着性は高い)などでも代用できるような気が・・。

・・あるオーディオ・メーカーの試聴会中。営業の方が、発売が近い新製品カートリッジ、針先のクリーニングに白い物体を使用。不可解に思い尋ねました。「すいません、それ(クリーニングに使っている物)はなんですか?」営業の方がおっしゃるには「激落ちくん、です」。「・・・」。しばし、絶句・・。

フェーズメーションのPP-MONOをやっとのことで手に入れた。手に入れたのはいいが、説明書のご注意に「針先の掃除をなさる場合には・・(中略)・・アルコールなどの溶剤を使用しないで下さい・・(中略)・・接着材を痛め、チップ飛びなどの故障の原因になります」と書いてある。「あれれっ・・。しつこい針先の汚れはどうやって取るの」。刷毛では、細かい糸くず上の埃がうまく取れなく、高額商品なので、クリーニングに難儀していたが、これで安心。副作用(粘着力の強さに針が取れるなど)が気になるが、ゴミがついたままよりはいいだろう。なにしろ、「激落ちくん」でこすっても針先が痛まないだろうから、おそらく・・!?。

11月1日 追加 中古レコードを購入すると(ほぼ中古しか買わないけど)、過去の所有者が「よかれ」と思い、添加剤入り、特にレコード盤の光沢が映える製品を使ったケースがあるようだ。その場合、経年変化によりワックス成分が再生とともに剥がれる。酷い時にはレコード盤上に針がこそげ落とした白いカスがちらほら。その成分が針先に密着、これを除去するのが容易ではなかった。ST-50を使用するとほぼ完ぺきに落とせるようだ。なお、これでも不安なのでテクニカのAT607で針先をソッと撫でます。これで安心・・?。

日本酒 酒徒礼讃 岩手県盛岡市 山廃純米酒 桜顔・・山葡萄のような酸味!?。 

山廃純米酒 桜顔 IWATE SAKURAGAO CLASSIC。

山葡萄のような酸味。・・といっても分からないと思う。岩手県 久慈市にある「佐幸本店」が販売している飲料「山のきぶどう」のような酸味。旨味は、ほぼ皆無(ほぼという理由は後述)。香りは消毒アルコールのよう。後味も酸っぱい。旨味が欠ける分、少々、薄い。ふくよかな立体感に欠ける。ただ、一合を超えると、酸っぱさに慣れてくるようで「僅かな旨味」を感じる。この時、この酒が「日本酒だな」と思わせる。それでも、まろやかさ、コクといったものは味わえない。

それでは、「なぜ、美味く感じるか?」というと、日本酒特有のべったりした甘さが無い点。酸味と旨味のバランスが日本酒の味を決める要素だが、その旨味を極力排除、酸っぱく、爽快な飲み口に仕上げている。「今一つ、味が欲しい」と思いつつ徳利の酒をガバガバと酒盃に注いでしまう。上手い!。ガバガバ飲むように味を仕込んである。山廃純米酒と銘打たれた酒にはそのような傾向の味が多い。

ラベルの左横には、香り・・ふくよか、味わい・・コク旨味、甘辛度・・辛口、とある。ウーン、ウーン。しげしげとラベルを見つめてしまう。僕の印象とは正反対。

㈱桜顔酒造 岩手県 盛岡市川目町23番18号 山廃純米酒 桜顔 IWATE SUKURAGAO CLASSIC  1.200円から1.400円ほど。

 

日本酒 酒徒礼讃 千葉県成田市 純米酒 仁勇(-Jinyu-)・・千葉の酒。飲んべいは飲むべき酒を知る

純米酒 仁勇(-Jinyu-)。徳利は、桃山期古備前懐石「らっきょう徳利」。盆は、江戸明治期「葡萄玉杢(ぶどうたまもく)丸盆」。二点とも、ヤフオク mukashigatarisorekakaraさんより分譲品。

写真はやや重苦しいのですが、味は軽快、軽妙な飲み口。いい酒です。

軽めの酸味が、爽やかな飲み口を演出。それが、この酒の最大の長所。飲み込むと舌の中ほどから喉おくにきめ細かい旨味が広がる。美味い!。抉味(えぐみ)、苦味を感じさせない(ちょっとはあるかな?)。直截に米の旨味を味わせる。米の旨味を表現するために、妙なこだわりとか、技巧、作為といったものが全然、無い。旨味がハッキリ、スッキリ、クッキリしている。

千葉生まれのお酒。意外だ。どうしても、関東圏というとあまりいい酒が醸されないイメージがある。酒の仕込みというと、「寒風、雪片吹きすさぶ山間にポツリと建つ酒蔵でジックリと」といった風景が脳裏をよぎる。そういえば、埼玉県の新座市で仕込まれた酒もなめてはいけないと思ったこともあった。

岩手県の釜石市、マルイチサンパルクという店で972円という価格に魅かれ購入。購入時、五、六本あった。気に入ったので次の次の日にいったら、全て売り切れ。美味い酒は良く売れる。酒徒(飲んべい)は飲むべき酒をよく知っている。買い損ねてしまったでござる。

製造者 鍋店(なべだな)㈱ 千葉県成田市本町338番地 製造所 神崎酒造蔵 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1916番地   純米酒 仁勇(-Jinyu-) 972円。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アッコルドとB&W805D3 比較試聴 その①・・これが、名器の音だ!

フランコ・セルブリン アッコルド Accrodo。B&W805D3との比較試聴。805D3は適当に置いただけ。アッコルドは、音質的にかなり追い込んだ位置。スパイクと床との間に金属インシュレーターを挟む。床直よりタオックのボードに乗せるとより有利かな?

オーディオ的性能として高解像度、広帯域、優れた高域性能、高SN比。制動の利いた低歪みの低域等々といった要素では、805D3の方が高性能・・と思うのですが、店主、細川茂雄は熱く語る。

「(音の)チューニングを(805D3より)上の次元でしている。例えば、コントラバスを購入しようと楽器店に行きました。100万の楽器を弾いた。音は良く出るしいい。しかし、200万、300万と値段を上げて試し弾きをしていきます。金額が上がる度に良くなっていく。800万のコントラバスを弾いた時、ああっ!。これが名器というものの音なんだ!。そんなイメージですよ。(このスピーカーだと)おれの聴きたい所が出てくる!!。確かに、(帯域が狭いため)音は詰まった感じ、スピードを(意図的に)上げている。(フランコが、スピーカーの音を)調律し調教している。しかし、名器の現実感があります・・

・・名器の音を判らない僕には「剛直に色濃く、高音量、ハイ・スピードで勝負!」ツィーターからブッと飛んで来る高音が太くあまりにも刺激的、試聴を終えて帰宅する際、耳の中が痛くなりました。まるで、ベイシーでのジャズライブの後のような体験。B&W805D3のセッティングが整ったところでまた、比較します。

なお、雑誌等々で紹介されている音質とはかけ離れた音質という事は確実です。やはり、この文章を読んで「疑問」を持たれる方は、ベースマンでの試聴をお勧めします。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ファリャ ペドロ親方の人形芝居・・キレのある「プチッ、パチッ」ノイズも楽しめる

ファリャ 「三角帽子」第一組曲&第二組曲と「ペドロ親方の人形芝居」。なんといってもB面の「ペドロ親方」のリアリティーに驚く。ヤフオク rudolf kempeさんからの分譲品。

色々な楽器の音が聴こえ(高解像度)、低域を担う中太鼓(おそらく)の皮の張り具合から、空気をシャープに切り裂く金管の高音までよどみなく再現(広帯域)。そして「曇り、くすみ」のない音楽空間(高SN比)。音の輪郭は鮮明、鮮烈。ハッキリ、クッキリ、スッキリしたコントラストの高い再生音で聴き手に迫る。特に、ハイ・スピード、高レスポンスな録音は、ソプラノ、テノール、バリトン、三人の歌い手のリアリズムを極限まで引き上げ、眼前で展開されるその実在感、臨場感にただ、ただ、「唖然」とするばかり。それだけではありません。鮮烈なブルーを基調としたレコード・ジャケットの魅力。キレのある「プチッ、パチッ」ノイズも魅力的。

あらすじは、「ある宿舎の馬小屋でペドロ親方による人形劇が行われる。これを観ていたドン・キホーテは物語にいらぬ茶々を入れ、ついには感情移入の余り劇中の人形に切りかかる」といったもの。30分ほどの作品。鑑賞には丁度いい長さ。完訳本が欲しいところだ。

指揮 ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ  演奏 マドリード管弦楽団(三角帽子も) テレサ・トゥネリ(ソプラノ:語り) ペドロ・ラヴィルヘン(テノール:ペドロ親方) レナード・セザーリ(バリトン:ドン・キホーテ)。

1960年12月5日 マドリードでの録音。

rudolf kempeさん曰く 素晴らしいオーディオファイル。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり エラ・フィッツジェラルド デューク・エリントン・・「イカした世界」の音楽です。

エラ・フィッツジェラルド デューク・エリントン ソングブック 4LP Volume one(MGV 4008-2) Volume Two(MGV 4009-2) モノラル録音。ヤフオク sql02717さんより分譲品。

「・・品の良いというより、イカした世界です」。出品者によるコメント。それが、このLPの全てを物語っている。

エラのよどみなく透明で明瞭な英語の発音。日本人にも聞き取りやすい(普通の日本人、6年ほど英語を必須科目で習うため、多少は英単語を聞き取れることと思います)。神韻縹緲(しんいんひょうびょう)として融通無礙(ゆうづうむげ)な世界が展開される。平たく言えば、音楽以外、なにも感じさせない、聴かせない。気張ることなく、誇張することなく、しなを作ることなく、余計な表情を付けない極めて自然なエラ・フィッツジェラルドの歌唱。そして、デューク・エリントンとそのバンドのしゃしゃり出ない伴奏。

音楽の鳴りだす前の静寂さを思わせるSN比の良さ。各楽器の解像度も良好。ひずみが少々あるのが惜しい。低域の重量感がやや不足しているような気がするが、帯域も十分広く、高域も繊細に伸びる。中間帯域のボーカルはコントラストが高く、音像も整っている。各楽器もハッキリ、クッキリ聴こえ、音の輪郭がしっかりしている。それでも、艶、なめらかさを失わない。作為を感じさせない録音も素晴らしい。

まさしくこのLPは「イカした世界」。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり バルトーク 弦楽のためのディヴェルティメント・・超絶オーディオ・ファイル

バルトーク 「弦楽の為のディヴェルティメント Sz.113」、ヴィヴァルディ「ヴァイオリンと弦楽合奏の為の協奏曲 ロ短調 OP.3-10」 ルドルフ・バルシャイ指揮 モスクワ室内管弦楽団。ヤフオク rudolf kempeさんから分譲品。目を剥く音質。デッカ録音の真骨頂ここにあり。

今まで、聴いたレコード、CDの中で一番、実演に近い。

SN比が最良とは言えないが、やや暗めの陰影感がある空間表現。各弦楽器が明確に分離される解像度。ヴァイオリンの高域からコントラバスの低域まで音の輪郭が均等で繋りがよく、帯域は広い。各帯域、音の出来だしのスピードが揃う。高域の倍音のきらめき、中域の音のつや、適度にダンピングを利かせた低域。繊細に明瞭に明確に録音ホールの空気を振動させる弦楽器の魅力を存分に再現。コントラストも抜群で、素晴らしいリアリティだ。

rudolf kempeさん曰く「超絶オーディオファイル」。おっしゃる通りです。

1962年 6月30日 ロンドン デッカ ウェストハムステッド第3スタジオでの録音。

「ディヴェルティメント」・・明るく軽妙で楽しく、深刻さや暗い雰囲気を避けた曲風。「喜遊曲」「嬉遊曲」が日本語訳。モーツァルトのその作品を聴くと確かに、そう感じる。バルトークは「現代社会が人々に強いる緊張感」といった印象。聴き手に与える印象が違う。なぜ、「ディヴェルティメント」なんだろう?。