オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ダヴォン・ツィスト・・ハツラツと無心な音調が好感を呼ぶ

 

ダヴォン(DAVONE) ツィスト(Twist) 56万円

ダヴォン(DAVONE)のツィスト(Twist) 正面バッフルは27色の張地用ファブリックを好みに合わせ選択可能。56万円。大好評でした!。デザインではありません。あくまでも、音質です。

試聴会に意外なダークホース。

左のトールボーイ型がツィスト Twist。青のSPがモージョーMOJO

左のトールボーイ型がツィスト Twist。青のSPがモージョーMOJO

「(見た目からツィストに)あまり、期待しなかったので、二階に置いたのですが。いやいや、音が良くビックリしました」と店主。

160万(ブロッドマン)は高すぎる。金属の鉄人28号(ブラック仕上げのピエガ)は勘弁して。ちょんまげ(B&W)はデザインが特異だ。墓石(ハーベス)は野暮ったい・・。「ファーニチャー(家具)風で音がいいスピーカーが欲しいなぁ~」とお考えの方に。

中低域から高域にかけてストレスなく伸び切る音質。音離れがよく、前面にポンポン出てくる躍動感。柔らかな外見からは想像できない性能。優れたSN比が再現空間のくもりを排除、透明感のある「スッキリ」した音場を形成。高い解像度で明瞭な音の輪郭を構築し、高コントラスト。素早い音の反応が聴き手に清々しい快感をもたらす。高域は、滲むことなく正確な響きを再現。ジャズでいえば、管楽器、シンバルの音色をよどみなく伝える。中低域は、タイトにならず、チェロ、ビオラといった楽器のふくよかな響きが損なわれることもない。ボーカルは均等なトーンで強調した部分なくまとめ上げている。低域表現、音の厚み、深みといった点が頭をよぎるが、中低域から高域までの音質を考えると、「無いものねだり」といったところ。音を作為的に「キリリ」と引き締めず、ハツラツと無心で明るめの音調が、試聴会で好感を得た。今回のフューレンコーディネイト製品の試聴会、二階の使用機材は、プリメインアンプが、オクターブV70SE、CDプレイヤー、アキュフェーズDP-550。素晴らしい性能を各自発揮。ツィストの再生を際立たせた。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり・・アキュのチューナーや静電スピーカーなど中古品、ゴロゴロ。その①

TEAC NT-505

TEAC NT-505 12万円。

アキュフェーズ DP-410

アキュフェーズ DP-410 22万円。

DENON

DENON PMA-2500NE。13万円。

写真はベースマンの特価中古品です。この他、NECのプリメインアンプのA-10とかマランツの真空管プリアンプのMarantz 7といった一部の熱狂的な支持をいまだに集めている中古品が店内に存在。

スピーカーではタンノイ・チェビオット、B&W800D、同シグネチャー・ダイアモンドなど。

面白いところでは、静電型スピーカー。メーカー名は確認しておりません。試聴も行っていませんが、かなり、キレイな製品です。二階に置いてあります。たまには、鳴らして中古品としてもっとアピールをした方がいいのでは・・と感じます。

いつの間にか、アキュフェーズのFMチューナーのT-1000が陳列棚に。かつて、NHK・FMのクロスオーバー・イレブンを一日の締めくくりとして深夜11時から聴いた世代としては、この中古には心惹かれるものがあります。

電源タップや電源ケーブルなど少数ですが、中古あります。中古品、値札がほぼ、付いてないので話を持ち出しにくい、尋ねにくいといった難点があります。また、いかなる中古品があるのか、店主もやや確認不足。意中の製品を店で見つけた時、臆することなく、直ちに、問い合わせるのが賢明な方法です。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 瀬間千恵のクルト・ヴァイル・・歌の表情豊かで飽きがこない

 

瀬間千恵 「瀬間千恵のクルト・ヴァイル」。

瀬間千恵 「瀬間千恵のクルト・ヴァイル」。DP-750でなければ、このCDの真の歌唱、音楽を鑑賞できないかも。いや!、出来ない!。DP-720では味わえない躍動する筆舌に尽くし難い世界を展開。所有する全てのCDを聴きなおしたい!。

マリア・カラスの歌唱を遺された映像で見ると、あることに気づかされる。思いを寄せる男の事を歌う時、あの厚化粧で彫りの深いカラスの表情や声がたちまち純情、可憐な、はにかんだ、可愛い少女に変わる。あぁ、清らか。奸計を巡らせ二人の恋路を邪魔する邪悪な男を罵る時は、毒蛇が鎌首を持ち上げて威嚇、今にもカラスの口から長い舌がペロペロと飛び出しそう。おお、怖っ。それと肩を並べる表現力がこのCDの魅力。

高域から低域まで、歪みの少ない瀬間さんの歌唱をコントラスト高く、解像度高く録音。歌詞内容を十二分に練磨、様々な声の音色を小細工なく使い、歌いきる歌い手の技量を外連味(けれんみ)なく聴かせる。歌の表情が豊かで飽きがこない。演奏者の出過ぎないパフォーマンスもいい。もう少し、音楽の背景がスッキリ(高SN比)で伴奏の帯域が広ければ良かった・・と思うのは欲張りすぎか。レコード、「銀巴里ライブ、幸せな愛などない」より録音がいい。この人の歌、詞の内容がかなり際どいが、いやらしさ、不快さを感じさせない。

CDを聴いていると瀬間さんの声の音色が様々な歌手を思い出させます。矢野顕子、奥居香、松田聖子、岩崎宏美、八代亜紀、美空ひばりといった面々。ああ、そう、ケイト・ブッシュ(Kate Bush)も。ケイト・ブッシュは「ローリング・ザ・ボール(邦題)」という曲のヒットがあります。もとの曲の名前は「Them Heavy People」。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ピエガ、オクターブなどフューレン取り扱い製品の試聴会

ダヴォン(Davone) Mojo(モージョー)。

ダヴォン(Davone) Mojo(モージョー)。全方位SP。一般的なSPと違った位置で再生可能。そのサウンドの魅力は、「臨場感」。個人的には鑑賞位置の前と後に置きたい。後方のプリアンプはマランツ (Marantz)7(販売品)。

7月28日(土)、29日(日)、盛岡・オーディオ・ベースマンにてフューレンコーディネイト取り扱いステレオ製品群の試聴が行われます。開催時間は、おそらく、午前11時から午後6時、普段の営業時間帯です。

使用機材は以下の通りです。

ピエガ(PIEGA)

・Premium301 ¥310.000 ・Premium701 ¥780.000 ・Coax311 ¥880.000

ダヴォン(DAVONE)

・Twist ¥500.000 ・写真のMOJO(¥280.000)はいつでも試聴可能かと。

オクターブ (OCTAVE)

・V70SE ¥900.000 ・V40SE ¥680.000 ・V110SE ¥1.150.000 ・V16 ¥1.200.000 ・BB ¥170.000 PhonoModule ¥620.000(本体価格/モジュールは別途)

elision

OMEGA 100 RIAA ¥86.000

以上です。聴いたことのない製品、メーカーがあり興味津々です。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ DP-750・・リズムセクションのメンバーがチェンジした!?

アキュフェーズ DP-750。120万円。DP-720と比較試聴。

アキュフェーズ DP-750。120万円。DP-720と比較試聴。「720より二段階性能がアップしてます」と店主。

「中域から低域にかけてSN比が高い。(その帯域の)音の輪郭の構造がしっかりしている。その上、(音が出てくる)スピードが速い。特に、低域!。そのため、中域と低域の音が揃って出てくる。(高域を含めた)全域のタイミングが揃い、音の佇まいがいい!。オーディオ的に聴こえないのがいい」

「720は帯域を広くとりワイドレンジを狙った感がありました。やや、高域が騒がしい感がありました。それに比べ、750は、騒がしい感じがなく(再生)帯域を絞った感じがします。また、音の彫琢を極めた解像力にも感心します」

瀬間千恵さんのCD、「瀬間千恵のクルト・ヴァイル」の2曲目、「スラバヤ・ジョニー」をDP-720と比較。音楽の躍動感が劇的に向上、「ねっ!。リズム・セクションのメンバーがチェンジしたくらいの違いがあるでしょう!!」

・・発売時、あまりの再生リアリティに感動した720が、鈍く、聴こえた・・

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ブロッドマン VC1・・お手入れで愛着が「ズズズッ」と・・

ブロッドマン VC1。側面にグリルネットを装着しても音質に変化はない。この点は、ハーベスと同じ。

ブロッドマン VC1。磨き込みました。側面にグリルネットを装着しても音質に変化なし。ネット装着の方がファーニチャー(家具)として“品”がある。この点は、ハーベスも同様だ。

ピアノ・ブラックの側面に映り込んだのは、アキュフェーズ パワーアンプ・A-50V、プリアンプ・C-290V、フォノ・アンプ・C-37。そして、アナログプレーヤー・エクスクルーシブ P3。ウーン、ビューティフル!。

SPの足元、白の手袋、ワックス、黒のクロスの3点。ブロッドマン購入時付属。白トビ(カメラの露出をSPのブラック本来の色に合わせたため、白の持つ陰影の色が出ず、平坦に潰れてしまうこと)してますけど。

ピアノ・ブラック仕上げの場合、ワックス付属は便利。SPの筐体の艶出しにどんな製品がいいのか?、オーディオ雑誌に記事として掲載されたのは見たことはない。デザイン、音質はやたら詳しく記事を書くが、見栄えのメンテナンスは、各オーディオ雑誌、興味はないらしい。今後、この分野の強化を期待します。

ブロッドマン、お手入れすると、見栄えがさらに、良くなります。愛着が「ズズズッ」と湧きます。所有する満足度も上昇。音質も当然・・・・・。なによりも、「酒」が美味しくなります。あー。幸せ!

なお、端子のクリーニングは、福田雅光さん推薦の電子機器クリーナー、パンドー(PANDO)29D(㈱スリーボンド)が効果大。確実に、解像度を高め、SN比を向上させます。ただ、後ろの配線の取り外しが・・。年、2回が目標です。

日本酒 酒徒礼讃 新潟県新潟市西蒲区 淡麗 特別純米酒 笹祝・・時代劇、ヤクザの出入り場、浪人が独り手酌で飲む酒

笹祝 淡麗 特別純米酒。

笹祝 淡麗 特別純米酒。一升瓶。笹祝酒蔵㈱の他の純米酒はお高いのでこの酒を購入。酒盃は、桃山古唐津「朝鮮唐津白濁釉(斑釉)上下掛け分け垂らし込み手筒酒盃」。ヤフオク、mukashigatarisorekaraさんより分譲品。

瓶は薄緑色、和紙の貼り紙から優しい雰囲気を漂わせる外見。騙されてはいけません!。これぞ、「羊の皮を被った狼」です。

饐えた香り。口に含むと強烈な酸味!。どぎつい、辛い!。噛みしめても噛みしめても、旨味、甘味が湧いてこない。口の中の酸味が鼻に抜け、咳き込みそうになる。今まで体験したことのない酸味、辛さだ。新潟の酒のイメージを覆す。新潟の酒といったら「馥郁(ふくいく)たる」とか「滋味(じみ)掬(きく)すべし」といった、そこはかとない米の旨味を表現していたのに。過去に何かしら、旨味とは決別する事件があったのだろうか?。これだけ、旨味を感じないと「グビグビ」飲める。ああ、酒徒の悲しい性!。米の旨味を探して、捜して盃を重ねてしまう。後味にわずかに、かすかにフワリとした旨味を感じる。その瞬間、思わず「ホッ」とする。

時代劇、ヤクザの出入り場。金で助っ人を頼まれた素浪人が奥座敷に独り。手酌で酒を飲んでいる。「先生、出番ですぜ!」と襖越しに声が。「おう」と浪人。猪口を一啜り、刀を左手にのそりと立ち上がる。その時、飲んでる酒はこの酸味が利いた「笹祝」に決まっている。それほど、ハードボイルドな酒。ついでながら、書き添えると、山口百恵さんの「プレイバック Part2」も歌詞もこの酒に合いそうだ。

なお、この酒の後に、「エビスビール」を飲んだら、甘いこと、甘いこと。

新潟県新潟市西蒲区松野尾3249番地 笹祝酒蔵㈱ 淡麗 特別純米酒 笹祝 一升 2.700円と送料756円。

杜氏 畠山 洋一。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 瀬間千恵・・派手な歌唱に陥らない表現力!

瀬間千恵。

瀬間千恵。「銀巴里ライブ 幸せな愛などない」1981年10月31日。ビクター。ソナスのアマティ試聴会でノア営業の遠藤さんが試聴に使った一枚。ヤフオクで運よく落札。入手は非常に困難かと。CDは現在も発売中。

マリア・カラス並みの表現力といったら褒め過ぎだろうか?。この方は、これからも密かに語り継がれていく歌い手だろう。歌詞の内容、使用語句の問題から一般の電波にはまず、載らない。試聴会で聴かなければ、生涯、瀬間さんの歌を知らないまま人生を終えたと思う。試聴会、できれば、「おお!、こんな素晴らしい歌手、演奏者、音楽があったのか!」と思わせる一枚を聴かせて欲しい。

声楽の帯域の表現を重視した録音の印象。帯域は広いと言い難い。解像度も高域、低域とも緩みがちでSN比もややくすみがある。ピアノ、ギター、チェロといった伴奏楽器の音質がもう一息。ライブ録音ということもあるだろうけど。だが、ボーカル帯域。コントラストが高く、奥行きが深い。瀬間さんの柔らかく、立ち上がりの早い歌唱、「さらり」とした歌いまわしの魅力を的確に再現している。明瞭な発声、訥々と淡々と語りかけ、陰影感の強い秀でた表現力と相まって、スピーカーの中間にポカリと彼女の音像が浮かび上がる。

如何に力を、感情を込めても歌舞伎の「大見得」を切ったような派手な歌唱に陥らない。そこが素晴らしい!。

なお、このLP、ソナス・ファベールのアマティ、B&W805D3、ハーベス・モニター30、KEF LS50、ブロッドマンVC1で鑑賞。一番感銘を受けたのは、アマティでした。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり USA London ffrr盤、ショスタコーヴィチ交響曲第1、9番 

ショスタコーヴィッチ

ショスタコーヴィチ 交響曲第1番、9番。スイス・ロマンド管弦楽団。指揮 ワルター・ウェラー(ヴェラー)。USA London ffrr盤 ステレオ録音。℗1972年。ヤフオク、st263391さん出品分、980円で落札

文春新書の新版「クラシックCDの名盤」を読むと、第9番が名曲で、第1番の評価は低い。僕は1番の方が「起承転結」が判りやすく聴いていて面白い。

第1番の最終楽章が聴きどころ。帯域は広く、コントラスト、解像度も良好。陰影感もある。高域は、響きが煌びやかに炸裂し、音の立ち上がりも早い。中低域は明確に分離されながらもふくよかさを失わない(緊張感がある)倍音表現、低域はダンピングを利かせ滲みの少ないグランカッサ(大太鼓、おそらく・・)の音が楽しめる。全体的にオーケストラの奥行きを感じる。録音に曇った部分があり澄みきったSN比(音楽の背景が静か)という意味ではマイナスか?。これで、980円。送料込みで1.500円ほど。お買い得である。

音のケバい英デッカのSXLに比べ、ケバい=鮮度が高い、高SN比という意味では米デッカCS盤は魅力が落ちますけど、普通の音楽愛好家の鑑賞に支障はないと思う。英デッカのオリジナル盤を収集、拝聴するのもレコード芸術の一種だと思うけど、鑑賞能力より資金力がものを言う。

出品者のst263391さんの録音評では「レコード録音で最高のレベルの録音である」とのこと。

オークション漁りをしていると面白い。様々な出品者、製作メーカーの盤質について色々なことを教えてくれる。ヤフオク出品者のiiyukie40さんによると「米CS 材質は少し柔らかく、叩くと響きは少しダンプされている。高域は少し丸くなり、低域も少し膨らむ。3次元的定位感は良く出る。ボリュームも少し大きい」との解説をデッカ録音のレコードの出品時、掲載している。その他、日本盤についても含蓄のあるコメントを寄せている。ウーン、野にいる音楽愛好家とは誠に恐ろしい人たちだ。