オーディオ・ベースマン見たり聴いたり フィダータ・・ネットワーク・オーディオは「手巻き寿司」の苦労!?・・・

アイホンで操作。フィダータ(fidata)に蓄えられ情報をアキュフェーズDP-950へ。DP-950からC-3850。そしてA-70のパワーアンプへ。レコード、CDを所有してない方はこの楽しみかたもありかなと思った。

フィダータ fidata  HFAS1-S10 定価370.000円ほど。㈱アイ・オー・データ機器 IO DATA  アキュフェーズ DC-950の下の銀箱がそうです。プレイヤーとNAS(ハードディスクのようなもの)が一体化。ネットワークオーディオプレイヤー。離れた場所からスマホで全曲再生可能!!。

DSD5.6MHzで録音されたチェロの音を聴く。ふわりとしたなめらかで繊細な音色。新鮮な音の輪郭。一方では、人造的にまで澄み切った音場、克明に切り詰められた音像といった相反する印象が入り混じる。これまでの再生では得難い再生音。あくまで人工的、作為的な要素は拭いきれないが、オーディオ的に優れた要素(広帯域、高SN比、優れた高域、高解像度)を十分に表現。これがハイレゾか。しかも、写真上、DC-950の上のスマホで離れた場所から選曲などの操作が可能。便利!。ハイレゾ・・・、CDに入りきれない情報を再生する事。原音がなだらかな曲線なら、それを非常に非常に細かい方眼紙上にその曲線を再現したもの(グラフ)。従って、どこまで細かく分析してもギザギザがある。

今、レコード、CDなどが「パッケージ・ソフト」と言われているみたい。ハイレゾ音源などインターネット配信を受けHDDなどにストレージ(貯蔵、保管)された音楽ファイルをネットワーク上の対応プレイヤーやパソコンで再生するのが「ネットワーク・オーディオ」。

ただ、「ネットワーク・オーディオ」人気は盛り上がらない。その理由として、「煩わしい」。

寿司に喩えると、レコードなどは、腕のいい寿司職人が「お客さん!。今日は、いいネタが入ったね!。オレの握った寿司、食べてくれ!。何を食べるか、オレにまかせな!」「よしっ、大将、頂こうか!」といった具合。提供されるものが最良のもの。期待に胸を膨らませて口に入れられる。

一方、ネットワーク・オーディオは、「手巻き寿司」の世界。「さあ、ここに世界から選りすぐられた最高の素材があります(ハイレゾ音源)。ダウンロード(あなたが選択してPCM録音WAV、FLACもあるしDSD録音DSFもあります。どれにするか自由)して、フーバー2000(かつ音量が違うケースがあるのでボリュームのゲインを同じにする。また、スマホで操作するには、タグづけ、データベース化が必要が)などを活用してくださいね」。といった具合に自分で音源を管理することが必要。これ以外にも、機器、ケーブルの選択といったオーディオ全体にからむ問題が山積。何が最上素材で、どうやってを巻いて食べるか?、までがややこしい。自分で選ぶのが億劫だ。食べる前に食欲を失う(疲れる)。書いていて、ネットワーク・オーディオの説明に関しては自信がありません。ネット操作、再生機器、録音に知識がかなりないとできません。しかも、この世界、技術革新は日進月歩。

喩え話を書いて、「パッケージ・ソフト」は三行、「ネットワーク・オーディオ」は十行書いても書ききれない。オーディオ自体がある意味伏魔殿なのに「ネットワーク・オーディオ」それ以上かも!?。くわばら、くわばら。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり タンノイ・アーデンのアース端子はすっごく有効!

DSC_0600

タンノイ アーデンのSP端子にアース接続があり効果を検証。ヴァン・デン・ハル Van den hel 3T Air (15万円ほど)を使用。写真ではわかりづらいが、右の黒い細い線がアース。パワーアンプ側は空きマイナス端子に接続。その接続ではやや効果ありといったところ。

音が激変した。ヴァン・デン・ハルに変わり、SPケーブルをアコースティック・リヴァイブのSPC-TripleCに交換。SP側はバイワイアリング接続、アンプ側はシングルで(普通で)。そしてバン・デン・ハルのアースをそのまま使用、ただし、パワーアンプ側を仮想アースのmodrate(マドレード) e-Terminus ET-01 BK/SLに接続。

高いSN比で、音楽の背景が澄み切り透明なトーンで音楽を再生する。音の輪郭を克明に描き緩み、歪みがない。高域の響きは濁らず、中域はふくよかさを失わず、かつ、明快、明瞭に響きが構築された。低域はダンピングを強化して音を引き締め、効果的なレスポンズを実現、見事にこの帯域を分解し歪みを解消。響きの良さを失わず、音の反応がすばやくなる。ただ、コントラストは高いが、エネルギー密度が少々薄く、奥行きが弱い印象もある。

まるで、アーデンがB&W800Dのように聴こえる。

音質向上の最大の理由は、仮想アースのe-Terminusの効果。仮想アースは効果が判りにくく使用しずらいが、このような効果が見込めることもあるようだ。なお、SPアース端子の無いSP向けとしては、従来からSPECのミュージックDD REAL-SOUND PROCESSOR「RSP-101」という製品がある。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり オクターブ RE320・・能力は落ちるけど、自宅で聴くなら・・

DSC_0596

オクターブ OCTAVE RE320。145万円ほど。オクターブの後方、右がアキュフェーズA-200、左が同A-70。A-200が二個で250万、A-70が110万円。ウーン・・、オオッ、重量なら27.6㎏。アキュフェーズより扱いやすいぞ。

オクターブRE320。入魂のリアルサウンド、朧げな陰影感、躍動する音楽を・・・。えー、後方に控えるパワーアンプと比較すると絶対的能力に限界を感じると言わざるを得ません。

ハッキリ(高解像度)、クッキリ(高コントラスト、広帯域)、スッキリ(高SN比)、シッカリ(低歪み)といったオーディオ的要素の比較ではアキュフェーズの後塵を拝してしまいます。

精緻、精巧、正確な音質を要求される現代ハイエンド再生装置を念頭に置くと、「精密なサイボーグ」「2Hの鉛筆で書かれた細密画」(アキュフェーズの音質表現です)に対し「肉体を持つピノキオ」「HBで書かれた細密画」(オクターブの音質表現です)では太刀打ちできません。

ただ、僕としては自宅で聴く音は「精巧なサイボーグ」より「肉体を持つピノキオ」がいい。うん、そうに決まっている!!!。完全に客観化できない、感覚的、精神的、感情的、経験的といった好悪(こうお)の問題をはらむのがオーディオの世界だ!・・と声高に言い放ちます。