オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ ASL-10とステレオ誌の自作ケーブル・・それぞれいい味が・・

DSC_0484

アキュフェーズ ASL-10 RCAインターコネクトコーブル 25.000円(茶色のケーブル)。ステレオ誌の自作RCAケーブル PCOCC-A導体の単芯(青のケーブル) 3.500円ほど(生産終了)。価格差、性能を考慮せず、印象で比較。プリとパワーアンプ間に接続。

アコースティック・リヴァイブのXLR-TripleC-FMを自宅で聴く機会があったので、ついでにRCAケーブルとXLRケーブルを比較試聴。結果、XLRは、音の密度は高いがやや重苦しい。RCAは、音の密度など劣るが、軽快に聴こえる。RCAケーブルの方が好み。

アキュフェーズは、高SN比で帯域は広く、均等な密度。透明感があり、コントラストは弱いが、中低域から高域の分離良く、全体的な質感に優れる。低域のダンピング、解像力が弱いせいか、躍動感には欠ける。

自作ケーブルは、音の立ち上がり、音離れ、躍動感、低域の力感が好印象。単芯導体の魅力を発揮しているのかも。コントラストも高く滑らかな音質。SN比も意外に良好。エネルギー密度、響き、解像力は落ち、濁り、歪みも発生する。でも、これはこれで良しとしたい。利点として、プラグ交換可。使用中のものは、金メッキだが、ロジウムメッキにしてみたい。付録の小冊子にフルテックなどを紹介している。

アコリヴァは、「ベイエリアの豪華マンション」、アキュフェーズは、「梁、柱のしっかりした、漆喰壁の日本伝統家屋」、自作ケーブルは、「紙と木でできた安普請ながら楽しい我が家」。といったところか?。それぞれ、いい味が出ている。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコリヴァ XLR- 1.0 TripleC-FM・・低域の力感は聴き手を圧倒。

DSC_0483

アコースティック・リヴァイブ XLR-1.0 TripleC-FM 定価18万ほど。プリアンプとパワーアンプ間で接続。普段は、ステレオ誌の自作RCAケーブル、PCOCC-A導体、0.9㎜単芯のものを用。値段は3.000円ほど。

電源ボックスは、アコリヴァのRTP-6とRTP-2を使用。この組み合わせだと極めてオーディオ的な音が得られ、特に低域の力感は聴き手を圧倒する。

高域から低域まで、優れたダンピングで音の輪郭が引き締められ、高密度、高エネルギー、かつ倍音成分を失わない弾性に富んだ音。歪み、混濁は感じられず、解像度の高さが、高精度で立体的な音を構成。そのコントラストは明瞭で、無音の音場空間を背景に陰影の強い音像を再現。解放感より緊張感を感じさせ、禁欲的で緩みがない音楽を構築する。

コントラバス、チェロの強力な低音弦セクションを持つ「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」。カラヤンの1970年代ベートーヴェン交響曲全集 グラモフォン 6CD 00289 477 7578がよく聴こえた。

あまりにもオーディオ的な音質で、実演再現を望む方には不向きかも。電源ボックスをオヤイデに変えると、オーディオ的性能は落ちるが、自然に聴こえる。組み合わせのためか、高域が割れる、中低域が豊かに再現できないケースが、稀にあるのが気になる。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ 電源ボックス RTP-2 RTP-6・・贅沢に接続してみました 

DSC_0466

アコースティック・リヴァイブ 電源ボックス RTP-2 RTP-6。合計金額は、48万円。アキュフェーズ・クリーン電源 PS-520の39万より高くなる。どちらの機器の音がいいのだろうか?。

RTP-6は、広帯域、高解像度、高SN比。低域のダンピング力に優れ、高コントラスト、躍動感に富む。難点は、高域がやや荒いことと中間帯域の響きの薄さ。RTP-2は、中間帯域の倍音の良さ、全域に渡りエネルギー密度が均等といった点に惹かれる。気になる点は、帯域がやや狭いこと、コントラストが低い、音の輪郭がやや弱いがある。いずれも、RTP-6と比べてである。

そこで、写真のように、RTP-2をパワーアンプに残りは全て、RTP-6に接続。この組み合わせだと、お互いの欠点を補完し合い、満足できる音に変化。澄み切った音場、解像度が高く歪みなく強固な音の骨格を構築。そこから導き出される陰影の強い音像。逆にすると音が「映えません」。

普段、オヤイデ電源タップ、OCB-1 SVをパワーアンプに残りは、OCB-1 SV V2に繋いで聴いている。これも悪くない。SN比に優れ、低中域を中心にコントラスト、躍動感に優れる。

アコリバとオヤイデ価格差は約10倍。どちらでも良好な音を出すのですが、現実的(経済的)にはオヤイデ、でしょう。

一つの選択肢。今、スペース的、経済的な諸問題から、リーズナブルなシステムを組んで音楽を聴いている方。また、賃貸物件に住んでらっしゃる方でコンセントをオーディオグレードに交換できない方。それらの方の中で、心の内に「いつかは買ってやる!。ハイエンド機!!」と念じながら臥薪嘗胆の日々を送っている方。アコリバの電源ボックスを導入して、来るべく栄光の時に備えるのも手かなと思います。現状のシステムでも効果は上がるし、なんといっても、モチベーションがあがります。導入されるであろうハイエンド機に接続しても十分その能力を発揮できます。えっ、「そこまで来たらクリーン電源を買うだろう」って。それは、最高ですね。電源ボックスと聴き比べができます。「オーディオ道楽、ここに極まれり!!」。そうなって欲しいものです。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ RTP-6 absolute・・オヤイデとの価格差は10倍だが、効果は3倍!?

DSC_0451

アコースティック・リヴァイブ RTP-6 absolute 定価28万円。パワーアンプに接続。プリアンプ アキュフェーズ C-290V、パワーアンプ トライオードのTRV-A300SE、CDプレイヤー トライオードTRV-CD4SEをオヤイデ OCB-1 SX V2に接続して試聴。

RTP-6の下のボードはパネコート。「電源&アクセサリー大全 2018」で福田雅光さんが中央部のコンセント使用。それに倣いました。

RTP-2に比べ低域は更に力強く、躍動感が上がり、解像度は増し、音の輪郭はキリリと引き締まる。高域は鮮烈に伸び切り、高SN比がもたらす曇りのない音場空間。全域に渡り制動が利き強力に分解されたコントラストの高い音。エネルギー密度が適度、滑らかな音質で、軽やかにヌケ良く音が出てくる。

圧倒的オーディオ性能を聴かせる。ただ、中域が、薄く、最高域ではやや濁りが入るのような気がする。高域と低域を強調したやや「ドンシャリ」なイメージ。再生された音楽の感銘度はRTP-2より落ちると思う。

この種のアクセサリー、購入者としては、劇的な効果を期待してしまう。オヤイデ電源タップ、OCB-1 SX の約10倍の価格差。実感する効果は3倍ほどかな?。OCB-1もRTP-6も魅力があることに変わりはない。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ RTP-2 absolute・・真空管パワーアンプで目の覚める効果!

DSC_0452

アコースティック・リヴァイブ RTP-2 absolute 定価20万円。電源ケーブルは、同社のPOWER STANDARD(PCOCC-A導体)。パワーアンプに接続。使用アンプは、トライオードの300B管、TRV-A300SEを使用。2コ口のシンプルデザイン。外せなくなる‼。

試聴したら、アキュフェーズより、トライオードの真空管パワーアンプの方が目の覚める効果があった。

低域から中域にかけてのコントラス、陰影感、解像度が素晴らしい。躍動感に溢れ、奥行きが深く硬質感がない。均等な音の密度。高域は、歪み、濁りがなく、きめ細かく伸ばすというよりやや抑えている印象。立体的に聴かせる弱音再生力。高SN比。ダンピングを的確に利かせ、明確に音を分離、分解、音の配列をうまく制御、音場を厚く構成するとともに実在感ある音像を創造する。

中域の倍音(響き)は、RTP-6より優秀。中域を活かしているため、再生された音楽の感銘度は高い。高域をやや抑え、低音にかけて末広がりのピラミッド型の構成は好み。

10万~50万程度のシステムに最適。もちろん、アキュフェーズでも。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり・・アコースティック・リヴァイブ YTP-6R 少々、ブレてもいいのでは・・

DSC_0454

アコースティック・リヴァイブ 電源ボックス、YTP-6R 価格38.000円。普段使っているオヤイデ OCB-1 SX(PCOCC-A導体)と聴き比べ。パワーアンプに繋いで比較試聴。オヤイデは、価格25.000円ほど。

オヤイデは、帯域は広いと言えないが、中低域、中高域の解像度、SN比が良く、コントラストも高い。全帯域に渡り、硬質感がなく、ニュートラル。最高域、最低域の表現は期待できないが、音の立ち上がりに優れ、躍動感に溢れる点が魅力。

ラッキーにも電源ケーブルは、同社のPOWER STANDARD(PCOCC-A導体)を所有。YTP-6Rに接続。中低域の解像度、低域の力強さに優れ、コントラスト、ダンピングが高く音の輪郭もはっきりしている。エネルギー密度も厚い。しかし、高域は、混濁し歪み、中域は響きが薄い印象。帯域バランスが低域に偏っている点が不満。この性能だったらオヤイデを選びたい。

アコースティック・リヴァイブ製品。同社の好意のおかげで店、自宅と試聴ができて貴重な体験をさせてもらっている。これまでの印象ではPC-TripleC導体の特徴をフル活用。低域表現を強化し、力強く、躍動感のある立体的な音像を作り出すのが持ち味のようだ。

PC-TripleC導体を中核として製品を作り出す製品開発の方向性にブレがなくていいが、この価格帯では別な導体を使って、帯域表現を変えた製品があってもいいのではないのだろうか?。この電源ボックスを聴くと「少々、ブレてもいいのでは」と思ってしまう。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり・・カナレは素直な音質でしたねぇ・・・  

DSC_0476

B&W800Dを鳴らすと、機器類がセンターにないため窮屈感は無い。けど、あっさりしすぎて視覚的に物足りない気が・・。

スピーカー間に設置してあった機器類を右端に。機器があると、その機器の前面で音が展開される。奥行きに欠けていた。この配置にしたら奥行きが増し、スッキリ、くっきりと見通しが良くなった。

CDでもレコードでも、録音によっては部屋を横切っている梁のあたりに音像が浮かびあがります。

「XLRを伸ばすと上流側(プリアンプなど)の情報量が減る感じです。SPケーブルを伸ばすと下流側(SP)の情報量が減る感じがします」。どちらを選びますか?との問いに「SPケーブルを伸ばす方です」との事。ただ、今、手持ちの長いSPケーブルはカナレしかない。

「カナレは(強調した帯域のない)素直な音質でしたねぇ・・」とポツリ。