オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ A-250・・同製品は「坂の上の雲」なのか?

DSC_0406

アキュフェーズ A-250。一台1.250.000万円。現代ハイエンドモデルの能力を完璧に見せつける。「坂の上の雲」なのか?。再生システムの強力なエンジン。システムの絶対的能力を決めるのはパワーアンプと試聴会で再認識させられた。

低ノイズ化とSN比を徹底的に追求。透明感が強く、高解像度、高密度、広帯域。優れた制動力を用いて音の輪郭を明確にし、陰影感のある音像を構築する。瞬発力のある音の立ち上がり、エネルギーバランスを一定に保ち、音場を上下左右に幅広く展開。混濁がなく澄み切り繊細、光彩を放つ高域。埋没せず、瑞々しく、馥郁たる倍音を響かせる中高域。力感、量感に溢れヌケが良く、身体を透過するかのような低域。全域を過不足なく制御。スピーカーの真価を存分に引き出す。

A-250イコール「坂の上の雲」(色々な意味で終着駅、到達点、最高峰)といったところか。ちなみに、「坂の上の雲」は、司馬遼太郎さんの小説です。

試聴会時、その能力に目を耳を疑わずにはいられませんでした。特に、レコード再生。ソニー・ロリンズのサックスが、マックッス・ローチのドラムが、松任谷由美が、最後の曲になった美空ひばりの「川の流れのように」の歌唱が、B&W800Dの上方の空間で乱舞。映画館のスクリーンに映し出されたかのような、いや、平面的な映画館の映像より奥行きがあり、音の粒子が上空から降り注がれる音場とそこに投影される音像が展開されました。

あまりにも驚愕の風景(聴感)。アキュフェーズ営業の小串さんにその現象の理由を尋ねたが、「分かりません」との事。

「坂の上の雲」の上があるのか?。ヒントはこのような現象にありそうだ。レコード再生時の音像と音場を自在にあやつることが出来れば、音楽再生にもっと幅が出る。A-250を深化させた。もしくは、違った世界を表現できそうだ。「アンプ屋」・アキュフェーズの継続的な改善、技術革新努力に寄せる期待は大きい。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-650・・前作に比べ、格段のキレ味

DSC_0407

アキュフェーズ E-650。73万円。C-3850とA-250、C-2450とA-47の組み合わせと比較試聴。新人さんには少々、荷が重いと思ったが、意外に大健闘。

前作、E-600と比べ、格段のキレ味。AB級アンプを彷彿とさせるスピード、躍動感が素晴らしい。高SN比と高解像度に裏打ちされた澄み切った音場。滲みが少なく純度の高い音の輪郭。歯切れがよく、中域を中心とした音創りが感じられる。中域、中低域は繊細ながら高密度、高レスポンス。力強い低域表現、高域は鮮明に響き渡る。E-600より音数が多く、一音、一音が明確だ。

試聴会中、同社営業の小串さんが「もし、自分が購入するとしたら、3種のアンプ、どれにしますか」との提案。実際に自分が購入を前提に試聴、終了後、挙手してもらいました。E-650が約70万、C-2450とA-47の組み合わせが約140万、C-3850とA-250が約430万円ほどです。試聴者は8名。結果、E-650が3名、C-2450が5名、C-3850がベースマン店主のみ、という結果でした。店主の今後(お店かな?)の決断(A-250導入という意味です)に期待が高まります。

趣味として、アンプに150万ほど浪費しても、いたし方ない、もしくは費用をかけたいという事でしょうか。CDプレイヤー60万、スピーカーに100万として、計310万円。うーん、車一台分。この辺が、一般の人たちの限界といったところでしょうか。おっ、E-650にして、CDプレイヤーを430にすれば、200万ほど・・・。夢想すると楽しい!?。

追伸、なお、年が明け、2018年の二月。じっくりと店主が聴いたところ「高域に少々、難点があるような気がしました・・」との事です。

追伸 2018年、3月某日、ネットワーク・オーディオとしてDAC-50をE-650に装着、パソコンにダウンロードした音源で再生。スピーカー、プリメインアンプ、パソコンの三機種による再生。音質は落ちますが、これからのオーディオ、この3つのシンプル構成が、「モア・ベターな選択かも」と感じました。なお、2018年9月、パワー・アンプA-250が導入されました。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコリバ、アキュフェーズの比較試聴は自宅で作ったカレーの味!?

DSC_0427

アコースティック・リヴァイブ XLR-absolute-FM(左)。アキュフェーズ ASLC-15(右)。バランスケーブルをアキュフェーズ試聴会時に比較。参加者は15名。試聴はC-3850とDC-950間接続で。

意外な結果。8対7でアコースティック・リヴァイブでした。意外というのは、二者どちらがまさろうと偏った票になると予想。

アコリバは、「若々しく派手な音」。解像度、SN比、広帯域が評価され、いわゆるドンシャリな音(高域をシャリシャリ伸ばし、中域は、薄く、低域をドンドン出す)に聴こえるといった点がマイナス要素。アキュフェーズは、「大人しく地味な音」。フラット基調(強調した帯域がない)、低歪みが高印象。SN比、解像度、音の瞬発力で評価を下げました。

興味深い結果でした。鮮烈な音と大人しい音。アキュフェーズのアンプを「ドンシャリ」と評する方もベースマンのお客様の中にいらっしゃいますが。例えるなら、自宅で作ったカレー。作った直後は、スパイシーな辛さで鮮烈な味。一晩、置くと、あら不思議。熟成してまろやかな味に変化。アコリバは前者、アキュフェーズは後者。「さあ、あなたはどちらが好み?」。

俺としては、二本所有したい。アコリバは、爆音、ハイスピード系音楽で。キングクリムゾンの「レッド」。「俺のシステムもレッドゾーン・ダンシングだ!!」とわめきながら(心の中で)暴力的なサウンドに酔いたい。一方、アキュフェーズは、クラシックなどで。指揮者、オットー・クレンペラーのモーツァルトの交響曲36番「リンツ」。スローテンポで低音が末広がり、重量感溢れる演奏をゆったりと安楽椅子に体を休め、紅茶でも楽しみながら「人生、こうした時間を持つべきだよね」と思いたい。ん?、待てよ。クレンペラーは、堅忍不抜だったが、傍若無人、奔放不羈を絵に描いたような人。アコリバのほうが似つかわしいかな?。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ技術部長山本さんが、試聴に使用したCD四種

DSC_0431

アキュフェーズ技術部長・山本さんが、試聴会で使用したCD。この四点は、必ず試聴してもらうとの事でした。特に、フォープレイのCDがA-250の能力を存分に発揮。

「ノイズが少なく、音の消える瞬間が判る、SN比の良さが感じられるディスクです」

左端のデスクから。時計回りに。

①手嶌葵(てしまあおい)さんの「THE ROSE -I Love Cinemas-」から一曲目、「The Rose」。試聴のポイントは「耳になじみのよい人の声、肉声の良さ。ノイズが少なく、声が空から降ってきます」。Amazonで66件のレビュー。88%が五つ星!。ビックリ仰天。2.255円。ヤマハミュージックコミュニケーションズ。

②神尾真由子さんの「VIOLIN ENCORES」から6曲目、「愛の挨拶」。試聴のポイントは「(普段)良く聴いている楽器の響きです」。2.587円。SMJ。

③菅野邦彦さんの「ポートレート」から8曲目、「シェルブールの雨傘(Les Parapluies Cherbourg)」。試聴のポイントは「最初のカーン、(指の)打点が見え、オーディオ的にピアノの音を再現して、ピアノに首を突っ込んだように聴こえるところです」。3.888円。オクタヴィア レコード。

④フォープレイの「BETWEEN THE SHEETS」の一曲目、「Chant」。試聴のポイントは、「A-250のトルク感、低音をグッと捻じ伏せる制動力。(また)グググッと動かす駆動力。ドラムの音が固まらず、ヌケがよくにじまない」。1.000円ほど。ワーナーブラザーズ。ドラムの音は、どう表現して良いか判らないほどオーディオ的、ノイズが無く、音楽の背景が静かでした。

フォープレイのCDは、ネットで検索したら廉価、数点、名作があるので購入しようと思ってます。ただ、試聴会でのドラムの音は聴けないな。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 2017初冬 アキュフェーズ試聴会・・現代ハイエンドモデルの能力を完璧に披露!

DSC_0423

アキュフェーズ A-250を筆頭に試聴に向け待機中の同社フラッグシップ機器群。DG-58で音場再測定の準備をする山本技術部長。二日目の試聴会に向けぬかりはない。

11月25日、26日の二日間、アキュフェーズの試聴会が行われました。店内は高さ6m、縦、横6m、天井の高い教会の礼拝堂風。

降り注がれる音の粒子。一音、一音がアキュレート。ノイズが払拭され歪み、混濁のない空間。そこに正確で繊細、ふくよかな響き、立体的で高密度、存在感の強い音。瞬発力に優れ力強く、消えゆく余韻が名残惜しい。

ジャズ、スピーカーの上空、2mほどの空間にサックスがドラムが出現。声楽も同様だ。澄み切った壮観な舞台に歌姫が降臨する。ロックのライブ!。演奏者、観客の発する音、ざわめきが聴こえる。現場の生音を全て再生。弦楽器が管楽器が打楽器がすべての楽器が聴き手に向かって音を出す。聴き手は指揮者となった。それが、オーケストラ。

現代ハイエンドモデルの能力を完璧に披露!。これが、アキュフェーズ。そして、ベースマン。

見たことも聴いたこともない音がここにある。これがオーディオ・ベースマンが求めた音。オーディオ再生ここに極まれり!。

「・・これまで以上に、アキュフェーズの製品の紹介に努めてまいりたいと思います」店主が試聴会を締めくくった。