2017年11月

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ AC-6 その①・・俺たちはアンプ(増幅器)屋!

  • 2017.11.30

秀でた音の瞬発力。キレ、シャープさが新鮮味を与え、密度は高いが、優れた解像力を持ち、重苦しさ、堅苦しさ、弛緩といったものを排除。ノイズ、歪みが極小。針を落とした一瞬で、前後左右、上下に奥行き、深みのあるステキな音楽空間を構築。的確なダンピン […]

日本酒 酒徒礼讃 新潟県加茂市 越の雪椿 ひやおろし 旬熟一番あがり・・強い酸味と濃厚な甘味

  • 2017.11.24

越の雪椿 ひやおろし 旬熟 一番上がり 限定品 純米吟醸原酒。 強い酸味と濃厚な甘味。「越の雪椿 純米吟醸」が淡麗な粧(よそお)いといった味。それに比べ、濃厚で強酸、後味がややしつこく、味を立体的に構成し奥行きを醸し出し、趣を異にしている。 […]

日本酒 酒徒礼讃 京都伏見区 京姫 匠 純米吟醸原酒・・またまた、東男、京女にイチコロ!

  • 2017.11.24

京姫 匠 ひやおろし 純米吟醸原酒。 今までに飲んだ酒の中で一番の芳しき香り。米の饐えた濃い香り。口に含むと口の上部を甘酸っぱい酸味が直撃。ドバドバと口内に唾液が湧き出てくる。その直後、(立体的で果樹的な)旨味が現れた。かと思うと又、酸味、 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり modrade(マドレード) e-Terminus・・仮想アースは、摩訶不思議!?

  • 2017.11.20

アキュフェーズのフォノイコライザー、C-37に接続。中域、高域の音の立ち上がりを早くし、倍音を整え、輪郭を際立たせる。くもり、混濁といったものを排除、SN比も強化されコントラストの高く、キレのある音に変化。クセがなく自然に音質が向上する。 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコリバ SPケーブル SPC-TripleC・・単芯導体の特徴、利点を伝える

  • 2017.11.20

全帯域を引き締め、入力に対する出力反応が早い。分解力に優れ音のコントラストが明確で混濁がなく透明感がある。鮮度の高い情報を提供。特に、低域は、ダンピングを強烈に利かせ陰影の強い立体的な音像を引き出し、スピード感溢れるヌケのよい音で爽快さを聴 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ RCI-3H・・ぺっこ解像度アップ

  • 2017.11.19

ぺっこ(少し)解像度アップ。岩手地域の方言で少しのことを「ぺっこ」といいます。 SPケーブルなどを床やカーペットに直に這わせると音質的には不利になります。音が混濁するというのが一番困った現象でしょう。大型の洗濯バサミなどで浮かせる方法も安価 […]

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ A-50V・・再生には儀式が必要!?

  • 2017.11.19

アキュフェーズの儀式(電源を入れて一時間ほど本領を発揮しない。で、待つ)。熱くて夏は最悪だ。A級アンプは発熱が大きい。東北の岩手、釜石といえど、夏の日中、最高気温は35度を超えることもしばしば。12畳ほどの広さの部屋だが、夜、窓を開けても熱 […]

オーディオベースマン 見たり聴いたり アコリバのPOWER REFERENCE TripleC・・岩手は一関、「ベイシー」の音!!

  • 2017.11.14

この音は聴いたことがある。岩手  は一関、「ベイシー」の音!。 マイルス・デイヴィスの「MILESTONES」。曲が終わると店主、細川さんが一言「こんなにタンギングがはっきりと聴こえたのは初めてですよ!」。 高SN比、高解像度、高レスポンス […]

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり ブロッドマン VC1・・白眉はモノラル再生!!!

  • 2017.11.07

ブロッドマン VC1。音楽のジャンルは問わない。ウェラー弦楽四重奏団は「颯爽と」、ウィーンフィルは「典雅な佇まい」。キースジャレットは「純粋・純真」。エリー・ナイの「剛健」なピアノタッチ、キングクリムゾンの爆音に「慄然」となるが、プリプリ( […]