オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ AC-6・・俺たちはアンプ(増幅器)屋!

DSC_0420

アキュフェーズ MCカートリッジ AC-6 「俺たちはアンプ(増幅器)屋」という自負を如実に表す同社最小の機器。テクニカ AT-ART9、フェーズメーション PP-MONOと比較試聴。

秀でた音の瞬発力。キレ、シャープさが新鮮味を与え、密度は高いが、優れた解像力を持ち、重苦しさ、堅苦しさ、弛緩といったものを排除。ノイズ、歪みが極小。針を落とした一瞬で、前後左右、上下に奥行き、深みのあるステキ音楽空間を構築。的確なダンピングを効かせ濃厚で快活、力感に溢れる低域。中域の倍音は明確でふくよか、高域は繊細、極細に伸び、最高域でも輝く。高精度、ナチュナル、人肌の柔らかさ、暖かさといった要素も加味。円盤(レコード)の溝のあらゆる情報を引き出す。やや、低域よりで重心の低い音質。中高域よりだったAC-5から変化。

オーディオ的性能を要求し、かつ、音楽に浸るように聴きたい人向け。もちろん、所有欲も十分満たす!。

比較試聴では、モノラル録音レコードを再生、C-3850をMONOモードに設定。AC-6(約40万)、PP-MONO(約20万)、ART9(約10万)という価格差通りの結果。AC-6が、すべてのオーディオ的要素(高SN比、高解像度、優れた高域特性、広帯域)で圧倒。但し、PP-MONOは、「音の芯のある奥行きのある音質」、ART9は、「全域がフラットで音の伸びがいい」と魅力がある。両社とも価格を十分満たす性能。

その昔、アキュフェーズに興味がなかったころ、「俺たちはアンプ屋、増幅技術を活用した製品しか創らない」という。だから、スピーカーなどを創らないとの記事を読んだ記憶が。「ふーん、そうなの。そのうちに手詰まりになるんじゃないの」とその時は思った。けど、使用するとまさに、それを裏付ける製品群。得意技術に特化、技術を進化、深化させ隙間(ニッチ)な分野で圧倒的な存在感を見せつける。中小企業としては理想的な経営と言わざるを得ない。

使用中のヴァン・デン・ハルのSPケーブルにやや似た傾向の音質。一秒、聴いただけで気に入ったが、37万円。ウーン、ウーン、言わずもがな・・である。

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 新潟県加茂市 越の雪椿 ひやおろし 旬熟一番あがり・・強い酸味と濃厚な甘味

DSC_0446

越の雪椿 ひやおろし 旬熟一番あがり 限定品 純米吟醸原酒。札に「旨さ繊細」とあるが、濃厚でガッチリした力強い酒である。

越の雪椿 ひやおろし 旬熟 一番上がり 限定品 純米吟醸原酒。

強い酸味と濃厚な甘味。「越の雪椿 純米吟醸」が淡麗な粧(よそお)いといった味。それに比べ、濃厚で強酸、後味がややしつこく、味を立体的に構成し奥行きを醸し出し、趣を異にしている。熟成を進めた酒という点では大成功。酒徒はこの変化、濃厚辛口にもろ手をあげて大歓迎。ここまできたら、同社の技量に磨きをかけ、五年、十年と熟成を重ね、手間ひまをかけた酒の創造に期待をしたいものである。もちろん、その技量を価格に反映されても味が十分なら納得できるであろう。

新潟県加茂市仲町三番十四号 雪椿酒造㈱ 越の雪椿 ひやおろし 旬熟 一番上がり 限定品純米吟醸酒 1.254円。

 

 

日本酒 酒徒礼讃 京都伏見区 京姫 匠 純米吟醸原酒・・またまた、東男、京女にイチコロ!

DSC_0456

京姫 匠 ひやおろし 純米吟醸原酒。西日を浴びる熟柿と青空のコントラストが素晴らしい。もちろん、酒の味も。熟柿を見てると酒の甘味を思い出させる。札に「余韻良し」とある。

京姫 匠 ひやおろし 純米吟醸原酒。

今までに飲んだ酒の中で一番の芳しき香り。米の饐えた濃い香り。口に含むと口の上部を甘酸っぱい酸味が直撃。ドバドバと口内に唾液が湧き出てくる。その直後、(立体的で果樹的な)旨味が現れた。かと思うと又、酸味、いやいや、また旨味。酸味と旨味の時間差攻撃!。ああ、濃厚!。飲み込んだ後も二つの味の余韻が素晴らしい。

Natunal aroma 、Rich taste 、Smoth Finish。東男、今回も京女にやられました。

一合飲んで、ほろ酔いになったあたりから後味に苦味も出てくる。

冬に仕込んだ新酒を夏の間ひんやりとした蔵の中でゆっくりと寝かせ、秋の訪れと共に出荷する季節限定酒。秋の味覚と合わせて旬の味わいをご堪能ください。・・と札にある。来年も期待。

京都府京都市伏見区山崎三六八番地一  ㈱京姫酒造 京姫 匠 ひやおろし、純米吟醸原酒 1.254円。 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり modrade(マドレード) e-Terminus・・仮想アースは、摩訶不思議!?

DSC_0388

modrate (マドレート) e-Terminus ET-01 BK/SL 製品名がアルファベットだらけで電子部品のよう。 定価70.000円ほど。仮想ということで写真も本体がアコリバのボードに浸食されたかのように写しました。

アキュフェーズのフォノイコライザー、C-37に接続。中域、高域の音の立ち上がりを早くし、倍音を整え、輪郭を際立たせる。くもり、混濁といったものを排除、SN比も強化されコントラストの高く、キレのある音に変化。クセがなく自然に音質が向上する。

この種のアクセサリー、何故、音質が向上するのかはっきりとわからないみたい。アース素材、構造も色々で摩訶不思議な作用。うまく騙されそうな気が・・。ただ、効果があるのは、現実。ベースマンとしてはマドレートはオススメ。

導入に関しては、まず、スピーカーの最適な位置を探り当て、電源ケーブなどの機器類を強化、音を整えた後、機器に付け加えた方が無駄な投資にならずに済みそう。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコリバ SPケーブル SPC-TripleC・・単芯導体の特徴、利点を伝える

DSC_0400

アコースティック・リヴァイブ スピーカーケーブル SPC-TripleC。写真の見た目はロボットに電気供給しているみたい。シングルワイヤーで、68.000円/mとバイワイヤーアダプター BWA-4 10.800円(二個)。

全帯域を引き締め、入力に対する出力反応が早い。分解力に優れ音のコントラストが明確で混濁がなく透明感がある。鮮度の高い情報を提供。特に、低域は、ダンピングを強烈に利かせ陰影の強い立体的な音像を引き出し、スピード感溢れるヌケのよい音で爽快さを聴き手に与えるといったところか。

アコースティック・リヴァイブのSPケーブルは単芯導体の特徴、利点を余すところなく伝えているのかな?。

ただ、SPケーブルを繋いだバイワイヤーアダプターとバナナプラグ間の接続にもTripleC単芯導体が必要だろうから(別な導体では音が変化する)、お金の心配が拭い去れない。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ RCI-3H・・ぺっこ解像度アップ

DSC_0392

アコースティック・リヴァイブ ケーブルインシュレーター RCI-3H。定価18.000円。ケーブル受けに信号の送り出し側と受け側の方向指示あり。

ぺっこ(少し)解像度アップ。岩手地域の方言で少しのことを「ぺっこ」といいます。

SPケーブルなどを床やカーペットに直に這わせると音質的には不利になります。音が混濁するというのが一番困った現象でしょう。大型の洗濯バサミなどで浮かせる方法も安価で効果がある、もしくは効果があるような気がします。これは、自身で体験しなければ分からない世界です。アクセサリーの効果がわからない方もいらっしゃるかと思います。が、効果を実感しない時は、素直に「わからない」でいいと思います。自身に効果的な物を探すのもオーディオの「楽しみ」です

さて、アコリバのこの製品。アクセサリー(小物)としては高額だと思う。しかし、カタログに謳っている効果は感じられなくとも、何か自身が愛聴するオーディオセットに対して何かを付け加えたい、視覚的に変化を付けたい。センス良くケーブル周りをまとめたいと思うときは、このアクセサリーは重要な役割を果たす、と思います。

写真の状態で、聴いた感じでは、混濁が取れ、色々な音が聴こえてきます。音が澄み、解像度があがりました。低中域が明瞭に、高域に音が伸びていく感じも。ただ、硬くなったという気も少々・・。

アコースティック・リヴァイブは、自宅試聴にアクセサリーの貸し出し可能なメーカーということです。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ A-50V・・再生には儀式が必要!?

DSC_0377

アキュフェーズ A-50V。電源を入れて一時間ほどしないと本領を発揮しない。現行品も同様。それ、アキュフェーズ一族の共通した特徴?。再生には儀式(一時間ほど再生しない)が必要!?。

アキュフェーズの儀式(電源を入れて一時間ほど本領を発揮しない。で、待つ)。熱くて夏は最悪だ。A級アンプは発熱が大きい。東北の岩手、釜石といえど、夏の日中、最高気温は35度を超えることもしばしば。12畳ほどの広さの部屋だが、夜、窓を開けても熱い。まるで、炬燵布団をかけず、電気コタツを使っているかのよう。7月から9月までは熱さでスイッチを入れる事をためらうこともしばしば。フフフ、その時は、トライオードのA級真空管アンプ、TRV-A300SEを駆動。天井の高いベースマンですらA-200を二台使うと、6月から10月は室内が熱くなり、エアコンが必要。エアコンをいれると音がイマイチ、店主も頭が痛い。A級アンプを導入する方はくれぐれもご用心めされ。

とはいうものの、出力メーターを排除、液晶表示のみのパネルデザインは気に入っている。性能は現行品、A-70よりずっと落ちるのはやむを得ない。が、電源ケーブルをミストラルに変え、もともと気に入っている中低域から中高域にかけて質感を強化、弦楽四重奏曲がよく聴こえるよう工夫。インターコネクトケーブルが「ステレオ誌」の自作RCAケーブルなので今後この辺を十年ぐらい時間をかけて変えていく。これ、オーディオの楽しみの一つ。

10月以降は気温が低くなり、A-50Vがその実力を発揮、暖かくぬくもりを感じさせる。あくまでも、オーディオ機器としてで、暖房機器としてではありません。

 

オーディオベースマン 見たり聴いたり アコリバのPOWER REFERENCE TripleC・・岩手は一関、「ベイシー」の音!!

DSC_0384

アコースティック・リヴァイブ POWER  REFERENCE TripleC(パワー リファレンス トリプルシー)。38万円。輸出モデル。

この音は聴いたことがある。岩手  は一関、「ベイシー」の音!。

マイルス・デイヴィスの「MILESTONES」。曲が終わると店主、細川さんが一言「こんなにタンギングがはっきりと聴こえたのは初めてですよ!」。

高SN比、高解像度、高レスポンス、高純度、高精度。各帯域を強力なダンピングで音の輪郭を克明に刻み、明確なセパレーションで立体的な音像を構成。そうでありながらも音が体を貫通するかのようにヌケがいい。左右のB&W800Dのダイアモンドツィーターのセンター上部50センチほどの空間にマイスルのトランペット🎺が出現。カウントベイシーの「四月のパリ」、音源に「喝!」を入れた如く躍動感、臨場感に満ちた音に店主、狂喜乱舞。体(オーディオ機器)に悪いクスリでも使用したかの様。

異次元、衝撃のサウンド。リアルなジャズを聴きたい人はもろ手を挙げて大歓迎。キングクリムゾン、ヴァンゲリスなどハードロック、フュージョン、興奮のるつぼ、迫力満点。思わず、拳を天に突き上げたくなる。

試聴は、電源タップ、SPケーブル、バランス、アンバランスケーブルにも同社の製品を使用。クラシック等の分野の曲を聴くと10分もすると飽きが来る。何故かな?。自身のシステム、どこか一か所に豪華一点、画竜点睛で使うのがベター。

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり ブロッドマン VC1・・白眉はモノラル再生!!!

DSC_0378

ブロッドマン VC1。モノラル録音再生に最適。価格は140万円ほど。工芸品かと見間違える仕上げ、シンプルで飽きの来ないデザイン。ライトウエイトかつスモールビューティー。音楽の古都、ウィーンの傑作。オススメの色はパーチ色。

ブロッドマン VC1。音楽のジャンルは問わない。ウェラー弦楽四重奏団は「颯爽と」、ウィーンフィルは「典雅な佇まい」。キースジャレットは「純粋・純真」。エリー・ナイの「剛健」なピアノタッチ、キングクリムゾンの爆音に「慄然」となるが、プリプリ(プリンセス プリンセス)の「キュートさにニコリ」とし、ハイフェッツの「切れ味に唖然」。

高SN比、高解像度、広帯域、高域特性に優れ、音のコントラストを際立たせながらも、柔らか、しなやか、馥郁たる音調。全帯域において倍音の質感を損なわない。絶対能力では最新B&Wに及ばないかもしれない。が、「志の高い音」「何か(音楽)を教えてくれる」と店主に言わしめたスピーカー。

入門機種のプリアンプ(5、6万円台)の駆動でも魅力的な再生音であることを付け加えておきます。

高域は、満天の星空を駆け抜け、消えゆく流れ星の如し。ヴァイオリン、シンバル(ジャズもオーケストラも)、ピッコロといった楽器の最高域の純粋で混濁のない儚く消えゆく研ぎ澄まされた音色を再現。中域は、一陣の風で月影揺れる水面(みなも)。ビオラ、チェロ、ファゴットといったオーケストラの音に埋没しやすい倍音をほのかにただよわせる。低域は、ターミネーター(Terminator 明暗境界線)のごとく際立ったコントラスト。絶妙なダンピングで厚く響く骨太のサウンドを構築。グランカッサ(大太鼓)の質感は聴き手を圧倒する。音の立ち上がりの速さ、均等なエネルギー密度で帯域を広げ、立体的な音像、奥行きのある音場を形成。リアルな音楽空間を演出、ウーハーが内側にあることを忘れさせる。

白眉は、モノラル再生。スピーカー間のど真ん中に音が集中する。デッカ、ウエストミンスターのモノラル・レコード、オーパス蔵、グリーンドア音楽出版のモノCDなど、現在聴いても新鮮な再生音は筆舌に尽くし難い。モノラル再生マニアに捧げたい!!。1mからのニアフィールド・リスリングで「ソッと」鑑賞するのも乙(オツ)なもの。

SPセッテイングのうまい八重樫さん曰く「(うまく鳴る)位置が多く、セッテイングが楽」との事。敢えて、欠点を探すと、SP間に再生空間が限定されるような気が。しかし、ウーハーを外に向けての再生もグッドチョイス。ベースマンで3セット納入実績。2015年の試聴会時、終了しても立ち去る客は皆無。

サイズは、927×160×245㎜ 13㌔。軽量。再生音が気がかりなら、福田雅光さんの自作オーディオマジックボード上を少々、移動。音を調整、素晴らしい再生音を得た時が至福の始まり。

2014年の福田雅光さんの評価コメントによると「・・VC2、VC7でないのは、最もオーソドックスに完成しているからだ。本格的な低音の深いエネルギー、バランス、解像力、高いSN比。高密度に整えあらゆるプログラムを納得させた。低音は制動力を効かせ力のある響きに驚く。正確な表現力で彫りの深い音像を構成する」

なお、上位機種のブロッドマンVC2の濃密で壮大な音場も捨てがたい。店主の評価は「高域が乾いている・・」。