オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ・・驚愕の解像度とお値段だが・・

DSC_0372

単調な色(黒が多い)のアコースティック・リヴァイブ製品に華やぎを与えたお二人。左がオーディオ ライターのKanon(カノン)さん、右が同社 PR&Managerの岩谷 愛美さん。

100万円のアコースティック・リヴァイブ XLR-absolute-FMを筆頭にした同社の試聴会が28日(土)に行われました。

試聴は、電源ケーブルから順次、電源タップ、各種ケーブルを機器に取り付けつづけ、外さずにそれぞれ効果を確認。ボード、インシュレーターなどアクセサリー類もドンドン追加しつつ、最後の100万のケーブルで音を締めくくりました。100万のケーブルは二週間ほど店にあります。そのほかの製品は貸出可能なのでベースマンにお問合せのほどを。

同社の音は、言ってみれば「解像度モンスター」。高SN比、高解像度で音を表現する。静寂で 透明感があふれる音場空間、音が立体感を持って林立する音像。陰影感も強く全域に渡ってコントラストの高い音色は、ダンピングで強烈に引き締められ明確で的確、密度は一定。高域は繊細に伸び切るのではなく、太く実在感が強い。中域は余計な倍音成分を取り除いたかのように純粋。低域は、重量感を感じさせず、軽量でスピードとキレのある音色。なめらかさ、うつろいといったものはなく、すごく硬質感が強い。が、冷たい印象にならない。硬質感の強い点で好みが分かれそう。同社の機器を付け加えるほど硬質感が強くなり、ボードを設置したあたりから効果が明確に出ずらくなったと思う。くすみ、混濁も排除され色々な音が聴こえるのは、結構だが、録音対象にマイクを強引に密着させて音を拾ったかのような印象になり、音が調和しないような気が。

同社製品てんこ盛り。てんこ盛り過ぎたと思います。総額はいかほどのお値段だったのでしょうか?。計算する気にはなりませんが・・。

試聴会中、女性ボーカルに傾斜した選曲は一考の余地がありかなと。おそらく、参加者がCD等、音源媒体を持参してきていると思われるのでそれを使用するのも手かな・と。また、てんこ盛りをやめて試聴機種を絞り込んだほうが、望ましいかと。試聴会で、約1名、「電源コンディショナー RPC-1」に飛びついた方がいらっしゃいます。ベースマンにおいては、試聴会中に「この製品だけで、試聴したい」と言ってくる人もいると思うので、その辺の自由度は演出して欲しい。

試聴会終了後、商談成立で売る方側、買う方側ともに「メデタシ、メデタシ」できれいに終わらせようではありませんか!?。

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 福島県二本松市竹田 大七 生もと・・酒を注ぐと、「オッ、いい香りだ!」。950円、「オッ、安い!」

DSC_0416

大七 純米 生もと(漢字は、変換してもでてきませんでした。ちなみに、40年前の漢和辞典にも載ってませんでした)。

大七 純米 生もと。

徳利に酒を注いだ時「オッ、いい香りだ!」。思わず、声がでた。爽やかな酸味、その後にほのぼのとした、馥郁(ふくいく)たる米の旨味。喉に酒を流し込むとサッパリした酸味が口の中に残る。酸味と旨味のベストマッチング!!。澄み切った酸味の中に穀物の旨味をやや濃いめに表現したところが秀逸。米の旨味の単調さだけでなく、果樹酒のような複雑な旨味になっている点も素晴らしい。

飲み飽きない濃厚な旨味を追求した逸品。

東北新幹線が開通してない頃、岩手から東京まで、東北線の特急を使用。途中、殺風景な山々を車窓越しに眺めていると酒は大七」と白く大書した看板が・・。それが、福島通過中の合図でした。

福島県二本松市竹田一丁目六十六 大七酒造㈱ 大七 純米 生もと 950円。

 

 

日本酒 酒徒礼讃 青森県上北郡おいらせ町 純米吟醸 桃川・・軽快であと味勝負の酒

DSC_0418

純米吟醸 桃川。純米酒は、米の旨味無くガッカリ。ぐい呑み 志野古瀬戸。

おいらせ流 純米吟醸 桃川。

米が発酵するときのかすかな甘い香り。口に含むとやや淡い酸味が口蓋に広がる。ジワリと僅かな旨味。旨味が強調されない分、軽い飲み口の酒に仕上がっている。最後の一滴を飲み込んだ後、口の中でこの酒の味が再び蘇る。奥行き、陰影感、華やかさを演出といった風情はなく、清冽、清純、透明なこの酒の印象は奥入瀬渓流を連想させるのに十分。

「奥入瀬川清流水を仕込み水に青森県産米を使用して南部杜氏、一級酒造技能士が丹精込めて醸したまろやかで飲み応えのある純米吟醸酒です」と裏のラベルに。

飲み応えはないが、軽快であと味勝負の酒だ。

青森県上北郡おいらせ町上明堂112 桃川㈱ おいらせ流 純米吟醸 「桃川」 1.050円

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 長野県岡谷市 大吟醸 神渡(みわたり)・・味は優しいが何かしらの執念を感じさせる 

DSC_0077

大吟醸 神渡(みわたり ミワタリ)。色々と瓶表の貼り紙に宣伝文句が書いてある。味覚ポイントも書いてある。書き込み過ぎ。何でも入っている幕の内弁当みたいで、日本的発想。でも何故かそれが、微笑ましい。

大吟醸 神渡(ミワタリ) 酒の王 みわたり 日本ノ地酒 美しい信州の酒 信濃諏訪生産原産地元詰。

果樹酒のような柔らかく、濃い香り。薄い黄色のトロリとした液体が盃を満たす。口に含むと柔らかな酸味、かすかな旨味を楽しめる。濃厚な舌触り。一方で、口の中で味がふくらみ柔らかな感触。飲み込むとやや抉味(えぐみ)、苦味を味わせなが酒が終わる。甘味が少ない分、食前酒にはもの足りないが、トロリとしてフワッとくる濃厚さが持ち味。

ブログに載せるため瓶に貼ってある丸いラベルをよくよく見た。「生粋地酒 JUST 1 COIN 地酒大吟醸」とある。さらによく見ると味の説明文が非常に細かい字で。「極寒の地、信州諏訪の平で丁寧に醸しだされた大吟醸酒です。心地よい吟醸香と柔らかく広がる米の旨味と上品なキレをお楽しみいただけます」。ここまで書き込まれると、味は、優しいが何かしらの執念を感じさせる。

長野県岡谷市本町三丁目九ー ㈱豊島屋 大吟醸 神渡(ミワタリ) 酒の王 580円 

日本酒 酒徒礼讃 岩手県陸前高田市 酔仙 特別純米 生貯蔵・・・酔仙テイストを知るのに最適。

DSC_0041

酔仙 特別純米 生貯蔵酒。写真は平成28年秋のもの。夫婦で稲木(いなき)に吊るし天日干しされた稲を脱穀。のどかな秋の一日。

酔仙 特別純米 生貯蔵酒。

口に含んだ瞬間、生々しくも初々しい米の酸味が舌全体に乗る。清々しい味だ。その後、旨味がジワッと口中に広がり最後は、若干の苦味を残して口内かた喉に滑り落ちる。充分に満足な酒である。300ml小瓶なので同社の味の傾向を知るのに最適。

今年、平成29年は、三陸地方は8月の長雨と日照不足で作柄は不良。遠野地方は、天候不良の影響は少なかったという。というものの例年に比べ、稲の刈り取りの終わった田んぼに稲木(いなき)を組んで稲を天日干しといった風景が少なかったような気が・・。

酒造りに影響がなければいいのですが。

酔仙酒造㈱ 岩手県陸前高田市高田町字大石1-1 酔仙 特別純米 生貯蔵酒 450円ほど。

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 岩手県陸前高田市 特別純米酒 多賀多・・杜氏の「どうだ!」という声が聴こえる逸品

DSC_0397

特別純米酒 多賀多。酒盃・江戸前期美濃「綾部菊花文筒向う見立て酒盃」。後ろの杉は、樹齢数千年の杉の切り株のド真ん中に根をおろした。陸前高田の「奇跡の一本松」も凄かったが、この杉も生命力旺盛だ。自然界の生存競争の苛烈さを具現化した早池峰神社の奇跡

特別純米酒 多賀多。

これは美味い。口に含んだ瞬間軽い酸味が。飲み込む始めるとやや甘いともとれる旨味が現れる。と思うと「グッ、グッ、グッ」と酸味が強まる。三段構えの酸味。杜氏の「どうだ!」という声が聴こえる。その手ごたえ(?)、感覚は釣り竿で魚をかけた時のごとし。「クッ、クッ、クッ」と引きの強さが徐々につよくなるのと一緒。口の中に広がった酸味、その中心には「陸前高田ひとめぼれ」の旨味の余韻を濃厚に堪能させて酒が終わる。杜氏、乾坤一擲いや十全にその腕を振るった逸品だ。

酒名、「多賀多」は当て字のような気がする。言わんとする所は理解できますが。使用できれば「高田」と率直に表現したほうがいいような気が・・。

岩手県陸前高田市高田町字大石一の一 酔仙酒造㈱ 特別純米酒 多賀多 1.296円。

 

 

日本酒 酒徒礼讃 新潟県新発田市 菊水 一番しぼり・・熟しきった柿ような甘味に魅力が

DSC_0404

ふなぐち 菊水 一番しぼり。徳利は、桃山期古備前「古備前窯変肩衝徳利」。青緑色の冷ややかな四合瓶、崇高に神々しい境内。木漏れ日が古備前徳利の緋色の「赤焼け」の発色を引き立てる。

ふなぐち 菊水 一番しぼり。

「濃厚芳醇なその味わいは、ほとばしる旨味で凝縮されています」とビン裏のラベルに書いてある。

旨味で凝縮というより、爽やかながらも奥行きのある深い酸味で濃厚芳醇な味わいを構築していると思う。その味わいは、熟しきった柿のような甘味。後味に果樹の甘酸っぱい酸味を残す。開封して一日置くとさらに味の深みが増す。甘い酒が好みの酒徒向け。

新潟県新発田市島潟七五〇 菊水酒造㈱ ふなぐち 菊水 一番しぼり 620円(運よく半額品を購入できました)

日本酒 酒徒礼讃 京都伏見 純米吟醸 玉乃光・・四合瓶がハイカラなので再登場!! 

DSC_0400

玉乃光 純米吟醸。300mlの無味乾燥な瓶に比べ、四合瓶の方が彩りがある。ハイカラな感じで、こちらの方が、京都の酒という感じがする。酒盃は、桃山古唐津「奥高麗筒酒盃立ちぐい」 ヤフオク mukashigatarisorekaraさんより分譲品。

玉乃光 純米吟醸。

凛冽な酸味が旨味を引き締め、ふくよかな米の甘味を演出。その甘味がサッと引く切れ味が爽快。

撮影場所は、岩手県遠野市の早池峰神社。樹齢数千年の杉の朽ちた切り株が台座。奥に、ぼやけて見える門は「早池峰神社の中門(別名 黒門)」。建立は、江戸時代 慶応二年(1866年)。

早池峰神社の境内、参道沿いには、杉の大木の朽ちた切り株が多数。なんでも、5、60年前、お金に困った当時の神主が、伐採して売り払ってしまったとか・・・。現存していれば、大木の幹と枝葉を通して微かに木漏れ日が差し込み、陰影感に満ち、神秘的で荘厳、幽玄な境内となっていただろう。惜しいことをした。9世紀に建立されたが今は、ちと明るすぎ、歳月の積み重ねを感じない。

京都市伏見区東堺町 545-2 玉乃光酒造㈱ 芳醇凛冽 純米吟醸 玉乃光 1.100円ほど。

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり 中村製作所 NXP-001・・「効果あり!」・・と自分は感じたけど・・

DSC_0367

中村製作所のコモンモード・ノイズ・バスター兼電源タップ NXP-001(70.000円ほど)とORBの電源タップ。試聴CDはシャルル・ミンシュ指揮のベルリオーズの「幻想交響曲」。第五楽章で聴き比べ。色々な楽器が出てきて比較が楽しい。

中村製作所(NS)のコモンモード・ノイズ・バスター。電源タップとして試聴。

接続するとSN比が高まる。それを受け、解像度が上昇。高域から低域まで濁り、歪が減少、音場は澄み切り、音の輪郭が冴え、音離れも向上。聴こえてくる音の鮮度が上がる。また、陰影表現を損なうことなく音の角を取り、なめらかな音質になる印象・・。

・・だと自分は感じたけど、店主とほかのお客さんは効果のほどは実感できなかったようだ。

この種の電源対策のアクセサリー、色々な種類、名称がある。店主のお勧めは「modrate(マドレート)のe-Terminus ET-01 BK/SL」(72.000円ほど)という仮想アース。ちなみに、アコースティック・リヴァイブの「電源コンディショナー RPC-1」(250.000円ほど)の効果を認めたのは自分と八重樫さんだけ。どうして、人によって評価が分かれるのだろうか?。店でダメでも自宅で効果ありというケースもある。アクセサリーは、できれば、試聴が必要だ。

遠赤外線下着(今もあるかどうかわかりませんが)が登場した際、体に身に着け、その効果について疑問する人も多かった。ある新聞の記事にこう書いてあった。「着て計測すると0.2から0.3度ほど体の温度は確実にあがっています。ただし、それを体感上認識できるかどうかは個人によって違います」

電源アクセサリーも然りかな・・。上記の事情もありそうなので効果の確認にバラツキがでてきそうだ。すべての人に効果を納得させるのはアクセサリーメーカーの苦労する所だろう。

なお、クリーン電源が必ず音質を向上させるとは、言い難いようだ。今、どうしてもマッチョな音になるベースマン。クリーン電源を外したら、爽やかな、なめらかな音質に変化した。マッチョからしなやかな、たおやかな筋肉に変貌。ここにもオーディオの不思議がある。

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログレコード除電ブラシ・・レコード復活の最大の功労者!

DSC_0363

ターンテーブル上、左からSFCのアナログ専用帯電イレーサー SK-FILTER。同オーディオ用除電ブラシ SK-2。アナログリラックス 除電ブラシ(6.500円ほど)。

除電ブラシは、レコード復活の最大の功労者だと断言します。

レコードの最大の弱点は静電気。その昔、レコードを取り出す際の静電気の発生は、内袋がレコード盤にへばりつく、パチパチ音がする、待ってましたとばかり埃が付着するなどなど、ターンテーブルに乗せる前から苦労が・・。静電気除電スプレーをかけた後、テーブルに乗せてまた静電気が、粘着ローラーで埃を取るも、「チリ、パチノイズ」が発生。効果はイマイチだった。CDの登場がその労苦を取り除き、技術の進歩を実感、レコードをついつい見限った方も多いことだろうと思います。

月日はながれました。レコードの音が再評価されています。うれしいことです。再評価理由にレコードの静電気からの解放があります。埃もノイズに悩ませされることも激減しました。除電アクセサリー数ある中、一番、手ごろな価格で確実に除電(CDやオーディオ機器も)できるのは、除電ブラシです。静電気から解放された21世紀、科学技術進歩に驚愕しておられるオーディマニアは多いことでしょう。

レコードを見限らず、「大切にとっておいて良かった!」と心の内に快哉をさけび、涙しておられる御仁、よかったですね。

除電ブラシは、「軽く、ゆっくりと動かす」、「除電する面に10秒ほど、軽くあてる」ことが肝心なようです。