オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ヤマハ NS-5000試聴会・・「三連音叉」は高く鳴り響いた!?

DSC_0314

ヤマハ NS-5000。大型ブックシェルフ型SPは、絶滅危惧種。我々に、新鮮かつ孤高の姿を見せつける。ピアノブラックの塗装面に写り込んだ店内風景が、このSPの存在感を際立たせる。

ヤマハ NS-5000。音色は、同社のピアノを彷彿とさせる。7月下旬、ヤマハの試聴会がありました。

「家庭で音楽を楽しむ」(フルレンジSPのような)「自然な音」の二つの目標を達成すべく製作されたとの事。

やや硬めの音調。帯域が広いとは言い難いが、解像度、SN比ともに良好。中域を中心に音の密度が高く素早い。エネルギー感が少ないため、彫りが深いとは感じられないが、歪がなく音の輪郭を明快にした音像が持ち味。最高域、最低域の解像度、音場の広大な広がりといった点は今一つの印象。響きのなめらかさ、繊細さといった要素より、器楽、声楽の持つ基本的な音色、音速(スピード)を重視して二つの目標をクリアしていると思う。

ただ、デザイン的には、アピールするものはない。ヤマハの「三連音叉」のマークは素晴らしい。エレガントで繊細だ。ヤマハの各製品群、デザインには目を見張るものがある。NS-5000で培った技術を持って、より高域特性に優れ、広帯域、高解像度、高SN比かつ、製品デザインで消費者を納得させるスピーカーを世に送り出して欲しいものである。その瞬間が「三連音叉」が高く鳴り響く時だとと思う。

試聴には、同社のプリメインアンプ・A-S3000、CD-S3000の組み合わせとアキュフェーズ・プリアンプ・C-3850、パワーアンプ・A-200、DP-720で対決、比較試聴しました。

ヤマハの解説担当者の井上さんが、一年四か月、NS-5000とともに日本全国を行脚、セッティングを煮詰めたとの事です。電源タップを置くボード一つにも工夫がありました。

ヤマハの音が良かった!。アキュフェーズは、その能力で強引にスピーカーを鳴らしている感じで良く聴こえません。ヤマハのNS(ナチュナル サウンド)の勝利です。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アクロリンク電源ケーブル 7N-P4030Ⅲ PC-R・・上品な質感が魅力

DSC_0285

アクロリンク 7N-P4030Ⅲ PC-R。定価約42.000円。自宅では、トライオードのCDプレイヤーに使用。デジタルの先鋭感が弱くなる。

アクロリンク 電源ケーブル 7N-P4030Ⅲ PC-R。

「私のおススメのケーブルです。ただ、今回、5種類の電源ケーブルを聴いたのですが、どれか一本を取れ、と言われたらアキュフェーズにします(笑い)」とは店主のコメント。「アクロリンクは、音が豊かで上品な感じ。(楽器の質感が)ワンランクアップする感じです」

音に力強さとかスピードはないが、低域から高域まで繊細かつなめらかに、柔らかく、ストレスを感じさせることなく伸ばす。音のコントラスト、メリハリが低い分物足りない印象もあるが、きめ細やかな音調。A-35に繋いで試聴したが、パワー・アンプ向きではないような気がする。

このケーブルの福田雅光さんの評価を紹介します。(ステレオ 2012 11月号)

・・・きめ細かく柔らかな音質が基調。帯域が広く低歪みでクォリティが高いが、コントラストや鮮明な切れ味はやや弱く、柔らかく潤う芸術性のあるトーンが魅力。高域へ美しく伸ばし低域は柔軟でボリュームがある。潤いのある声楽や弦楽の旋律は大変聴きやすい。・・・

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アコースティック・リヴァイブ パワースタンダード・・アキュフェーズのA級アンプに最適

DSC_0284

アコースティック・リヴァイブ POWER STANDARD(パワースタンダード)。定価は約28.500円でした。アキュフェーズのPS-1210を経由して同A-35に繋いで試聴。

アコースティック・リヴァイブのパワースタンダード。惜しくも生産中止になりました。PCOCC-A導体が生産中止となったためです。

A-35に接続して試聴開始。すぐさま、店主曰く「これは、いい!。A級アンプがAB級のアンプになったかのようです。A級のなめらかさを損なわずに、音がクリスピーになりました。いや~、驚きました」。クリスピー(crispy)とは、ぱりぱりしたさま、さわやかなさまを表現する時に使います。

高SN比、高解像度のメリハリがありコントラストのはっきりした再生音。値段が手ごろなので生産中止が勿体無いケーブルです。今回の試聴したケーブルの中で一番の驚きのある音でした。

参考までに福田雅光さんの記事を紹介します。(オーディオアクセサリー誌特別増刊 福田屋 平成24年発行)

手ごろな価格に企画された、PCOCC-A導体採用の電源ケーブル。さすがにプラグやIECコネクターは理想を追求したオーディオグレードではない。ところが、絶妙な相性で、抜群の表現力を備えており、驚く。かなり上級の製品と勝負できる性能である。アキュフェーズのA-65に接続しても、高SN比で帯域が広く、解像度の高い表現でまとまり、最適に近い。特に彫りの深い陰影表現を引き出すコントラストが素晴らしい。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり 福田雅光さんの自作・オヤイデの102SSC導体の電源ケーブル・・クールな印象 

DSC_0278

オヤイデの102SSC導体 TUNAMI V2と電源プラグ037。秋葉原のオヤイデ電気でデモ中古品を18.000円で購入。同社のオンラインショッピングでも購入可能。

福田雅光さん自作のオヤイデの102SSC導体とロジウムメッキ037使用の電源ケーブル。

全体的にやや硬めの音調で正確な音を狙った印象。高域は素直に伸び切り、中域は明確に分離され、低域は制動を利かせ音の彫りが深く、重量感もありシャープだ。全域でコントラストが高く、音の立ち上がりも早い。鮮度とキレで勝負のケーブル。自宅のプリアンプ・アキュフェーズC-290Vに使用。現行型に比べると、音が混濁、スピードもキレも鈍いため、このケーブルで明瞭な音を出している。

店主曰く「クールな印象。響きは強い」との事。

参考までに福田雅光さんの記事を掲載します。(ステレオ 2015 4月号)

音の輪郭を正確に描き、引き締まりコントラストが高く鮮度の高い力のある性能で、低域のエネルギー、分解力が大変強力である。高SN比で低域から高域まで混濁がなく、繊細な倍音をすっきり再生。低音弦楽器の立体感、音程の変化も明確に表現する。広帯域で質の高い低域を表現、A-70が数段強化された。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ミストラルの電源ケーブル・・・味のある音質を楽しませる

DSC_0279

ミストラル Clearift (CLE-1.2AC) 定価94.000円(税別)。秋葉原・テレオン・アクセサリーショップで39.400円で中古購入。店員さんに、定価4万ほどのケーブルよりもずっと音が良いと進められて。「ジョデリカ」のプラグがキモらしい。

ミストラル(Mistral)の電源ケーブルClearift (CLE-1.2AC)。福田雅光さんが「ステレオ」 2012年11月号で高評価。自宅では、アキュフェーズのパワー・アンプA-50Vに使用。外せなくなった。

ベースマンでは、アキュフェーズ・クリーン電源PS-1210に接続、同A-35を駆動させて試聴。

全域に渡り、均等なエネルギー密度ながら解像度が高く、SN比に優れていることもあり、音の響きが、一音一音明確に聴こえる。音に硬質感はなく、なめらかでやや湿り気を帯びたような質感。高域は繊細に伸び、中域はふくよか、低域は適度に引き締められ軽く心地よい印象。力技で音楽を表現するより、理知的で明快、落ち着いた雰囲気を表現するケーブルだ。ただ、約10万という金額は高額だ。中古だから購入した。あぶく銭が入ったら新品で購入する。

店主が一言「低域の(音の)スピードが早い」

参考までに福田雅光さんの記事を掲載しておきます。(ステレオ 2012 11月号)

このケーブルは、高密度でなめらかにエレガントなトーンをバランスよく表現する、クオリティの高い性能が特色。重心の安定したバランスであり、コントラストは多少弱い傾向もあるが、高域は繊細に分離して倍音の表現力は優秀である。ある種芸術性を追求した設計といえる。なめらかで透明度の高い音質で密度の高い質感、柔らかさのあるニュアンス、SN比は十分に高く味のある音質を楽しませる。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ 電源コード APL-1・・心地よく酔える味わいはないが・・

DSC_0311

アキュフェーズ 電源コード APL-1。定価2万円(税別)。写真は、アキュフェーズの付属電源コードです。見た目は同じです。ケーブルの径(APL-1は太い)が違います。

アキュフェーズ 電源コード APL-1。たとえて言うなら、「99.9999%の純水で作られた氷のロックで飲むウィスキー」。良く冷えてウィスキー自体の持つ味は良く分かるが、「心地よく酔える味わいはない」という意味です。

高SN比、高解像度、広帯域、優れた高域特性、澄み切った音場、硬質感は感じられず、全域に渡りフラットでニュートラルな音質。「ああ、アキュフェーズの音だなぁ」と妙に感心する。音の密度、陰影を強め音像を林立、立ち上がりのスピード、なめらかさ、帯域の広げ方といった旨味、雑味(?)は一切排除したかのよう。

今回、アコースティック・リヴァイブのパワー・ズタンダード(生産中止)、エスカートのミストラル、アクロリンクの7N-P4030Ⅲ PC-R、福田雅光さん自作ケーブル(オヤイデ102 SSC導体と同電源プラグP-037とC-037の組み合わせ)、四種と比較試聴した結果です。

試聴は、アキュフェーズ クリーン電源 PS-1210に各ケーブルを接続、パワーアンプ同A-35を稼働、スピーカーは、B&W シグネチャー・ダイアモンドを鳴らしました。

最後にアキュフェーズを聴いて、店主曰く「私は、このケーブル一番いいです」との事。僕としては、賛同しつつも素直に頷けませんでした。

このブログは、ウィスキーをロックでチビチビ飲みながら書いている。我が家は、自家水、ポンプで地下水を汲み上げ飲料水として使用。従って、ミネラル十分の天然氷でウィスキーを楽しめる。ミネラル十分の氷のロック(水割りでも)は美味い。

ほかの四種は、その天然氷のごとき印象。

ただ、オーディオ的にはアキュフェーズのAPL-1の(無味乾燥な)優秀さにはただただ頭が下がる。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズで聴く嶋護さんのCD その④・・クリーブランド四重奏団

DSC_0310

右、クリーブランド弦楽四重奏団、真ん中がアルカント・カルテット、右がカペー弦楽四重奏団。CDプレイヤーがアキュフェーズDP-720。

嶋護さんが知られざる必聴盤のCDとして紹介したクリーブランド四重奏団のラヴェルの弦楽四重奏曲。これをカペー弦楽四重奏団、アルカント・カルテットの演奏と聴き比べを行いました。

クリーブランドのCDの紹介文中「このディスクを耳にして直ちに背筋に冷や汗が流れるのはヴァイオリンを弓で実際に弾いた経験がある人だろう云々・・」とありました。不勉強な素人なのでこの部分は理解不能。録音が音質が優れているのはわかります。それで、素人が各楽団の演奏を聴いての印象を述べます。

クリーブランド 出だしから音楽に引き込まれません。ラヴェルの弦楽四重奏曲、この曲、第一楽章の音が聴こえた瞬間から、「グッと曲に引き込まれるものがあります。店主もそう感じていました。その瞬間がありません。それと第一ヴァイオリンの人が楽団を統率しているようには聴こえません。

カペー 古い演奏スタイル。強弱の激しい、テンポが速い、四人の演奏は、鬼気迫る鍔迫り合い。楽譜を各自の解釈で自由に弾いていたロマン主義全盛期の演奏はかくあらんといった感じです。この演奏が一番、自分に合います。音質に過度の期待はしないでください。

アルカント アルバンベルク弦楽四重奏団のような精緻な、完璧なアンサンブル,おそらく。店主はアルバンベルクのラヴェルの弦楽四重奏曲を愛聴。現代的でこの外連味の無い透明度の高い清らかな演奏のこのCDが、三枚の中で一番良いといってました。音質も優れています。

DEBUSSY-Quartet in g RAVEL-Quartet in F  CLEVELAND QUARTET (CD-80111)  TELARC

カペー弦楽四重奏団5 ラヴェル、ドビュッシー、シューマン (OPK2057)オーパス蔵

Quatuors a cordes Debussy Dutilleux Ravel Arcanto Quartett (HMC 902067) harmonia mundi

 

 

 

                    

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 山梨県北杜市 七賢・・酸味が口と鼻の中で暴れ、酸味一辺倒の酒に豹変

DSC_0385

風凛美山 純米 白州の名水仕込み 七賢。酒盃は、古唐津の皮鯨。

風凛美山 純米 白州の名水仕込み 「七賢」。これほど裏ラベルの能書きと飲んだ味が違う酒も珍しい。

「名水の里、白州にて南アルプス甲斐駒ヶ岳の伏流水と山梨県産の米で醸した、爽やかな純米酒です。口の中に広がる米の旨みと鼻を抜ける爽やかな香りを大切にし、すっきりした喉越しでやや辛口の味わいに仕上げました」 醸造責任者 北原 亮庫 とのコメント。

四合瓶から徳利に酒を注ぐと、柔らかく濃厚な熟しきった柿の香りがほのかに漂う。だが、味は穏やかな香りとは裏腹。酸味は、鼻を爽やかに抜けるというより強く鼻腔を刺激、噛めば噛むほど酸味が増す。魅力的な米の旨味も出てくるが、酸味が旨味の邪魔をする。酸味が口の中、鼻の中で暴れだし、酸味一辺倒の酒に豹変。喉を通り抜けるまでその暴走は止まらない。どこで旨味が出てくるのか?、探し出す楽しみがある。味が、酸味→旨味→酸味→旨味。雑味、苦味(えぐ味)を感じない所が魅力でもある。

「怖いもの見たさに見る」ということがあるが、「怖いものを飲みたいと思い、飲む」のがベスト!?。

山梨県北杜市 白州町台ヶ原 2283 TEL 0551-35-2236 

山梨銘醸㈱ 創業江戸寛延三年 

風凛美山 純米 白州の名水仕込み 七賢 1.080円。

2019年 2月 追加 やはり、酸味が強烈、飲み干した後味が旨味で終わる。良い酒だ。燗は合わない。酸味が後退する。冷や(室温)に限る。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ C-2450・・75万が惜しくない!!

DSC_0309

アキュフェーズ C-2450。定価75万円。A-200とA-35を使用して試聴。A-35はA-200に勝らないけど、それほど劣らない印象。それだけ、このプリの性能がいい!?。

アキュフェーズ C-2450。C-3850と比較して試聴。結論、無理してC-3850を購入しなくともC-2450で十分だ!。お金に余裕があるなら別ですけど・・。

澄み切った空間を演出する高SN比、音の立ち上がりが素早く、楽器の音色を明瞭に再現する高解像度、帯域は広く、低域から高域まで均等な密度で展開。中域から低域にかけてはほどよくダンピングを利かせ、コントラストの高い立体的な音像を構築。性能は、3850よりやや落ち、2850よりはチョッピリ落ちる・・と思う

最高域の響きの薄さ、最低域の音の混濁などといったものをC-3850との比較で感じる。だが、一方は180万の価格、2450は75万の価格設定。半額以下でこの性能なら十分だろう。購入するかどうかは、別として、書くのは無料(ただ)だからはこのぐらいの表現で褒めたい!。

店主曰く「(音のよさに)2850なのかなと思い、思わず空き箱をみてしまいましたよ」「中、低域の音をしっかり作ってますね」

高域をやや丸く(削り、もしくはデッド)にするなど全帯域の響きの量を過不足なく制御してオーソドックス(正統的な控えめな)音調に仕上げている気配。C-3850や2850の明るめの音調とは方向性を変え、日本古来の「いとをかし」的、地味な日本人の感性を表現する音調へと深化させている。

「アキュフェーズは最新の製品が最良のもの」・・この言葉に偽りがないことを証明するプリアンプだ。

試聴CD アルカント・カルテット ドビュッシー/デュティユー/ラベル 弦楽四重奏曲 ハルモニア ムンディ(KKC-5108) 一柳慧ピアノ作品集/飯野明日香 カメラータ・トウキョウ(CMCD-28269)

使用機材 アキュフェーズ A-200 DP-720 PS-1210 B&W シグネチャー・ダイアモンド 800Dなど

2019年 5月14日 追加

数年ぶりに、C-3850、2850と聴き比べ。上位機種とは少々、趣きが異なり、中低域を中心に躍動感に溢れ、力強さがありました。上位機種は、帯域全体を均等に、フラット(平坦)に聴かせます。解像度、SN比、高域性能、低域の量感は、落ちますが、能動的、活力ある音(ボクサー・ファイトのような)を聴かせてくれます。試聴に使ったスピーカーは、B&W805D3。