オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ試聴会 修理と再生・・・メーカーの矜持

bass6

左が渋谷清さん。右が営業の小串さん。渋谷さん、写真もおやりになるとかで、修理説明用写真も見やすく、わかりやすいものが多かった。紹介できないのが残念!。

優れた製品を目指して。

11月末のアキュフェーズ試聴会での製品修理の話を少々、ご紹介いたします。この話も同社の体質をよく表しています。メモが少ないので本当に少々です。すいません。

この写真、端子に使ったYラグ間のコードが短く、金属が接触して接続不良がでた事案です。アキュフェーズで修理しても再び、不良が起きた。それで、客先で配線を調べたら写真のように接続がなされていたのが原因でした。配線コードは少なくとも、ケーブル外装から70~80センチは剥き出しして、端子を装着、端子同士がぶつからないよう処理して欲しいとの事でした。ターミナルスリーブ着用が安全性、耐久性に効果的、視覚的にも高級感を演出、オススメとの事。装着には、ドライヤーを使うより、アルミホイルを巻き付け、ライターで加熱するのが最良。また、不具合案件には、バナナプラグを使用して、差し込むのではなく、締め付けてあったこともあるそうです。

C-200の基盤のハンダ再処理では仕上がり美しく、光沢があり、白色化、梨子化しないハンダ付け技術を、何年も放置されていたE-305の背面パネル、端子の再生など、渋谷さんが撮影された写真を交えて、解説がありました。

また、スピーカーケーブルなどの剥き出しされた撚り線をハンダメッキするための冶具を製作され、紹介してくださいました。今回の試聴会のため、わざわざ作ったそうです。撚り線は、部品を固定する(ケーブルを)を固定する冶具がなくてもメッキできます。冶具自体は、10㎝角の木材に結束バンドを取り付けただけの単純なもの。必要がないように感じます。「なんだ、こんなもの」と考える向きもあるかと思われます。

しかし、美しく、品質の安定したものを作るのには、冶具は必要です。このような見逃しそうな部分にまで、気配りをする。それが、アキュフェーズの製造管理および製品管理手法に違いありません。

ご存じのように、アキュフェーズ製品は、補修部品がある限り修理をしてくれます。皆さん!。安心して、製品を使用。不具合が生じたら、修理を依頼されるのがよろしい。

「修理不能」と言われた・・・。その時はあっさりと「あきらめる」決断がベストかと思います。

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 佐賀県西松浦郡有田町 「宗政」・・・飲んで思わずニコッと・・

dsc_0272

二合飲んで、そこでやめたい。ゆっくり、その余韻を楽しんで、飲み屋を後にする。自宅で飲んだら、就寝につきたいが・・・。酒徒は、美味いと飲み過ぎて、ベロベロに。翌朝、後悔の念に苛まれる。ああ、悲しきサガ!?。

これは、旨い!!。思わず、ニコッとちゃうよね。

佐賀のコメは美味しい。東北に住んでいると九州地域の米はイマイチという気がしていた。

埼玉にいた頃、近所の米屋さんが佐賀の米を取り扱っておりました。食してみると美味しい。お米屋さん曰く「努力している農家の米はおいしいですよ」との事。

米が発酵したトロリとした優しい香り。熟柿のような彩りのある旨味とともにキリリとした酸味が味を引き立てる。濃い液体は、口の中のにやわらかく、かみしめると吟醸酒らしい爽やかにも濃厚な味を楽しめる。酒を喉に流し込むと、残った酸味で舌がわずかに痺れる。酸味に切れ味があるため、うまく旨味を分離。そのため、甘味も感じるが、飲み飽きない。九州の酒も素晴らしい。思わず脱帽!。旨味が明確なところが秀逸。

コタツで3時間ほど暖めて燗もいい。

薄青のラベルも新鮮。

瓶裏のラベルに「・・超甘口純米吟醸酒(日本酒度-15度)です。通常の純米酒に比べ約3~5倍の甘味があるのが特徴です。・・特に女性や初心者に超オススメの逸品です」との事。甘味より旨味を感じる。それでも、文面通りです。

宗政酒造㈱ 佐賀県 西松浦群 有田町 戸矢乙 340-28

清酒 「宗政」 純米吟醸  1.274円

日本酒 酒徒礼讃 新潟県加茂市 「越乃雪椿」・・・「清酒」という言葉がピッタリ

dsc_0174-2

淡麗辛口の王道を行く酒・・・かも!? ぐい呑み:江戸期 「志野織部鉄絵蕨文酒盃」 鉄絵の蕨文が古雅です。(mukashigatarisorekaraさんの文引用)

「日本酒とは何か?」という問いに答える逸品だ。

ほのかな果樹の香り。清々しい口当たり、酸味が好ましい。口に含む時間が長くなるにつれ、控えめな米の旨味が現れる。飲み込んだ後に残る苦味は、酸味、旨味を消し、後味をひきづらないキレを演出。すべての味が、控えめで奥ゆかしい日本情緒を表現しているかのよう。やや、薄いと感じられる味は、漉(こ)した日本酒、清酒そのもの。さわやかで薄く感じるところに「水」の存在感を感じさせる。

米の旨味と清冽な水を味わえるのが日本酒だ。「越乃雪椿」はそんな酒。

新潟県 加茂市 仲町3番14号

雪椿酒造㈱

純米吟醸 「越乃雪椿」 1058円

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 岩手県紫波 廣田酒造店 「丹頂正宗」・・辛口が少ないとお嘆きの貴兄に

dsc_0182-2

ぐい呑み:桃山古唐津「朝鮮唐津筒酒盃」 徳利:桃山期古備前「古備前窯変肩衝徳利」 どちらも、年月に打ち勝った素晴らしい色合い。

香りは、米が今でも発酵しているかのよう。日本酒が米に由来した酒であることを再認識させる。

純米辛口を標榜しているだけに、酸味が強く、しかも旨味がほんのりと酸味の周りを漂う。日本酒は酸味の中に旨味を閉じ込めることが多いが、酸味の外側で旨味を味わえるのはめずらしい。旨味が去った後は、再び酸味を味わえる。酸味が強い分、飲み手を選ぶだろう。

「・・・昔ながらの仕込みで醸した手作りの・・」と裏ラベルに記してあるが、その通りの酒である。

「辛口の酒が少ないとお嘆きの酒徒にもってこい」。値段も約千円と懐にも、もってこい。

廣田酒店 岩手県紫波郡紫波町宮手字泉屋敷 2-4

「丹頂正宗」(タンチョウマサムネ) 1.166円

写真の「古備前窯変肩衝徳利」は、 ヤフーオークション mukashigatarisorekaraさんから分譲。以下は、その方の説明文です。

被せ焼をしたせいと思いますが、強い緋色の「赤焼け」がうつくしく発色しているところへ、半面に「桟切り(榎肌も)」が豊に出ています。これは、室町から桃山時代へと古備前がもっとも優れた茶陶酒器を焼いた時代の懐石お預け徳利の代表格ですが、「板起こし」にした底造りの表情も素晴らしいものです。窯印はありません。ー「板起こし」-「備前焼は、桃山時代になると丁寧に平らに板起こしして、入念に製作され、優秀な茶器がこの手法でつくられた」(矢部良明=角川日本陶大辞典)・・・この徳利の形が物凄く好きです。ほとんど盤口といっていい切れ味鋭利の口から首にかけてのラインと豊かなボディ。同時代、古備前辣韭(らっきょう)徳利と古備前史上双璧をなすものです・・・。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ試聴会 痛快! 渋谷劇場 新製品出番なし!?

dsc_0170

渋谷セレクションの一枚。ベイシーの「ウォーム ブリーズ」デジタル録音。撮影協力:岩手県釜石市大町 ジャズ・バー ”タウンホール”

DP-950もDP-560も出番なし。

11月、恒例のアキュフェーズ試聴会が行われました。26日は、新製品の紹介。27日は、同社の品質保証部の修理名人、渋谷清さんが、世界最高水準の修理に対するこだわりなどをジャズ(クラシック?)のLPを掛けながらお話しをしてくれる運びとなっておりました。

2か月ほど前。店主とアキュフェーズ営業の小串さんの会話。ー「年末の試聴会ですが、当社の渋谷とともに新製品の紹介をしたいと思いますが・・」「どうぞどうぞ、私も製品の修理でお世話になっている、渋谷さんにお会いしたい」「そうですか、ただ、渋谷はジャズレコードを掛け始めますと少々、暴走する傾向がありますが・・」「大丈夫です」と自身、ジャズベース弾きの店主は嬉しそうに言ったー。

そして、11月27日(日)午後2時、試聴会が始まった。

「私は、1974年にアキュフェーズに入社・・・・・」と言いつつ、渋谷さんは、50枚ほどのレコードの束から一枚取り出した。なんでもこの試聴会のため、徹夜で曲を聴きながら選んだとか。まず、一曲目は、ダイアナ・クラールの「ステッピング・アウト」。CDとの聴き比べ。曲が終わったと思ったら、突然、なんの前ブレもなく、品質保証部に送ってこられる修理品の話を写真を交えながら話す。漫才の相方のツッコミよろしく営業の小串さんが「すいません、渋谷はこの通り、なんの脈絡もなく修理の話を始めます・・」と場を繕い、周囲の様子を窺う。しかし、なにか、素晴らしいことが起こる予感に、満席20人ほどの参加者は気にする様子なし!。

曲は続く。②レイ・ブラウン「グッディーズ・クラブ」③シャンタル・チェンバーランド(シャベラン?)「CHANTAL ・CHAMBERLAND」(カナダの弾き語り女性アーティスト)④北欧のロベルト・ローゼングリーン「ジャズ クレイジー ヒー コールズ ミー」(CD この人と作品はネットで検索しても未確認。メモが間違っているかも)⑤スタック・スミス「BLACK VIOLIN」⑥シナトラ「セプテンバー イン レイン」MONO

***この間にアキュフェーズの寄せられる様々な修理品とその後を少々、解説。というものの、各LP盤の概要も逐一解説***。

曲がさらに続く。⑦ジョニー・ソンバーズ?(女性だが、名前も曲も未確認。1959年のLP、15歳でのファーストアルバムとか。アート・ペッパーが参加している。曲も録音も良かっただけにもったいない。MONO)⑧レイ・ケネディ 「ヴィヴァルディ・マンドリン協奏曲」(CDあり)⑨カウント・ベイシー「ウォーム ブリーズ」デジタルLP

***渋谷さん、これから掛けるレコードを助手?の小串さんに渡す。と、すぐに、次に聴かせるべくレコードを選定。床に置いたレコードボックスに膝まづき、曲に合わせ、体でリズムをとりながらレコードを選択する。その後ろ姿は、「非常に楽しそう」***

⑩ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」(20代初め、大阪まで列車で購入に。MONO)⑪グラント・グリーン「グリーン・ストリート」(MONO CDあり)⑫テリー・ギブス「テイク イット フロム ミー」(ビブラフォン)⑬ケニー・バレル「キラー・ジョー」(曲名)デジタルLP⑭リチャード・”グルービー”・ホームズ「ソウル・メッセンジャー」ハモンドオルガン⑮ルディ・ヴァン・ゲルダーが録音したモーツァルトの「PIANO MUSIC FOR 4 HANDS(VOX)⑯同 SONS OF BACH(同)

終盤は、西海岸のジャズから、⑰リロイ・ビネガー(ヴィネガー)「LEROY WALKS AGAIN」⑱ドン・ランディー「WHERE DO WE GO FROM HERE?」

渋谷さんは、古今のジャズを縦横に選りすぐり、飽きの来ない、音楽として優れた作品を紹介してくれました。

最後は、店主のために献呈。1963年のヒット曲。女性ボーカルに男性の声がベース楽器を真似る明るいジャズでした。曲名は「ミスターベースマン」。

怒涛のジャズレコード鑑賞会。目から鱗が落ちるような選曲は、まさに、渋谷劇場!!。

180分の内、10分の休息を二回挟み、140分はジャズの曲と解説・・。あれれ??。なんか変!。でも、お客は大感激!。店主満足!!。ぜひ、次回も試聴会に来てほしいとの評判。鑑賞中、来店客に帰る人なし。

なお、渋谷劇場の間、誰一人として、DP-950、DP-560などの新製品群を試聴したいという人はおりませんでした。

個人的には、最高の試聴会であったと思います。良い音楽があってこその優れた再生機ということを再認識した一日でした。