日本酒 酒徒礼讃 岩手県宮古市 ㈱菱屋酒造店 「フェニックス」・・・「ガサツ」だが・・

dsc_0205

透徹な酒の印象とふくよかな写真のイメージはあいませんが・・。 ぐい呑み 桃山期美濃・「繪志野幾何文四方酒盃」。ヤフオク、mukashigatarisorekaraさんより分譲。

旨い酒ではないが、「ガサツ」でいい酒だ!。

太い酸味は、良い香りとは言えない。しかし、それがこの酒の性格を表す。

口に含むと強いとは言い切れない程度の酸味から味が始まる。そう、始まるという感じ。口の中で4~5秒ころがして(噛んで)、少々の旨味が現れる。しかし、その旨味は常に酸味に囲まれている。少量では、旨味を感じられない。おちょこ一杯の量が、この酒の旨味を感じる最低量だ。口の中の酒を少しづづ、喉に流し込む。酸味が感じられるが、6割ほど飲み込んだ頃から、やっと旨味が登場。飲み終えた後は、酸味と僅かな「苦味」、「抉(えぐ)味」が残る。

いい酒だ!。繊細とかキメ細かいといった表現からは無縁の酒だ。一升いける。大酒飲みには、もってこいの酒だ。当然、酒徒にも最適。旨味を極力排除しながら、酒の本質、コメの旨味を強引に味わせる(考えさせる)。一見、飲み口の軽い酒だが、酸味の「太さ」が辛口的な陰影表現の強い印象を際立たせる。「大言壮語」せずにすべてを語る酒だ。

宮古市は三陸海岸きっての名勝、浄土ヶ浜を有する。白い岩肌と赤松の緑、大きな玉石の海岸はまさしく浄土を連想させる。この厳寒の十二月、氷点下の朝焼けの浜は、壮絶の一言。その風景は、凄凛な「フェニックス」と合致。

素晴らしい!!。このような酒を仕込む杜氏は凄い!。

岩手県 宮古市 鍬ヶ崎下町 5-24 ㈱菱屋酒造店

千兩 男山 特別純米酒 「フェニックス」1.168円

杜氏 辻村勝俊

瓶うらに「日本酒度と酸度はタンク毎に違います」と印刷あり。

ぐい呑み: 桃山美濃穴窯で焼成した「繪志野」の最高傑作。小ぶりの枡で吟醸酒をのむならベストのサイズとか。

2019年 3月25日 追加

純米酒 千兩 男山 1.134円。「フェニックス」の銘は付かない。やはり、酸味が強い。ただ、こちらは、コク、深みのある「旨味」が持ち味。鮮烈な「酸味」、濃厚な「旨味」。だが、後味は、「苦味」と「抉味」が味わえる。稀有(けう)な酒。ぬる燗もいい。味が柔らかく、優しくなる。

日本酒は、「旨味」の凝縮ではウイスキーに劣るが、杜氏・辻村さんはこの「米の旨味の凝縮」を醸造(蒸留でなく)で行う点が優れている。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズで聴く嶋護さんのCD その②

dsc_0167

アマゾン通販で中古品、送料込み1.500円程度で購入。

濁りなく、正確な音。耳が痛くなるようなヴァイオリンの高域を頂点にコントラバスの気持ちが悪くなるような低域まで解像度十分。オーケストラの各楽器の分離は素晴らしい。

冴えて透明感が高く、立ち上がりの鋭い中高域はリアルであり、倍音がよく抑え込まれた低音はコントラストが高く、陰影表現に優れている。透徹した再生音は、音程の変化も聴きとれるほど。各楽器の音は林立し、ガラーンとした無空間にオーケストラの各楽器の音像が立ち並ぶ。抜群の解像力で色々な楽器の音が楽しめる。ただ、柔らか味といったものが、皆無。無表情で人工美に満ち溢れている。それはあたかも、浅い箱に、土砂を入れ山水の景色、庭をかたどった精巧な「箱庭」を連想させるCD。

なお、ヴァイオリン協奏曲第1,2とは別に、ヴァイオリンソナタは、独奏者の何かを語りかけ、表現したくとも上手く伝えきれない何かを感じる。

ステレオ サウンド 2014 秋号 No.192のデジタル時代の優秀録音の必聴盤⑬のCD。紹介文の中に「この掛け値なしの優秀録音CDの市場価格が千円程度だというのだから、演奏家や制作者やレーベルに感謝せずにいられない」とあるが本当に、そう思う!。

CD プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1,2番ほか。テディ・パパヴラミ(vionlin)  アントニ・ヴィト指揮ポーランド国立放送交響楽団。(ナクソス8.553494)

使用機器 アキュフェーズ C-3850 A-200 DP-700 B&W805D3 自作オーディオボードなど。

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり 脅威! 福田雅光さんのイエローマジック・ボード

dsc_0168

製作費は一枚あたり約5.000円ほど。ウレタン塗装が音質のキモらしい。ボードの間に挟みこんだ制振材の「サイドワインダーⅡ」も効果十分。

805D3が載っている黄色のボード。オーディオ評論家の福田雅光さんの自作オーディオボード。雑誌「ステレオ」の2014年2月号の付録の小冊子「オーディオDIYハンドブック」で紹介されたもの。

「これ、参りましたネェ~!?」とは店主の弁。あまりの音質のよさにビックリ仰天。後方、ハーベスのスピーカーが載っているボードはタオック製のものだが、それと比較して音質が優れていた。

柔らかく、しなやかで真空管のアンプを使ったような中域のなめらかさ、色つや。高域は、曇りなく伸び切り、フッと音が再生空間に自然に消えるイメージ。低域は、量には欠けるものの、キリリと引き締まった質感は十分。全域に渡り、軽やかで、明るく、音の立ち上がりに優れている。オーケストラの持つ開放感を十二分に表現、管楽器は、息を吸ったり吐いたりしたときの音の変化を感じとれ、各弦楽器の木質の響きをたいへん魅力的に再現してくれた。

これに、比べると、タオックのボードは、絶対的な帯域は広く、エネルギー密度は高いかもしれないが、音が暗く、沈みこむかの印象。それと高域がやや粗い。

福田さんの記事からその性能を引用させてもらうと

「くもり、濁りは大変少なく透明性の高い音質だ。立ち上がりに優れすっきりした引き締まるインパクトを表現、中音は明快に、低域を含めハイスピードなレスポンスが得られる。輪郭をはっきり描き、解像度、コントラストが高い。(中略)中域、高域も繊細に冴えた解像力を備え帯域も大変広い。おそらく一聴して鮮度の高いサウンドに納得してもらえるだろう・・」

おっしゃる通りでございました!。製作して大正解でした。本来は、CDプレーヤーに敷いて試聴するのが最も効果が実感できるとのことです。スピーカーの下のほうが、写真として視覚効果が高いのでスピーカーの下に敷いて試聴しました。

材料費などは、パネコート(ウレタン塗装ボード)をホームセンターでカット代こみ、3.000円ほど、接着用の両面テープが1.000円ほど、ボードの中に挟み込む制振材「SIDE WINDERⅡ」(ナノテック・システムズ)が6.000円ほどといったもの。

試聴CD プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、2番、他。テディ・パパヴラミ(violin)アントニ・ヴィト指揮ポーランド国立放送交響楽団 (ナクソス 8..553494)など

使用機器 アキュフェーズ C-3850 A-200 DP-700など

 

 

 

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 宮城県塩竈市 純米酒 「浦霞」・・・ 中庸の庸

dsc_0173-1-2

ぐい呑み:志野織部鉄絵蕨文酒盃 ヤフーオークション bcdaybydayさん、 小皿:ヤフーオークション mukashigatarisorekaraさんより。それぞれ、譲って頂きました。

日本酒とは「米の旨味」を如何に表現するか、日本各地、各酒造会社「様々な意匠」があり楽しめる。

キリリとした「酸味」、まろやかできめ細かい「旨味」がさざ波のように交互に現れる。その「酸味」の中「旨味」がフワリと丸く形作られる。飲み込むと「酸味」を口の中に残して酒が終わる。抑え込まれた「酸味」は、淡麗(淡い)でもなく濃厚でもない「旨味」を表現。「中庸」という言葉が合う酒である。構えて作り出した所がない、素晴らしい逸品である。酒の味はかくあるべしという見本。

「浦霞」種類がありますが、源実朝の歌がラベルに印刷されたこの品が一番美味しい気が・・。

㈱佐浦Y 宮城県塩釜市本町2-19

純米酒 浦霞 1.180円

ぐい呑み**江戸期・時代錆ある伝世完器 鉄絵の蕨文と繪垣文が古雅です。(bcdaybydayさんの紹介文より)