オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ DP-560試聴(700と比較)SA-CDの復権

dsc_0163

ラック上段がDP-700(生産終了)。手前がDP-560。比較試聴した。

dsc_0162

SA-CDとCDを聴き比べるとその差は歴然!。

ーDP-410、550との違いはどの辺にあります?ー                「(全体的に)音楽表現が強化されてます。(再現)空間は広大になり、奥行きが拡大、隅から隅まで光があたり、(再生される音楽に)実体があります。目指したのはDP-950です。」

ーそうですか、(その説明を受けて音を聴くと)950の方向性と同じなのは納得がいきます。その方向性は成功していますねー

DP-560で二、三曲ほどSA-CDを聴いた。その後の店主とアキュフェーズ営業担当者との会話。

ーDP-410,550は音の輪郭がぼやけてました。DP-700と聴き比べると(金額以上に)差がありすぎたのですが、560はそんなことはないですね(店主、非常に気に入った様子)ー      「(560に比べ)奥行きがなく、空間もない、音を塊として前に出していた感じでした」と明確な返事。

DP-700と比較試聴した。B&W802Dは低音表現が今一歩という状態での試聴。DP-560は、工場から出てきたばかりの初号機。エージングがまだ済んでいない状態だった。SA-CDを試聴に使用。

SA-CDの音はやはりいい!。今まさに、演奏されている音といった感じ。DP-560のSA-CD再生でSA-CDの可能性、存在感は上がったのではないだろうか。

S/N比、帯域の広さはほとんど変わらない印象。しかし、560は、中高域の音の輪郭を正確に鋭く抉り、その立ち上がりは早く、立体的で彫りが深い。混濁、くもりといったものは一切、感じられない。試聴した弦楽四重奏の各楽器の生々し過ぎる音には唖然とした。高域は、少々、きつ過ぎる感もなくもないが、中高域は、700より解像度は高いのではないだろうか?。低音は、試聴環境の影響もあり、万全ではなかったが、適度に制動が効いている様子。

ネットで見つけた「精巧なサイボーグ」「2Hで書かれた細密画」との比喩がピッタリ。但し、頭に「人が造った(描いた)」という形容が付く。

このままでは、DP-700が可哀そう。でも、全域に渡り安定して密度があり、滑らかなで、倍音の響きが長い音色は700が上。その安定感は560にはない。DP-560は、DP-950ありきの製品なのだから、DP-950との比較するのが最善ではなかろうか?。

ちなみに、DG-58のD/Aコンバーターに繋いで、再生した時、「700の滑らかで明るい余韻のある音に比べ、560は、高解像度ながら、滑らかさに欠け、沈んだ音がする」と営業担当者が気にしてました。ただ、DG-58のバージョンが古いので合わないのでは、との感想。

時間は短かったが、充実した試聴(店主、営業担当者、僕の3人のみ)でした。アキュフェーズの製品開発のあれこれを尋ねてみました。その中で、営業担当者は、「アキュフェーズのリファレンススピーカーは、今後、B&W800D3になる予定です。その際、これまでとは違ったものが(音楽が)見えてくる(聴こえてくる)と思います」と今後の製品開発への自信を窺わせた。

他社の優れた製品にアキュフェーズの機器を繋ぎ、再生する。その時、再生される音に新たな音作りの方向性見出す。それを相乗効果として、継続的な改善で客の要求を満たす(保証する)。営業担当者の話を聞いていると、新製品が出るたびに、進化(深化)を遂げるアキュフェーズの秘密はこの辺にあると感じた。

試聴機 C-3850 A-200 PS-1200V PS-520 DG-58 B&W802D

試聴ディスク アキュフェーズSpcial Sound Selection 3のSA-CDから6曲目と7曲目

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり 音や 電源コンディショナー・MagicBox

dsc_0114

今年、福島県のあるオーディオショップで、月に十数台売れたとか。機器の詳細は「音や」さんのホームページにて。

電源コンディショナー(クリーン電源とは称してない)のMagicBox。65.000円(税込み)。製造は㈱光城精工。

一部のショップで評判になっていたが、ベースマンでは、イマイチその性能を測ることは出来なかった。そのため、店主が、常連客の八重樫さんに自宅で機器を使用、評価してもらいました。

「これは、いい!。付帯音が減る。アキュフェーズのクリーン電源、PS-520(40万ほど)は高いので買うのに躊躇するけど、これなら少なくとも自宅では効果がある。おそらく、アキュフェーズの方がいいに決まっているけど。これで十分」。購入しました。

「そういうことで、藤井さんも自宅で聴いてみて・・」と勧められ、自宅で試聴。

MagicBoxの謳い文句は、①躍動感が歴然と変化する ②空間表現が一段と広がる ③エネルギー感が一層高まります ④より一層生々しい再生音になります等。

自宅に帰り、ふと思い出した。オーディオ評論家・福田雅光さんの記事を。

旬の音本舗・「福田屋①」の148ページの福田屋セレクション。KOJO TECHNOLOGYのクリーン電源、「FAIRY MKⅡ」の記事中、「一番効果を発揮するのはCDプレイヤーのみに専用に使うことである」その方向で、接続、聴いてみた。パワーアンプのみ、全部接続も試した。やはり、CDのみが一番いい。

音楽の背景は静かになり、歪みが少なくなる(付帯音が減ると同じ表現か)。音の輪郭が明確になるため、音場は引き締まり、録音現場の空間が感じられる。全域に渡り、混濁、くもりといったものが減少。中高域は、響きが繊細に冴え、魅力的だ。低域は陰影表現が増すが、力強さといった量感がもっと出てほしい気もする。よくCDに「おことわり。録音年代相応のノイズ等がございます。ご了承ください」とあるがそのノイズがよく聴こえたのが印象に残る。

購入決定!!。

機器の繋ぎ方には、福田雅光さんの2系統分離を採用している。壁コンセント(フルテック FPX)にオヤイデの電源タップ(OCB-1SX)をつなぎ、パワーアンプ用に。壁コンセントに繋いだMagicBoxにオヤイデの電源タップ(同V2)をつなぎ、プリアンプ、CDプレイヤーを繋いでいる。

ベースマンではパワーアンプのみに使用するのが、今のところベストである様子。購入時、電源ケーブルが必要なことをお忘れなく・・。

2018年 7月。最近、気がついたのだが、アキュフェーズ製品に接続すると、高域の帯域で濁る、荒れる、音の輪郭が崩れるといった副作用が感じられることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ・C-280で聴くB&W805D3

dsc_0134タンノイ・GRFが格調高く、麗しく鳴り響いていたその日。試聴席正面に見慣れないアキュフェーズのアンプが。

店主曰く。「午後3時頃、試聴に来られるお客様がいます。」なんでも、所有しているアキュフェーズのE-305をパワーアンプとして使用、C-280と組み合わせて聴き、良かったら購入したいとのご希望。

dsc_0133

高額スピーカーだけど、古~いアキュと組み合わせも魅力的。

C-280の下のパワーアンプは、P-300S。両方ともメーカーのメンテナンスは完了している。「僕でしたら、プリ・パワーとも試聴して良かったらE-305を下取りに出して購入、ですね!」

試聴は、B&W805D3に接続して行う。そこで、店主心配が。「タンノイ・GRFを聴いた後では、805D3がよく聴こえないのでは」「そうかもしれませんが、タンノイを聴いて試聴に入るわけではないのでしょう?」「まあ、そうですけど・・・」そんな会話をしている内に、試聴にお客様がお見えになりました。

古手のアキュフェーズで鳴らした805D3ですが、音の立ち上がりが、すばやく、広大に広がる。高域は十分に伸び、中域はほどよく倍音を響かせ分離、低域は締まりを利かせ、音の輪郭を的確に表現、全域に渡って均等な密度で安定感に優れている。これに比べると、GRFの音は、古臭くもっさりしている。それでも、GRFが魅力的なのは変わらないけど!。

E-305単体、E-305をパワーアンプにし、C-280をプリアンプ、最後にC280とP-300Sといった具合に試聴を行った。お客様は、C-280に満足されたご様子。

お客様がお帰りになられた。「いや~、細川さん、GRFより劣ることはないですよ」「いやーっ、良かったですね。このところGRFしか聴いてなかったので心配しましたが、うまく鳴ってくれて良かったですよ」

店主は、オーディオが良く鳴っているかどうかが一番の心配事。

後日、「細川さん、あのC-280は売れました?」「ええ、結局、E-305を下にしてC-280とP-300Sを買って頂きました」

「オーディオ購入には試聴が大事!」。これが店主の基本方針。