オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり タンノイ・GRF 音楽再生の終着駅

dsc_0139

802Dが霞んでしまう。そう思わせるほど魅力的で郷愁を感じる音だ。左上の100円ショップ・ジョイントマットの音響効果のおかげか!?。

dsc_0132

「あぁっ、いいなぁ~」。聴いた瞬間、誰もが口にする。

ベースマンで鳴っているタンノイ・GRFは、音楽再生の目指すべき到達点に達した。

現代スピーカーが、高S/N比、高解像度、広帯域の能力を存分に発揮し、血眼となり、重箱の隅を楊枝でほじくるような再生を繰り広げている。それは、聴き手に”安らぎ”より”緊張”を強いているように感じる。それとは対照的に、GRFは、おおらかな「安堵感」に満ちた音楽を奏でてくれる。

全域に渡り、音が浮き上がり、倍音をうまく響かせ奥行きを演出。音の反応は鈍いが押し出しは強く、塊としてはじき出す。そのせいか、音楽会場でずしりと腸(はらわた)に染み渡る生のオーケストラを聴いているような心地よさに包まれる。大柄な木枠から降り注ぐ気品漂う音楽は、聴き手の心の琴線に触れ、忘却の彼方となっていた過去の音楽会の記憶を朧げに思い出させ、同化、融合する。それは、何物にも代えがたい至福のひと時となる。

これぞ、再生音楽のクライマックス、オーディオの神髄!!。

S/N比は低い。伸びは頭打ちながらも、解像度は高く、冴えて、艶やか、そして線の太い高域。中低域は、なめらかで質感、重量感とも申し分がない。陰影表現も優れていると感じられるが、音の締め付け、輪郭は弱い。優れて聴こえるのは、倍音をうまく整えてあるためだろうか?。そして、最低域の解像度は高い。SACD試聴時、パイプオルガンの気持ちの悪くなるような低音がでたから・・。

店の音響調整は、常連客の八重樫さんが実施。

ただ、パワーアンプのA-200は9月一杯で、アキュフェーズに返却。代替えはM-6200だと思うけど、音が変わる。AB級なので、音の密度、繊細さは劣るけど、透明感が増し、音の押し出しが強く俊敏になると思う。それはそれで楽しみ・・。

使用機器 C-3850。A-200。DP-700。PS-1200V PS-530。DG-58。C-37。レコードプレーヤー、パイオニア・エクスクルーシブP3

ケーブル類 おそらく全てアキュフェーズ。SPケーブルが、おそらくフルテックの1500/円程度のもの。フォノケーブルがオルトフォンの6NX-TSW-1010。

針 EMT TSD 15

試聴LP ハイフェッツ ブルッフ ヴァイオリン協奏曲一番 新ロンドン交響楽団 指揮 サー・マルコム・サージェント RCA(SB-6527)1962年 。ヤフーオークション rudolf kempeさんから購入。

試聴SACD R.シュトラウス 交響詩 ツァラトゥストラはかく語りき。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮 ヘルベルト・フォン・カラヤン。 ESSD90149 エソテリック DECCA復刻シリーズ。

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ DP/DC-950は、LPを凌駕したのか?

dsc_0008

DP-950、DC-950は繋いでません。B&W802DにA-70、A-200をそれぞれバイワイアリング接続。しかし、音は良くない。繋いだだけでは、いい音は出ない!。ハイエンド装置こそ再生が難しい。

DP-950、DC-950をセット、試聴を終えたアキュフェーズの営業が一言。「これで(同社のCDプレーヤーが)、レコードと同じ音になった・・・」とか。

ただ聴くだけでは、面白くないので、レコードとの比較試聴を行った。と、同時に、250万のプレーヤーでSA-CDの真価を探求。SA-CD不要論も多い。試聴には、店主と八重樫さん、常連客数名で臨んだ。

色々な楽器の音が明瞭に聞こえ(高解像度)、心理的に不安感を伴う感もある大太鼓(グランカッサ)やコントラバスの執拗な低音から、時には鼓膜に痛いときもあるピッコロの高音まで偏ることなく再現(広帯域)。その再現される音楽の背景は限りなく静かだ(高S/N)。全帯域で誇張した部分がないため、「説得力」に欠け、「無機質」に聴こえるかもしれない。

しかし、高域から低域までエネルギーバランスは一定で緻密。音の輪郭は、明確で立ち上がりは早く、陰影表現も充実している、高域は、繊細に健やかに伸び、中域は響きが整えられ質感が充実、低域は、量感を損なうことなく引き締められている。

音に良さに、ただただ、唖然とするばかり。特に、高S/N比には、ビックリ仰天!?。色々な楽器の音が聞こえすぎる、演奏会では体験することができない音だ。皆さん、感動ひとしきり。どのような人がご購入されるのか?。ベースマンでは、セパレートCDプレーヤーは売れたことはないとのこと。

「レコードと変わらないだろう。なにしろ、250万だから」。

全員一致で、レコードに軍配!!。

レコード特有のノイズは、当然ある。が、「音の滑らかさ」と「コントラスト(音がはっきりしている。音の溝が立っている)」、「密度」の三点でレコードが上回っている。あと、音の「輪郭の新鮮さ」だろう。歪みはレコードの方が大きいと思われるが、その歪みが聴感上、有利に働いているような気がした。

そして、SA-CD。店主、「やっぱり、SA-CDは情報量は多い!。レコードには及ばないものの、CDよりは音がいい」。八重樫さん、「改めて、SA-CDを再評価したい。大金をかけたのは失敗と思ったけど。」「SA-CD再生機・・・、(購入を)どうしょうかな?」

あっと、それと、再評価という点では、デジタル録音のレコードも評価された。

CD<SA-CD<デジタルレコード<レコードという順位でした。レコードの優位は変わらないが、良質アナログ録音のレコードは高すぎる(骨董品が多い)。その点、CDは価格で優位に立つ。悩みどころだ。

これで、CDやアキュフェーズのDP-950、DC-950の評価が下がるというわけではない。アキュフェーズのセパレートCDプレーヤーの好パフォーマンスがあればこその評価です。「アキュフェーズはレコードの音の良さを理解している」帰りの道すがら、そう考えながら家路についた。

「店を始めて、改めてレコードの音のよさが判りました。これまでは、CDの方が(音が)いいと思ってました。」とは店主の反省の弁。

なお、写真、DP-950、DC-950は写ってません。B&W802の低域にパワーアンプのA-200を、高域にはA-70を接続して試聴時の写真。スピーカー一台に対し、二台のA級アンプと豪華ながら、音は、良くなかった。802Dは鳴らし方が厄介なスピーカーなので店主はいつも、苦労しています。

もっとも、802Dは、店との相性が悪いらしく、これまで、納入したお客様のところでは、魅力的に鳴っています。ご安心めされ。

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズで聴く嶋護さんのCD その① 

DSC_0127

ヤフオク zarathustrafujiさん(ファルスタッフ・ヤフーショップ)より1.300円で落札。

偶然にもアキュフェーズの新型セパレートCDプレーヤー、DP-950とDC-950を聴く機会に恵まれた。

聴いたCDは、ステレオ サウンド2013年秋号(No.192)嶋護さんの特集記事「デジタル時代の優秀録音ー知られざる必聴盤20選」中のトップバッターのマーラー:交響曲第1番 「巨人」(アバト指揮・シカゴ交響楽団)。

さらに、嬉しいことに、プリアンプがC-3850、パワーアンプがA-200、スピーカーがB&W802Dといった布陣で、一般の人には雑誌上でしかお目にかかれない面子。嶋護さんの20選のうち、1枚、1.500円程度で5枚購入しており、ベースマンのハイエンド装置で鑑賞できるのは至福のひと時となる。

第1楽章の冒頭からの弱い弦楽器の音に驚く。トラックが店の前の道路に駐車したかと耳を疑った。コントラバスの音なのかな?。地鳴りのような低音がどことなく漂ってくる。よく言えば、少し明るくなりなり始めたうっそうとした森林に漂う霞。悪く言えば、物の怪が這いつくばって迫りくるような重苦しい雰囲気。クラリネットが郭公の鳴き声を真似ると夜明けが近いような気がして、ほっとする。14分30秒ごろから、シンバルの音(おそらく)が突如、炸裂してビックリする。素人目(耳)にはこの辺りでレンジが広いことがわかるような気がする。オーケストラに奥行きは感じなく、全員が横一列に並んでいるかのごとき。かといって、各種楽器の音は丹念に拾われ、特に、管楽器は明確に聞こえる。ただ、僕の耳が悪いのか、スリバチの底で演奏したかのごとく、音が聴き手の方に飛んでこず、天井に向かって豪快に発散された。

解説にある通りのCDだとは思う。購入して後悔はない。

マーラー:交響曲 第1番「巨人」クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団(ドイツ・グラモフォン・ポリドールF35G50034) 入手ランクC ヤフーオークションで落札。ドイツ盤の1.000円程度の出品ありも、敢えて、日本盤を手に入れました。

試聴機器 アキュフェーズ プリアンプ C-3850 同パワーアンプ A-200 同CDプレーヤー DP-950 DC-950 同クリーン電源 PS-520 PS-1200V スピーカー B&W802D

ケーブル類 RCA、XLR、電源ケーブルともにアキュフェーズ。スピーカーケーブルは802Dの高域側にアクロリンク 6N-S1010Ⅱ 低域側にオヤイデの3万程度のケーブル。