オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ・極めの「粗品」

DSC_0112左の写真は、アキュフェーズの「粗品」としてオーディオ・ベースマンから頂いたもの。CDとSACDのセットとクリーニング・クロス。ディスクとクロス、頂いた時期は異なる。で、当然、無料である。

アキュフェーズは、高額なオーディオ製品を製造販売しているが、同社が、いかなる会社か、この「粗品」からも窺える。

Special Sound Selection 3 for Superior Equipmentとなづけられたこのディスクには、世界の音楽レーベルの良質な音源から曲を選りすぐり、CD、SA-CDハイブリット一枚に収めるのではなく、CD盤、SA-CD盤それぞれ単独に同一曲収録が行われている。アキュフェーズの説明によると単独にしたことで反射率が向上し、信号の読み取り精度が上がり、よりよい音質で鑑賞することができるという。オーディオチェックCDからの抜粋も含め、15曲収録されている。

2年ほど前、オーディオ・ベースマンで開催されたアキュフェーズの試聴会において参加者全員に配布された(なんという幸運!!)。

おそらく、数年の年月をかけて制作されたディスクだろう。音質は抜群で、クラシックからボーカルとジャンルも広く音楽性にも富んでおり、聴かせどころをうまくつかんでいて、聴きごたえがある。気に入った5曲目のモーツァルトの「トルコ行進曲」(A・タルクマン編曲)アンサンブル・プリマス演奏は、タワー・レコードに探してもらい購入、14曲目のTAKE THE “A”TRAIN~Album「Introducing The 923 Big Band」より 923ビッグバンドーは残念ながら購入出来なかったーとCD購入の試聴見本としても使えた。

このアキュフェーズの「粗品」。これが、三作目であるが、驚くなかれ、このディスクは、オークションで高額取引されている。初めて見たのが、ヤフー・オークションのアンプ、アキュフェーズのサイト。1,2,3の三枚セットで15.000円の入札が行われていた。また、3が単独出品で入札金額8.000円から出品されていたことがあった。

さて、メガネクリーナーのような布。クリーニングクロスであるが、よく見ると、滑り止め加工がされている。何度でも洗えて、汚れが落とせる布は、メガネを購入すると「粗品」でついてくる。が、超極細繊維できているせいか、布の裏表とも滑りやすい。CDの汚れのふき取りにも使えたが、やや使い勝手が悪かった。指になじまないのである。ずっと、不満があった。そこに、このアキュフェーズの「粗品」である。簡易包装されたレター型紙袋から取り出し、企業名が浮き出ている面に滑り止め加工が施されているのを見た時、思わず、小躍り!。当然、使いやすい。

無料配布の高品質のディスクのみならず、たかだか、布一つにも細工を凝らす。

細に入り微を穿つ、画龍点睛を欠かない、仏を作って魂を入れるようなモノをつくる。各製品のデザインに力みがない分、説得力に欠ける部分もあるが、実に、端正に、力強く、注意深く、「つくり込み」が行われている。

アキュフェーズとはそのような会社である。

なお、40キロを超えるパワー・アンプの梱包の箱もアキュフェーズならでは、の工夫がある。思わず感心してしまう。オークションでは、正規の箱の有無で、5万以上の価格の開きが出てしまう。機会があれば、そちらも紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アキュフェーズ C-2850 AD-2850試聴

DSC_0068おそらく、メーカーが存続する限り変わらないと思われる外観。シャンパン・ゴールドのフロントパネル、対象に配置された入力セレクターとボリュームノブ。アキュフェーズのプリアンプ入門機のC-2120(約50万)から最高機種のC-3850(約200万)まで、オーディオに興味のない人がみたら同じ製品に見える。価格差は約4倍と「ゾッ」とするものがあるが、「ソッ」と、2120から3850にグレードアップしても家人に気づかれることは、まず、ない。この辺にアキュフェーズの製品展開の狡猾さが窺える!?。

写真、ドクトル・ファイキャルトの下がC-2850である。入力されていないため、インジケーターの明かりが灯ることもなく寂しい。C-2850のロゴをアップで撮影すればよかったと反省している。ご面相(デザイン)は、変化しないから写真撮影は難しい。ただし、内容は十分に前作の2820を上回っている。

高解像度、高S/N比、高域特性に優れ、帯域が広く、音のコントラストが明確。透明度が高く、音の立ち上がりは3850よりいい感じ。高域を混濁なく繊細に伸ばし、中域を的確に分離しながらも倍音(楽器の響き)を見事に再現。そして、締まりを利かせ、密度、力強さを失わない低域を実現させている印象。

2820は、音の透明度が高く、音の出だしの反応は鋭かった。2850は、その特徴を受け継ぎながら、全体的に音の陰影を濃くし、2820では得られなかった彫琢(磨かれた)の深い表現を可能としているようす。

当店の常設の3850と比べると、値段に比例した性能と言わざるを得ないが(値段なりの性能はアキュフェーズの製品の最大の特徴だと思う)、その音質は、好感が持てる。

2年ほど前に当店でアキュフェーズの試聴会が行われた。その際、3800の設計担当者した人(若い方)が3800で狙った音の表現を語ってくれました。

「音の無い空間に、フッと現れるような音。S/N比の追及とでもいうのでしょうか」との事。

アキュフェーズでは、製品開発に5人ほどのチームを組み、製品開発が終わるとチームは解散される。アンプ専門とかプレーヤー専門といった開発担当者はおらず、常に、担当者は入れ替わるとの説明。

さて、フォノイコライザーのAD-2850(22万ほど)ですが、写真を撮るのを忘れてしまい残念です。

比較は、C-37(55万ほど)となります。2850に挿入して試聴しました。C-37は、高解像度、高S/N比、広帯域、透明感の強い、すっきりとしたクセのない音質。

店主が一聴後、「まえのフォノイコライザーよりずっといい」といってました。

聴いた感じでは、C-37と遜色ない。C-37の音質をややこじんまりとさせた(音質は劣るのでしょうが、表現としてです)感じです。残念ながら、LP一枚の試聴でしたのでじっくりと聴いてはおりません。

自分の使用しているC-290Vに両者を使用(20年ほど前のプリアンプにも挿入できる。素晴らしい!!)、レコードを聴いたらC-37の方が、良かったのは残念です。

フォノイコライザー込みで、150万ほど。高額商品であることは間違いない。何かの拍子で小金(あぶく銭)が入って、レコード再生を目指す方にはオススメします。

2019年 5月14日 追加

C-3850、C-2450と三年ぶりに比較試聴。ピアノ協奏曲。3850再生時の演奏者の手首の動き、鍵盤に当たる指のタッチが見えるような繊細な聴こえ方からすると、性能は落ちると言わざるを得ない。ただ、強調した帯域がないのは、こちらの方か?。3850は、高域に伸ばしているような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログPL その六 アコースティック・ソリッド

DSC_0064

アコースティック・ソリッドのSolid Classic Wood MKⅢ。名称が長く、言いにくい。アコースティック~という名が付く会社は数社あり、略しずらい。「アコースティックの木の三番」とゴルフのクラブのように言うべきか?。アーム付きで40万ほど。アームレスは、34万。アームレスに、オルトフォンのショートアーム15万円ほどを取り付けるのが、店主のお勧め。取り付けてあるカートリッジは、マイソニックの最高級品55万ほどのもの。

この製品は、常時、店頭にあり、試聴はいつでも可能です。カートリッジは、EMT、シェア等があります。

ベルトドライブのベルトは、釣り糸のごとき細さ。大物(重量LP)を釣り上げたら(再生したら)切れるのでは・・との心配が少々・・。ご心配には及びません。試聴中、外れることはあっても切れることはありませんでした。また、モーターがキャビネットに埋め込まれておらず、外に設置してターンテーブルを駆動。この辺、好みが判れそうだ。

試聴は、タオックのボードに直置き。全体的に透明感の強い、高解像度、広帯域、高S/比で音の情報量の多い印象。音色は、ツヤがあってキラキラ(ギラギラではない)している。素直に伸びる解像度の優れた高域、中域は管弦楽器などの音をうまく分離、輪郭をしっかり描いている。低域は、爽やかな音調ながら、力強さも付加され躍動感、エネルギー密度もほどよく表現されている。CDに近い音ながら、人肌、温もりをやや感じさせるところが、魅力だ。

今回、店のスピーカーセッティング、音響調整をしてくれた八重樫さん曰く「今回、試聴した中では、一番、セッティングが楽なプレーヤー。ポンと置いただけで、いい音がでる」との事。

なお、ホコリからプレーヤーを守るアクリルカバーが3万ほどで別売りされている。高級品は最後までお金がかかるようになっている。その意味でも、エクスクルーシブP3は、性能を含め、お買い得だ。ただ、40キロほどの重さが難点か!。