オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログPL その伍 DR.ファイキャルト

DSC_0067

MDF材をヘアライン処理されたアルミニウム材でサンドウィッチ。写真ではイマイチ、その意匠の美しさは伝わらない。残念なことだ。今回、試聴した5機種の中で、最も見た目がいい。オルトフォンのブルーのヘッドシェルも似合っていた。馴染みのないメーカーだが、この機種、「Woodpecker(ウッドペッカー)」という名。なんとなく、名前だけで、購入意欲がそそられるのは、僕だけであろうか?。アームレスでの販売。SMEのトーンアームをつけて、150万ほどの価格・・・・。試聴会主催者によると今回の試聴機種の中で、このプレーヤーが最も、マスター・テープの音質に近いとの事。

試聴は、写真に見られるように、タオックのボードに設置。が、この状態では、このプレーヤーの能力を発揮した(150万の価格なりの)とは、言い難いものがあった。そこで、八重樫さんが、店にあるインシュレーター(あまり高価なものではない)をボードの上に設置、さらにタオックのボードを載せ、プレーヤーを直置き。制振、整振、振動吸収といった点に主眼をおいて音質を改善した。

中域を軸として高域、低域に音を展開しているという印象。中域の倍音(響き)を豊かに、色、艶といった柔軟な質感をうまく表現、レスポンスは、はっきり引き立ち、十分に締まりを利かる。弦楽器、木管楽器の芳醇な音色を忠実に再現し、低域、高域への音のつながりはスムーズだった。一方、高域の繊細さ、低域の質感は感じられるものの、高域の伸びやかさ、低域の陰影表現といった再生音楽に必要とされるものは、物足りない。

店主曰く「このプレーヤーは、よくわからない」との弁。「「フォルテ」同様、底を見せてない」とは八重樫さん。「このプレーヤーが一番、よく聴こえた」と言い残して帰った人も。評価の分かれるプレーヤーだ。

「オレが、使っているアナログプレーヤーのウッドペッカーはさぁ~・・」というとなんとなく、カッコいい!!ような気がする。他の人と違った(トーレンスやマイクロ、ヤマハなど)ものを使っているということで、音の違いが分かるという印象を他者に与えそう。

中域が充実している音調は、好みなので「欲しい」けど、如何せん、値段が高すぎる!。あくまで、自分の妄想の中で鳴らすプレーヤーというのが結論です。

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログPL 其の四 EAT・C-Sharp

DSC_0066

オリジナルのトーンアームとオルトフォンのMCカートリッジ「MC Quintet Black」(価格不明も安くはないだろう)が付属。税込み60万ほどのプレーヤー。

どうも試聴会に参加なされた方々は、SMEやIKEDAのアーム、マイソニックのカートリッジなどにご興味津々だったためか、アームとカートリッジが、標準装備されたこの機種に、目立った反応をしめされませんでした。確か、ヘッドシェルは交換できない一体型のアームです。

プレーヤーは、タオックのラックに直置き。一聴したときはこの機種が、一番音が良いように感じた。高域を立ち上がりよく、シャープに再現、中域は、解像度に優れ、各楽器をうまく分離。そして、低域は、引き締められ、反応も素早い。一方、聴くにつれ、全域に渡って、力強さに欠け、質感も今一歩。音の華やかさ、軽やかさに比重が置かれてているようで、少々、音が浮ついている印象に変化。再現する音楽に説得力に欠けた。

今回試聴したプレーヤーの中で一番、CDの音に近い。従来からアナログを聴き続けた来た人には、違和感を感じるであろうか。

EAT社、同社の「フォルテ」は、高解像度、広帯域、高域特性、音のコントラスト(陰影表現)に優れていることを狙った感があった。それが、現代を表現する音調だと考えているみたい。この「C-Sharp」もその辺を具体化した製品だと思う。

CDなどデジタル録音でオーディオに入ってきた人は、このプレーヤーからアナログ再生に取り組むのが違和感が少なくでいいのでは。そういう人が、いきなり、アナログ、50、60年代のアナログレコードを聴くと、音が、生々し過ぎる、逆に、緩くなっているかのよう聴こえる時があり、現実離れしているように感じることがあると思う。

なお、説得力に欠ける音楽、それは、解消できると思う。「フォルテ」の記事でも触れたけど、セッティング次第でプレーヤーの音は変化する。今回は、それを再確認した試聴会でもあった。

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログPL その参 トーレンス TD350

DSC_0053 卓上カセットコンロ大の大きさ・・・と書くと安っぽく見える。安物には見えないが、かといって、高級品には見えない。このトーレンス・TD350は、SMEのアームこみで、150万円ほど。カートリッジは、マイソニックの二番目に高額な35万ほどのカートリッジである。一般の感覚すると高級品である。

設置は、クワドラスパイアーのラックの上にアコースティック・リバイブのオーディオボード(RAF-48H)を置き(空気は入っていない)、その上にプレーヤーを乗せている。

「このプレーヤーの音は、タンノイのGRFを思い出させます」。感慨深げに店主はつぶやいた。

全体的におとなしい(正統的な)音という印象。高解像、広帯域、高域特性をいったオーディオ的な要素を狙うのでなく、あくまで音域全体をストレスなく再生することを目標にS/N比(音楽の背景が静か)を高め、各楽器の音の柔らかさ、あたたかなニュアンスといった人肌感を芸術的に再現している。高域は繊細に上方に伸び、中域は倍音豊かに、”ややくすみ”を交えて響き、低域は適度に引き締まり、エネルギー密度も十分な質感。音場は、コンサートホールの空気感をそのまま持ってきたかのように広がる。繊細なフェイス・ブラシで肌を撫でられたような恍惚感を感じさせる一方で、崇高で充実した音楽も聴ける。

時間が無くエクスクルーシブP3との比較試聴ができなかったことは残念だ。このプレーヤは、現代的なアナログプレーヤーとは一線を画し、音楽に浸りたい、埋没したい人向け。そんな性格のプレーヤーがあるということで、一聴の価値があると思う。

なお、使用機器は、プリアンプ アキュフェーズC-3580 パワーアンプ同A-200 フォノイコライザー同C-37 クリーン電源同PS-1200 同PS-520 スピーカーB&W802D  ケーブル類は、高額はものは使用しておりません。1万から5万円ほどのオーディオ的にはリーズナブルな価格のものです。

以上、トーレンスのプレイヤーを含めると1.000万ほど。いわゆるハイエンドでの試聴でした。

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログPL・其の弐 EAT・フォルテ

DSC_0052

イケダのアーム付きで120万ほど。やや、お買い得感もあるプレーヤー。後方のアコースティック・ソリッドと比較してわかる通り、普通のラックには、乗らない大きさ。マイソニックの最高級の針を使用。プレーヤーは、クワドラスパイアーの長いラックの上に木製の板を敷きその上に設置。タオックのボードでは、音質的にイマイチだったとの事。

なお、今回、試聴にあたり、スピーカー等のセッティング、部屋の音響整音は常連客の八重樫さんが協力してくれました。

「フォルテ」は、きらめく金属で武装した現代的デザインの高額プレーヤーに比べ、見た目は、おとなしい。銀色に光輝き、工芸品かと見間違えるイケダのアームが付いていなければ、かなりやぼったい。ふた昔前のプレーヤーに感じられ、購買意欲をかきたてるものはない。

だが、その再生は、高S/N比、高解像度、広帯域と現代的だ。高域は、音の立ち上がりは素早く、倍音が豊かで密度が厚く、音が消えた後の余韻が生々しい。だが、なめらかさに欠けるせいか、「荒い」、「暴れている」という印象を持つ人がいた。中低域は、音の輪郭、響きが整えられ歪みもない。レスポンスも早く、陰影表現にも優れている。そして、やや硬質感のある低域のエネルギーは重厚だ。明瞭で写実的、上下、左右に広がるステレオイメージは聴き手を圧倒する。

これで、奥行きがでて、流れるようで繊細な表現が再生できれば、文句はないのだが・・。

高域の「きつさ」への対応を紹介します。八重樫さんが木製の板とプレーヤーの間にタオルを入れました。試聴した一同は、思わず瞠目!?。刺々しさは減少し、滑らさがでて素晴らしい改善効果がありました。

八重樫さん曰く。「このプレーヤーは、調教しがいがある。今回の試聴したプレーヤーの中で、一番、潜在能力は高いかも」

できれば、ベースマンに置いて、その能力をフルに引き出し、聴いてみたい!!。

 

 

 

オーディオ・ベースマン 見たり聴いたり アナログプレーヤー試聴会 其の一

TD-350が、DSC_0050150万円、ドクトル・ファイキャルトも150万ほど。いずれも、ご丁寧にもSMEの高額アームが取り付けられている。EAT・FORTE(フォルテ)がIKEDAのアームがついて120万ほど。針は、マイソニックの55万と35万のカートリッジ・・。

フーッ!。試聴前から、その再生される音より、価格に圧倒される。

EAT・C-Sharpが、トーンアームとカートリッジ付きで60万。一番、低価格でアコースティック・ソリッドがトーンアームが付いて40万ほど。計5機種を試聴しました。

7月16日(土曜日)、17日(日曜日)プラス18日(月曜日)。かなり、浮世離れしたメンツ(ターンテーブル)の試聴会でありました。

ちなみに、JBLのフラッグの右下のエクスクルーシブ・P3が、メーカー整備済みで50万ほど。中古として出てくればの話ですが・・・・。「岩手は、P3が結構売れたので、潜在的な在庫は多いかも」とは、店主の弁。今後、オーディオを引退する方々に、期待をしたいところです。

写真のP3は、店主のもの。常時、試聴可能です。

したがって、試聴の印象は、P3に比べてということになっています。

オーディオ・ベースマン・見たり聴いたり  B&W805D3 試聴

DSC_0028前モデルより30万円以上の値上げ。一回り小さくなった外観は、インパクトの強いこれまでのモデルと比べ、側面のエラがとれ、アクが抜けたデザインは好印象。インテリア家具としても十分。後ろにドン!とお地蔵さまのごとく控える802Dに比べ、絶対的な重量は軽く、嬉しいことに設置は楽にできる。

第一印象は、明瞭で明快、サイズを超えた、広大な音。解像度、S/N比(音楽の背景の静けさ)は高い。音の輪郭は整っており、立ち上がりは鋭く、コントラストも素晴らしい。中域は、なめらかで、繊細、各弦楽器の倍音を見事に表現、低域は、コントラバス、グランカッサ(大太鼓)といった楽器の音を引き締め、その分離は生々しい。両域の質感、量感の高さに驚く。スメタナの「わが祖国」の第二曲<モルダウ>、ベルリオーズの幻想交響曲、第五楽章<サバの夜の夢>の中低音楽器の再生は十分、聴きごたえがあった。

一方、B&Wご自慢のダイヤモンド・トゥイーターをもってしての高域表現は、イマイチのような気がした。伸びが甘く、解像度も少々荒かった。倍音が作り出す艶といった魅力も感じられない。<モルダウ>の中の弾けるトライアングル、<サバの夜の夢>の不気味な鐘の音の表現に不満が残った。後方の802Dの高解像トゥイーターを聴いてきたためかもしれないし、試聴時のセッティングのせいもあるかもしれない。うーん、もう少し、真っ暗な空に艶やか炸裂する打ち上げ花火のようなパッと弾ける高音の印象が欲しかった。それと、少々、音の奥行きが狭いような気が・・。横方向は十分だけど。

スピーカースタンド込みで約100万円。一般の人は一生に一度の買い物となるであろうか。悩ましい金額だ。ダンピングがきき、歪みが少なく、中低域の高S/N比、高解像度、音楽的表現力は魅力的。これからの人生で新車購入を諦め、導入に踏み切るのも一つの考えかも。音は、セッティング、オーディオ・アクセサリーの工夫で改良できる。ちなみに、後ろの802Dは展示処分品で150万程度とか。設置スペースに余裕があれば(もちろん、金銭的にも、腕力にも自信があれば)、一考の対象としたい。

使用機材

アキュフェーズ C-3850、M-6200、DP-700 、PS-1200V、PS-520

試聴CD

スメタナ 交響詩<わが祖国> クーベリック指揮 ボストン交響楽団 グラモ  フォン POCG-7054

ベルリオーズ 幻想交響曲 作品14a シャルル・ミンシュッ指揮 パリ管弦楽団 EMI CLASSICS TOCE-59008

MILES DAVIS  COOL&COLLECTED  Sony Music Japan   SICP1150