洋酒 酒徒礼讃 サントリー シングル・モルト・ウイスキー 白州・・不良っぽさを感じない。

サントリー 白州 シングル・モルト・ウイスキー。左のステンレス製計量カップ、メーカーは、オクソー(OXO)。アングルドメジャーカップとも称している。ツーフィンガー(60ml)をこれで計って飲む。カップの上から覗いて量が判る。飲み過ぎ防止のため有効。トレイテーブルは、松村勝男デザイン。

柑橘系の溌剌(ハツラツ)とした若い酒だ。そして、不良っぽさを感じない。ニッカの「フロム・ザ・バレル」は、年を取った不良みたいな酒。両者、対照的な味。

薫風(くんぷう)。初夏の風が運ぶ青葉のように爽やかな香りのイメージ。うん、柑橘類の果物のよう。口に含むと、うん、その果物、瑞々(みずみず)しい。うん、その新鮮さが舌の上にのってくる。苦味とか抉味といったウイスキーに陰影をもたらす味は、あることはあるけど、少ない。どうしても、柑橘系の酸味が、麦の甘さかな、その甘味をひっぱり、口の中で、甘酸っぱさが弾ける。後味は、甘味。薄め、軽快、手垢がついてない無垢な印象。

ラベルに「森の若葉のようにみずみずしくフレッシュな香りに、すっきり爽やかな口あたりです」とある。確かにそんな感じ。ウイスキーのくすみ、太陽が昇りはじめ、土が暖められ、朝霧が晴れていく田舎のくすんだ朝の空気の匂いはない。そのせいか、ツーフィンガー(60ml)。また、ツーフィンガーとグラスを重ねると飽きてくる。甘味だけが、舌に残る。一杯でグラスを逆さにしたい酒だ。ただ、おれは、ツーフィンガーを三回行わないと満足できないタイプ…。ああ、卑しいのんべいだ。

製造者 サントリースピリッツ㈱A 東京都港区台場2丁目3-3 「白州」シングル・モルト・ウイスキー 白州蒸留所謹製 4500円ほど。

なお、話題はビールになるが、ステレオ誌8月号。「俺たちのSummer Craft Party」、~クラフトスピーカー(自作のSP)を肴にクラフトビールで乾杯~という記事が掲載された。P98参照。ここでリファレンス、味の比較で基本とするビールを「サッポロ黒ラベル(親しみを込め、ワン・スターという人もいる)」としていた。「うーん、やるな」思わず唸った。おれも、「黒ラベル」がビールの味のリファレンスと思っていたからね。麦芽とホップだけを原料とする「エビス」などに比べ、「黒ラベル」は、米、コーン、スターチも原料として、雑味があって面白い。オーディオ的に言えば、繊細さは、麦芽100%に及ばないが、雑味がある分、奥行き、陰影感が味にある。これが、ビールの基本の味かなと考えていた。さすが、ステレオ誌!。やるな!(流石、福田雅光先生!)。

 

洋酒 酒徒礼讃 ニッカウヰスキー フロム・ザ・バレル・・真のジャパン・テイストのウヰスキー。

ニッカ フロム・ザ・バレル (FROM THE BARREL)。アルコール度数 alc.51.4°。重苦しい琥珀色の液体がこのウイスキーの味を物語る。

香りは、重く濃厚。その香りは、深く濃縮されたバニラの甘さ、やや酸っぱい柑橘類の芳香をミックス。華やかに香りが漂ってこない。だから、鼻先を、グラスに近づける。口に含むと口蓋に「ガツン」と強烈な酸味。ご安心めされ。酸味が鼻に抜けることはないので咳き込むことはない。が、思わず「ウッ」と唸りたくような刺激で参ってしまう。それを、堪(こら)えつつ飲み込むと、甘味とともに酸味と苦味が舌、口中に残る。しばらくの間、残る。思わず、口の中の唾を飲み込み味を洗い流そうとする。数回、飲み込んでもそれらの味は消えない。やや、不快な感じもする。それでも、ショット・グラスに液体を注ぐのだから、ウイスキーの魅力は不思議だ。

このウイスキー、爽やかさ、新鮮さ、明るさ、朗らかさといった微笑みかける要素を持たず、「極太な甘味」、「柑橘系の酸味」、「苦味の残滓(抉(えぐ)味)」の三つの骨格で重厚なトーンを醸し出している。その中の一つが弱くなってはこれほどの魅力は感じないであろう。これが、「竹鶴の作るウイスキーの本領だ!」と言わんばかりの味。仕上がり。

複雑さ、雑味の無い、生真面目なジャパン・テイストのウイスキーだと思う。

 製造者 ニッカウヰスキー㈱6 東京都港区南青山5-4-31 NIKKA WHISKY FROM THE BARREL (フロム・ザ・バレル)定価2500円ほど。販売者 アサヒビール㈱ 東京都墨田区吾妻橋1-23-1。 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 沖縄県島尻郡 久米島の久米仙・・腰が抜ける。要注意な酒。

琉球泡盛 久米島の久米仙。純米製とある。おそらく、日本のどこでも購入できる泡盛。ローソンで通常価格853円から200円引きの653円で出されていたので思わず喉から手が出た。

酒盃は、「古瀬戸(ふるせと)筒酒盃 小服茶碗」。ヤフオク mukashigatarisorekaraさんから分譲品。漆黒に金色の斑紋。600ml透明瓶との対比が美しい。

泡盛は、甘さ(旨味)に騙され、ガバガバ飲める。しかも、困ったことに色々な味をうまく抽出している。そのため、飲み飽きない。本人の意図とは関係なく酔っぱらい、立ち上がろうとすると腰が抜けてしまう。ご経験した方も多いと思う。要注意な酒だ。

甘く、酸味の少ない饐(す)えた米の香り。口当たりは、濃い米の旨味。強い酸味も味わえるが、旨味(甘味)が勝る。後味に苦味、抉(えぐ)味と続き、口から鼻、喉を抜ける、早朝の爽やかな酸味が後味を支配する。その酸味が、各味のコントラストを高め、立体的で奥行き、余韻を際立たせる。特に、旨味(甘味)を。

この盛夏の時期。ロックで飲むと余計に旨味(甘味)が増し、飲みやすくなる。濃厚さは、後退。

沖縄県島尻郡久米島町字宇江城2157 ㈱久米島の久米仙 琉球泡盛 「久米島の久米仙」853円。

以下は、mukashigatarisorekaraさんの「古瀬戸(ふるせと)筒酒盃 小服茶碗」出品時の解説文です。

******

仕覆 古桐共箱(古瀬戸茶碗と墨書あり。少なくとも、江戸期に誂えられた箱ですので、箱書きの「古瀬戸」は「ふるせと」の読みになります。なぜなら「古瀬戸(こせと)の名称は戦後、小山富士夫が提唱したものだからです)

「ふるせと」の特徴である漆黒釉地に鶉斑(うずらふ)がうつくしく表われています。なお、非常に希少品にして名品ゆえ詳しくは「日本陶磁大辞典」(角川)の「古瀬戸(ふるせと)」の項(1219項)を是非とも参照ください。

******

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 岩手県北上市 タクシードライバー・・ハジケ者の酒と呼びたい。

純米原酒 タクシードライバー。えぐいおっさんの顔のラベル。左の醤油瓶、「にんにく」文字の瓶。箸入れ。枝豆を入れたガラス食器。この配列、何かしらの郷愁を誘う。

使用酵母「ゆうこの思い」。なんかますます、怪しいなぁ。その怪しい雰囲気だけでブログの記事が書ける。

風変わりなネーミングで引き付け、安っぽいラベルでドン引きを誘う。駄菓子屋さんに置いてあるお子ちゃま向けの飲料かと間違う…。あっ、それはないか。

味は、ラベルのオッサンよろしく濁り系。かすかに米が饐(す)えた香り。酸味、旨味が交互に現れ、酸味が勝り、酒粕の味がする。澄み切っておらず、穀物の雑味、米を噛みしめた時の濃厚な味わいがある。

何故に「タクシードライバー」と名付けたか?。奇を衒(てら)ったのではないことは飲めば分かると言いたいが、それを言い切る自信はない。

臆せず、杜氏の名前「高橋 藤一」印刷されているのは嬉しい。

岩手県 北上市更木3-54 喜久盛酒造㈱ 純米原酒 「タクシードライバー」 1.382円。

喜久盛酒造㈱。昔、「鬼剣舞」を作っていた会社だったのですね。代替わりして大いにハジケちゃったのね

 

 

 

 

洋酒 酒徒礼讃 日本 Green Forest ~緑の森~・・いい「飲み屋」の感動を味わえる!?

Green Foerst ~緑の森~ Rich & Woody。ローソンで「物は試し」とばかりに期待せず購入。ラベルは安っぽいけど、意外な性能…いや、中身に脱帽した。

アードモア レガシー(3.000円ほど)より美味しい。フラリと立ち寄った「飲み屋」が良かった時の感動がある(※)。

チョット「イソジン」の香り。真新しいランドセルの皮の匂い?。抑えめの軽く甘いスモーキーフレーバー(燻された匂い)。日本のリンゴ、蜜柑を思わせる柑橘系の香り。う~ん、複雑な芳香。初めは、甘さから味が始まり、酸味が鼻腔をくすぐる。「ウッ」とする、「ガツン」と迫るウイスキー特有の強さはない。「甘味」「酸味」「苦味」「抉味(えぐみ)」を軽い味にまとめ、バランスがよく、口の中に含んだ時に味わえる順番が、またいい。「ブレンドウイスキー」だが、MONO録音のように中央に集まり、口の中全体に広がらないのもいい。一啜(ひとすす)りすると、甘味→酸味(口蓋、口腔内の上部分で)→抉味→酸味→苦味(飲み込んだ後の後味で)。濃厚さに欠けるが、各味のコントラストは、ハッキリしている。ややしつこい後味は、水を飲めばすぐに消える。味の「濃さ」は中ぐらい。

ブレンダーの力量が素晴らしい!。ブレンディットウイスキーの複雑な味の魅力を存分に引き出している。裏のラベルに「焦がしたホワイトオーク樽の軽くスモーキーな芳香と甘く華やかな味わいをお楽しみください」とある。

製造所 ㈱サン.フーズ 山梨県韮崎市龍岡町下条南割640 販売者 三菱食品㈱ 東京都大田区平和島6丁目1-1 Green Fores ~緑の森~ Rich&Woody 1.058円

※ こじんまりとした「飲み屋」が望ましい。入ったら、カウンターに。まずは、ビールでお湿りを入れる。ビールは、生を注いでもらったもの(注ぐ機械の名前を忘れた。ああ、サーバーか)。まず、これが美味しいこと。酒は日本酒。つまみは、2.3品。焼魚、煮物(肉が入っているものと無いものがあればベスト)。できれば、お新香も。以上のものが好みの味なら「良い店」。2.3合を飲んで、「ほろ酔い」で店を後にしたい!。…….飲んべいは、2.3合で終わらない!!。気持ち良くなって、だらだら、飲み続けるのですよ。いやー、本当にはずかしい酒徒の性。翌日、何度、後悔したことか。

洋酒 酒徒礼讃 アイルランド(愛蘭) カネマラ・・完結した「モルトウイスキー」・「枯淡の味わい」

カネマラ アイルランドのモルトウイスキー。1987年にできた蒸溜所。酒盃(ショットグラス?)は、18-19世紀 「仏蘭西雨漏り白釉筒容器見立て酒盃」。おフランス製。底が分厚く、低重心、持ち重りする。「濃い」味のモルトウイスキー用にベストマッチング。ヤフオク、mukashigatarisorekaraさんより分譲品。

MONO録音と同じ、奥へ、奥へと遠ざかる奥行きがある。「枯淡の味わい」の酒。

香りは、鼻をくすぐるような甘い、爽やかさと濃厚さが同居する「バニラ」香。口に含むと、ハチミツを「ギュッ」と煮詰めて凝縮したかのような「甘味」。そこに少々、「イソジンのヨード香」、焚火の残り香(スモーキーフレーバー)も。炭化した木を口に入れたら・・こんな味かも・・といった「苦味」。ただ、「甘さ」が勝るため、「ウッ」と咽(むせ)ることはない(・・オレはね)。飲み込むと、喉が焼ける感じもない。意外にスムージーで単純な味。後味は、「苦味」、「酸味」、「甘味」の三種混合。「酸味」が後味として出てくる理由はわからないけど・・。しばらく、舌の上、喉奥に残る。

「濃い」けどジョニ黒より「甘味」が濃厚で広がらない。ブレンドされたウイスキーのような豊麗(ふくよか)かつ色彩(色々な味)はない。洋酒で「濃い」が、水墨画のようなイメージ。この「カネマラ」の味に比して、日本酒は「はしゃぎすぎ」、ジョニ黒は「派手な酒」。

新鮮な空気感(!?)、消火された薪(たきぎ)の香りのような苦味、大麦の濃縮した甘味、体によろしいお薬の味。完結した「モルトウイスキー」。

アイルランド(愛蘭) 価格は、3.000円ほどから4500円ほどまで。

以下は、mukashigatarisorekraさんの酒盃出品時の説明文です。

18-19世紀「仏蘭西雨漏り白釉筒容器見立て酒盃」

伝世完器(経年の雨漏りと磁貫) フランス製だそうですが、この種の卓上容器(マスタードやバターなど)は、近世の欧羅巴(ヨーロッパ)どこの国でも同じスタイルです。口縁下に環状に溝を彫って形状に唯一のアクセント ーまさしく欧羅巴そのものの意匠なのでしょう。単純で不変不滅のデザイン。やはり、完成した美があります。

 

 

 

 

日本酒 酒徒礼讃 宮城県大崎市 一ノ蔵無鑑査 本醸造 甘口・・「もっきり、やっぺし!」。

一ノ蔵無鑑査 本醸造 「甘口」。この酒、「辛口」もあるが、「甘口」の方が旨い。どう旨いのかは忘れましたけど・・。「もっきり」が合う酒だ。

酒屋で買った酒をその場で飲むことを北九州方面では「角打ち」と称する。一週間ほど前に知った。「もっきり」。岩手・釜石方面ではそう言う。

新日鉄釜石の全盛期、昭和30年代、40年代初頭。労働者は、甲・乙・丙(こう・おつ・へい)番の8時間の三交代で24時間、よく働いた。仕事を終えた男達は、朝、昼、夜といった時間に構(かま)わず、帰宅途中、「もっきり、やっぺし(やろう)!」と声を掛け合い、酒屋へ てく(歩き)か自転車でゴー。当時、給与は現金支給。酒屋は良かったでしょうけど、酒飲みの奥さんたちは、かなり難儀をしたことでしょう。会員(?)が100人を超える酒屋もあったとか。

ベトベトしない甘さがいい。燗で酸味が立つ。燗がオススメ。冷や(室温)だと無臭の甘く、酸味の少ない味。燗すると、饐(す)えた米の香り、酸味が立ち「甘味」がキリリと締まり、立体的に。後味として「酸味」が口の中に残る点もいい。四合瓶、858円の価格はまさに、「もっきり」向け(庶民向け)。

ラベルに特級、一級、二級という日本酒の等級があった頃の話が書いてあり、酒のつまみに丁度いい。等級を知っている世代としては、昭和は遠くなったことを感じる。

宮城県大崎市松山千石字大欅14番地 製造者 ㈱一ノ蔵 一ノ蔵無鑑査 本醸造 甘口 858円。

2019年 3月24日 追加

「辛口」は、酸味が強すぎる。「旨味」といった米の豊かな味が感じらないのがネック。味の広がりに欠け、少々、余裕が無く、せせこましい。米の「旨味」はなくてもいいが、その「旨味」を感じさせる何かしらの余裕が欲しい。

 

 

 

 

洋酒 酒徒礼讃 兵庫県 あかし AKASHI・・日本酒テイスト、一対一のお湯割りで。 

あかし AKASHI WHISKY RED。500mlという分量が魅力。何故かというと、意地汚いので、ボトル半分まで空けないと不満。700mlの瓶では飲み過ぎだ。250mlでも飲み過ぎだけど・・。

「あかし」の傍(かたわ)らのCDは、キングクリムゾンの「レッド」。聴きながら飲むと盛り上がるが、酒の分量は、レッドゾーンを超えてはいけない。

「薄い」味のウイスキー。バニラアイスのような微かな芳香だが、敢えて言う、香らず、咳き込まず。全体的に、スモーキーさ、酸味、苦味、甘味を抑え込んでいる。口に含んだ瞬間にウイスキー特有の「ウッ」とくるシゲキなし。鼻腔に抜ける酸味もない。ウイスキーというものの味の輪郭を、まろやかに、よく言えば、儚く、弱くしている。鮮烈、「濃い」味とはおさらば、まろやかで、薄めの日本的ウイスキーを作ろうという姿勢の下、作られたのかな・・。まったりとした「旨味」に日本酒テイスト(味)を感じる。飲んべいは、「グビ、グビ」飲める。あっ、これは40度のアルコール。注意して!。

このような「薄い」ウイスキーは一対一のお湯割りもいい。

兵庫県 明石市 大久保町西島919 製造者 江井ヶ嶋酒造(㈱)AKASHI RED       あかし 明石の地ウイスキー 確か記憶では、850円ほどだったような・・。 

 

 

 

 

 

 

洋酒 酒徒礼讃 鹿児島 マルス ウイスキー 3&7・・純日本的味覚の大麦・玉蜀黍の蒸留酒かな?

マルス ウイスキー 3&7 MARS WHISKY Three And Seven レコードを聴きながら、飲み「ハッ」と気が付くとこの写真のような状態の時がたびたび・・。あぶない、あぶない。だらしない。でも、酒徒とはそんなもの。

氷点下、日曜の静謐な夜。部屋の外は満天の星空。シリアスな音楽でこの夜を締めくくろう。1944年初演、大戦前の不安と緊張感漂うバルトークの「管弦楽のための協奏曲 Sz.116」(フリッツ・ライナー指揮、シカゴ交響楽団)。

バルトークを聴くころには十分、出来上がっていた。曲を聴きながらーー21世紀に入りますます混迷の度合いを深める世界を俯瞰するーーなどど、大袈裟なことを考えて、忘却の彼方に突入。それから我に返ると、テーブルは写真の有様で、レコードのB面の内周を果てしなくトレースする空しい音が聴こえる。

スモーキーフレーバー(薪の残り香)、苦味、甘味、酸味、各味が混然とした奥行きのある立体的な味。いずれの味も味わえるが、どれをとっても鮮烈さには欠ける。やや、控え目。もやもやした味ではないが、淡い水墨画的な薄さがある。日本酒のさっぱりとした「軽み」よりは重く、ウィスキーの奥行きのある立体的な重い味まで届かない。丁度、その中間的な「濃さ」。従って、咽(むせ)ることなく飲みやすい。和洋折衷、中途半端な良さがある。正に、日本のウィスキーのリファレンス。これに比べるとニッカは濃く、サントリーはやや薄い気がする。

瓶ウラのラベルに・・山麓に広がる緑深い森の滴を想わせるような、ホワイトオーク樽香をきかせたウッディな香りと味わいを、手軽にお楽しみください・・とある。大麦(モルト)と玉蜀黍(トウモロコシ)のブレンド。

製造者 本坊酒造㈱ MW 鹿児島県鹿児島市南栄3丁目27番地(本社) MARS WHISKY    Three And Seven 3&7ウイスキー。1500円ほど。

製造は、中央アルプス。

 

 

 

 

 

 

 

 

洋酒 酒徒礼讃 英国・・ジョニーウォーカー 黒ラベル・・これが、ウィスキーのリファレンス

ジョニーウォーカー 黒ラベル 12年。右は、ドイツの女流・ピアニスト エリー・ナイのCD。晩年の録音全集成・12枚組。1960年から68年の録音集。一聴で驚愕する。打鍵が強靭。とても、80歳を超えたピアニストの録音とは思えない。

エリー・ナイのピアノの鍵盤を叩く(弾く)音は、強烈だ。が、ウィスキーは、呷(あお)る、いや、一啜(すす)りすると激烈な味というより、咽(むせ)かえる刺激に恐怖を覚える。それでも、飲むのだから酒徒とは困ったものだ。

芳香は、チョコレートのように甘いが、少々、薬品臭さの感が。この香り、「カバ君と一緒に、ガラガラしての・・」のイソジンだ。この時点で、ヤバイ。これが、酒、という事でなかったら口にはしない。「スモーキーフレーバー」。ビート(泥炭)で燻されたモルト(大麦)を原料とするウィスキー特有の匂い。燻された香り。どんな香りかといえば、「火災が鎮火された後の焼け跡の匂いが凝縮された」如き匂い。・・すいません。表現が良くありません。「薪(たきぎ)の残り香」と表現します。

さて、「ジョニ黒」。生(き)のままで。口に含むとシゲキ的な苦味(酸味)が、「スモーキーフレーバー」とともに口蓋から鼻に抜ける。ソロリと飲み込み始めると舌の付け根に新鮮で濃厚な甘味を感じる。その後、口全体に苦さが広がるが、鮮烈、ふくよか、重厚な甘味が。飲み込むと後味に酸味が。・・そして「薪(たきぎ)の残り香」。「ジョニ黒」、日本酒では得られない、苦味、甘味、鮮烈、奥行きのある彫りの深い味を表現。ウィスキーのリファレンス(基準となるもの)

ウィスキー、味は複雑、酒徒にとっては、驚天動地(きょうてんどうち)、魑魅魍魎(ちみもうりょう)なドリンク。非常にクセのある味だが、何故か、その味を味わいたくなる。日本酒と違い、「グビグビ」飲めない。多すぎると咽(むせ)る。咽る、咽ない、という、間(はざま)を調整しながら飲むのが心地よい。

この酒は、40種類のモルト、グレーン・ウィスキーをブレンド(混ぜ合わせ)して味を決め、常に、同一の味が作り出されている。ブレンダーって凄い。

ジョニーウォーカー 黒ラベル 12年  2.400円程度。日本のどこでも手に入る。