オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRZ-300W その①・・300B真空管に期待するものは…。

トライオード TRIODE  TRZ-300W  定価48万円。同社の銘品、自分で組み立ても出来たプリメインアンプ VP-300BDの後継機種だけど…。ベースマンに常設、いつでも聴けます。

受け入れられない。個人的には、この音は受け入れられない。今のところは…。

明るめの音調。中高域から下の帯域の解像力が高く、ダンピングを利かせて、音の輪郭をシャープに隈取るコントラストの良さ。SN比も高く濁りがすくない。強化された電源部の影響なのか、エネルギー感のある骨格の太いサウンド。高レスポンス、ハイスピード、音が躍動する。「海外ではロック」というトライオード社長の言葉が頭をよぎる。残念なことに、300B真空管の持つ繊細で美しい中間帯域といった音色は、期待できない。躍動的演出が過ぎる気もする。

300B真空管を使った音の表現。どのような表現を期待するのだろうか?。僕は、絶対的なオーディオ性能より「そこはかとない情感」。音楽を楽しむ者の聴覚に触れるものではなく、「琴線に触れるもの」

オーディオによる音楽再生。実際の演奏とは、「似て非なるもの」とも言える。その「似て非なるもの」だが、その「非なるもの」をもって最大の効果を発揮する「芸」が日本にある。歌舞伎。その「女方(おんながた)」。それは「女性の役あるいはそれを勤める役者を指し、現実の女性の模倣ではなく、芸の上で創り上げられた理想の女性象」と言われる(歌舞伎用語案内より)。「女方」を観ると、初めは異様な物を見る思いだが、見慣れ、その台詞(せりふ)を聴くと女性を感じざるを得ない。楚々としたただずまい、たおやかな所作、清楚さと妖艶さの入り混じる目くばせ。そのゆったりとした発声。「よよ」とよろめく立ち振る舞い、指先から足の運びまで何百年にも亘(わた)り練り上げ、創り込まれた技巧美を感じる。その創り込まれた表現を300B真空管に期待するのですけど…。

TZR-300B。オーディオ的性能とは違った「琴線に触れもの」があるかどうか。もう一度、じっくり聴いてみよう。受け入れられるものがあるのかもしれない。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-380・・”儀式”の必要はありません!?。

アキュフェーズ E-380。定価45万円。同社のAB級アンプは、A級アンプと違い、”儀式”にさほど気を遣わなくてもいい。E-380は、常設です。

E-800の試聴の後で鳴らしたが、聴き劣りすることがなかった。逆に、高SN比を実感させてくれる。音楽の背景が澄み切っていた。

くもり、くすみが発生しない高SN比を背景に、音の出足が速いスピード感、音場を解放的に広げるキレのあるパワー。帯域全体でダンピングを利かせ音の輪郭をシャープに形作る。解像度が高く音の分離も明快だ。低域から高域までノン・ストレスで音が伸びきる。AB級アンプの魅力はこの辺にあるだろう。遠近感、立体的な音像、繊細な倍音表現、微妙な合奏のニュアンスといった要素は求められないが、それを気にする必要がないほど再生された音楽に魅力的な高揚感を感じる。また、音の輪郭を克明に描き切る下位モデルのE-270をナチュナルな音質にしたような印象。

オーケストラ、大編成の大きなジャズバンド、規模の大きな合唱団を聴くなら、AB級アンプに限ると思う。

*****

・・とある居酒屋。節(ふし)が浮き出た飴色の一枚板のカウンター。長年、酒、油、料理の汚れが絶えず拭き取られ、くすみ、黒光りしている。隣に座った男性二人。そろそろ、年金が満額受け取れそうな年齢。二人の会話が聞こえてきた。

「おれさ、若い頃、よく音楽を聴いたんだよね」。「ああ、おれも、そうだった」。「それでさ、おれ、奮発して高いアンプを買ったんだ。アキュフェーズっていうんだ。知っている?」。「?」。「なんだ知らないのか。高級メーカーなんだけど。それがさ、そのメーカーから、毎年、年賀状が40年以上きてんだよ!」。「へぇ~」。

*****

アキュフェーズからの年賀状。毎年、楽しみにしている方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-800 その②・・言ってみれば「大人の音」。

アキュフェーズ E-800。アキュフェーズ製品。A級アンプは、本領を発揮するまで時間がかかる。電源を入れて、一時間、音を出して3時間ほどしないと本来の音、持ち味がでない。それが、アキュフェーズ・A級アンプの”儀式”とは言え、試聴時、要注意だ!。

アキュフェーズ E-800。来週の月曜日、23日までベースマンで試聴できます。

店主の細川さんに訊く。「細川さん、スッキリ、音楽の背景がスッキリしてませんよね。高SN比ではありませんよね」。「はい、そうです」。「でも、良い音なんですね?」。「ハイ!」。

「どういう音ですか?」。

***オーディオ的要素より、ナチュナル感。楽器の音がする。言ってみれば「大人の音」。C-3850とA-250の組み合わせに近い(音質)。(音調が)A-250と同じ方向(性だと思う)。C-2150は、言ってみれば「若い音、クリアな音」。(その)明るさ、クッキリ(感)が良い意味で(E-800には)ない。音調がやや仄暗(ほのぐら)い。(このE-800は)セパレート・アンプと比べない(ほうがいい)別の世界。演奏の細かい点、ハーモニーが綺麗で(それが)良くわかる。オーディオ的高性能さより音楽を良く聴かせてくれる。ちょっと、アキュフェーズ、音の方向を変えましたね。参りました***。

が、「その、『仄暗さ』、20世紀のプリアンプ・C-290Vと同じようなものですか?」と尋ねる。「ええ、そうです」と細川さん。

ベースマンで聴くと、遠近感がバツグン。ジャズ。ウィントン・マルサリス。マルサリスが、トランペットを吹き始めるとそこにスポットライトが当たったように、マルサリスの音像が浮かびあがる。マルサリスが吹くのをやめ、曲をリードするのがピアノに代わると、今度は、ピアノの音が浮かび上がる。サラ・ボーン。ナチュナルに歌うサラ・ボーンの自然な音像がスピーカー間にポカリと浮かぶ。主役が映える立体的な音像。それでいながら、脇を固めるというか、バックで演奏する奏者の音楽がしっかり聴こえる。ここがいい。

さあ、皆さん、明日はお店に Goー!

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ファイン・オーディオ F1.12・・予想を裏切るシャープな音質!。

左のSP、ファイン・オーディオ F1.12(10かも?)。アキュフェーズ P-7300、A-75の比較試聴に使用。大木を思わせる外観。「大きな栗の木の下で~」とか「この木なんの木、気になる木~」と思わず、ハミングしたくなる。

「もっさり」した外観からは、連想出来ない、キレのある音。800D3に比べても聴きおとりしない。800D3の表現が神経質だと感じる方に。

弦楽器の旋律が、濁らない解像度の良さ、低音楽器のグランカッサから高音楽器のピッコロまでスムーズに、よどみなく再現する帯域の広さ、音の背景が静かな高SN比、やや太めで滲まない高域。音を強引に前面に押し出さないが、ハイ・スピード。弾力があるため、キレがある。コントラストはやや弱い。立体的な音像より、自然な音場空間。柔らかめの音調で圧迫感が無く聴きやすい。「寄らば大樹の陰」の感がある。

デモンストレーターは、アキュフェーズの若手社員、馬場さん(お名前を間違えたらすいません)という方でした。A-75開発の3人のメンバーの一人。F1.12を使い、A-75とP-7300の比較試聴に弦楽器のヴィオラの旋律を採用。ヴィオラ、人間の声に近く、ふくよかな響きが特徴。再生は難しい。大口径ウーハーのF1での再生に恐れず採用した。同じく大口径ウーハーを持つタンノイのアーデンでは、少々、中間帯域の表現が硬いかなと思ってましたから。勿論、再生音は十分、納得できるものでした。

・・・・・・・・

A-75。開発体制は、電気回路が一人、表示・コントロール系一人、筐体(きょうたい)が一人の三人体制。三ヵ月で一番目の試作機が完成。社内で検討して(出された不満点を改善)二ヵ月後に二台目が完成。それが承認された。馬場さん、ご苦労があったのではないでしょうか?。

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-800 その①・・ハッキリ、クッキリと新鮮です。

アキュフェーズ 純A級ステレオ・プリメインアンプ E-800 定価98万円。同社50周年記念モデル第一弾。セパレートアンプなみの性能を追求。重量36㎏。あれ、プリアンプのC-2150が16.9㎏、パワーアンプのA-36が22.8㎏で合計39.7㎏。4キロほどしか変わらないのね。

厳しい比較です。今、ベースマンに常設してあるセパレートアンプはC-3850とA-70。その音を念頭に置いた印象です。比較に使ったCDは、「神田佳子 打楽器アンサンブル作品集 かえるのうた」(Bon-Kan Media Works BKMW-0104  2014年発売)。聴きどころは、「打楽器の音の立ち上がりの速さ、各太鼓の音が混濁しない、歪まない事、繊細さ、エネルギー感など」です。聴いたのは8曲目のラ・キュート。

上記のCDをE-800で聴く。高域は、澄み切った高SN比で歪み、濁りが無い。低中域から上は分解力が高く、適切な制動で締められ、音が密集しない。音が痩せない力強さもある。また、繊細なトーンで覆われ、やや柔らかい音調だが、高コントラスト、つまり、ハッキリ、クッキリして魅力的です。新鮮です。低域は、混濁とレスポンスの遅さを感じました。遠近感、立体的な音像は、得られます。前後左右に広がるサウンド・イメージは再現できますが、やや音が荒く、無理をしている感じがあります。以上、率直な感想です。

@@@@@@@@@@@

A-75開発を担当した同社・第二技術部 回路一課 田尾係長に訊ねたことがある。「内部部品は、特殊で高性能な物を厳選して使っているのですか?」と。「特殊で高性能というより(既存品を)選別してこれで大丈夫という物です」と田尾係長。「それは言ってみれば、その辺でも手に入る汎用品の範疇ということですか?」。「そうです」。「(その部品は)アキュフェーズの要求する品質・性能を満たす物ということですね」。「はい」。(注、部品が高性能なのはいうまでもありません)

@@@@@@@@@@@

アキュフェーズの設立が、1972年。確か、同社初のパワーアンプ、1973年発売のP-300の部品が最近、無くなってメンテナンスができなくなったと聞いたことがある。アキュフェーズは、特注部品は使っていない。部品在庫は豊富。E-800も購入したら一生ものだね。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ A-48・・・ひょっとしたらA-250より上!?。

アキュフェーズ A-48 68万円。店主が「これまで、アキュフェーズのA級アンプは、透明な水に牛乳を一滴たらしたような”濁り”を感じていた。このA-48は、それが無い!。店に置きたい」と申しておりました。果たして、店に置くのでしょうか?。今年最後の関心事です。

低域表現の性能に拘(こだわ)らず、その上の帯域を充実させた。

「目指したのはA-250(の性能)。(その下に)A-75(があって)その低域の音の出方が(私は)好きでした」。アキュフェーズG407ブース、製品開発担当者が解説する。そして、「A-75の低音を超えたい」というのが、開発当初の目標だったという。

*********

それでは、まず、目標となったA-250の低音とはいかなるものか?。二年前、2017年、A-250を担当した同社・山本技術部部長がこう語っている。「トルク感。低音をグッと捻じ伏せる制動力。(また)グググッと動かす駆動力。ドラムの音が固まらず、ヌケ良く滲(にじ)まない」。そして、A-75。開発を担当した同社・第二技術部 回路一課の田尾係長、「目指したのはA-250のステレオ化(すること)」それが、上手くいったかどうかは不明だが(聞き忘れた)、雰囲気から判断すると「まあ、満足かな」という感じだったような気がする。

**********

開発担当者が続ける。「(A-75の低音を)超えるのは無理でした。それで、負けない部分(を作りたい)、私は、女性ボーカルが好き。(それでその帯域の)色気、艶を出したいと思いました。手前みそですが、(その部分)250より上だと思います」と力強く話し、解説を締めくくる。

その日の自分のメモを見ると「高域は、ハイエンド(G509ブースのハイエンド有限会社のシステム)より上、音の消え方がいい。低域は、?(マーク)だが、中域から上はバツグン」とある。

開発の経緯はかくの如し。出来れば、A-75との比較試聴が楽しそうだ。あっ、A-250でもイイね。

A-48もオーディオ評論家の小野寺弘滋さんの言うところの「音数を競(きそ)わない」製品なのかもしれない。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ユキム・・定位置で毎年、良い音をだしている。

㈱ユキム SPがエラック(ELAC) VELA fs409 100万ほど。 左のレコードプレーヤーは、おそらく500万ぐらいで絶望的。ユキムにはオーラ(Aura)のFMチューナー内蔵のCD/アンプ、32万ほどがあります。これが、お勧めです。

タワーマンションに住んでいる人は絶対、このような鑑賞スペースで音楽を楽しむべきだよね。田舎者の僻(ひが)みだけど。ガラス張りの壁(?)、背の高い観葉植物を背後に置いてカッコイイね。

フューレンコーディネイトがカントリー(田舎)なら、ユキムはシティ(都会)だよね。あれっ、全然、オーディオとは関係ない話になってきた。

ユキムのブースは毎年ここが、定位置で、良い音を出している。

広帯域、高解像度、ハイ・スピード、高コントラスト、音のキレがいい。音楽表現が極太にならず、サラリと乾燥した感じでスッキリ、さっぱりとした音を聴かせる。音場はナチュナルに広がるが、奥行きが感じられない。そのため、立体的な音像は得られない。これは、ツィーターの性能によるものかもしれないが、それで、不満は感じない。エラックは、小型、低価格商品でも音調が変わらない。BS302(スタンド込みで14万程度)というスモール&シンプルな製品がある。オーディオ入門用としてはいいかもしれない。

ここD503ブース、オーディオショウに行くたび、必ず、訪れるブースだ。

ユキムは、オーディオ用除電ブラシ、9.800円も販売している。これも使いやすい。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり フューレンコーディネイト・・相変わらずシンプルな試聴室。

(有)フューレンコーディネイト。SPが、真ん中がピエガ Master Line Source 3  左がブロッドマンVC7。パワーアンプが オクターブ Jubilee 300B。ネットワークプレイヤー LINN ACURATE DS プリアンプがオクターブHP700など。アンスズ(Ansuz)のインシュレーター三点支持でプリアンプ、CDプレイヤーを持ち上げていた。

フューレンコーディネイトのブースは毎年、シンプル。で、清潔感たっぷり。スピーカー、アンプ、が二種類程度、それに、同社が売り出したいアクセサリーが一種類程度で試聴機器をまとめている。試聴する側としては、聴きやすい。音もこなれて良い音をだしているので、製品の音質を判断しやすい。センスはいいけど高額製品にみえないので、「手が届く範囲かな」と製品の値段を見るとガックリするけどね(笑い)。

注目したのは、リンのACURATE DS(機器の名称は変更しているかも)。これまで、ネットワーク系のプレイヤーでの再生に感心できなかった。音が表面的になぞっているだけに聴こえるという理由からだけど。今回、プリにオクターブHP700、パワーアンプが同ジュビリー300B、スピーカーがブロッドマン。この組み合わせで聴いたら、良かった。弦楽器の木質の響きが聴こえてきたからね。残念ながらピエガは聴き損ねたけど、おそらく、清潔な音質でしょう。

それと、各機材の下、三点支持で組み込まれたアンスズのインシュレーター。効果はかなり期待できそうだ。一個、3万から10万ほどで高額だけど。真空管アンプとブロッドマンの余計な倍音をうまく押さているような気がした。

このブース。自身、ブロッドマンVC1も使っていることもあり、自宅で音楽を楽しんでいる気分にさせてもらえた。高額製品を自宅の部屋に持ち込んだという、あり得ないデジャヴ感(既視感)、満足感が湧いてきたのも嬉しかった。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり テクニクス・・高精度な音。形式美といってもいいかも。

テクニクス。スピーカーが、SB-R1 140万ほど。 パワーアンプが、SE-R1 160万ほど。ネットワークオーディオコントロールプレイヤー SU-R1 84万ほど。SACDプレイヤー、 SL-G700 28万ほど。レコードプレーヤー、 SL-1500C 10万ほど。

テクニクスのこのシステム、一言で言って「高精度な音」。

帯域全体に渡り、高ダンピングで引き締められたやや硬質な音調。音場空間にくもりの発生しない高SN比。中低域から中高域まで混濁が感じられない解像力の良さ。高域は歪まず、倍音成分を失わず伸び切る。ボリュームを絞り込んだふくらみのない低域表現。エネルギー、スピードも各帯域で均等に振り分けられている。結果、高コントラスト、トランジェント(音の立ち上がり)に優れ、奥行きのある音像を構築している。

テクニクスの技術。ただただ、凄いと感心して聴いていた。たとえて言えば、眉目秀麗(男性)、容姿端麗(女性)な日本人が背筋をスッと伸ばし和室に正座している。日本の形式美にあふれる音。または、高画素のデジカメで撮られた写真のイメージ。この音、音質が優れているが、ちよっと、僕の好みではない。

22日、2時からオーディオ評論家の小野寺弘滋さんがテクニクスのブースで講演を行いました。①音楽に浸るように聴きたい ②色々なリズムがいいから(再生された音楽が)楽しい  ③音は美しいけど(音楽が)楽しくない(時がある)④バスドラの音が濁っているな(システムの低音表現なんとかしないとな)などなど。そんな感想を持ちながら音楽を聴いたほうが、いいと言ってました。

この日は、朝から、天候は雨。そこで、メンデルスゾーンの無言歌集、ピアノ曲を再生。「このような雨の日。自宅でこの曲を聴くと音楽にひたることができます」と。小野寺さんがどのような心構えで音楽再生を行っているか、また、その姿勢、その目指すものを窺わせる公演でした。

今、テクニクスのレコードプレーヤー「SL-1500C」をお使いのようですが、「楽しい音」がでて「音数を競わない」プレイヤーとの事でした。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ソナスのアイーダⅡ・・一千万超えSP。でも、やはりソナスの音。

㈱ノア。ソナス・ファベールのアマティの後ろが、アイーダⅡ。左、手前がエレクタ・アマトールⅢ。そのスピーカーを駆動するアンプはブルメスター。え~、CDプレイヤーを含め、ざっくり計算しますと3.000万越えのシステムです。このような金額を”気軽に”聴けるのが「オーディオショウ」の魅力。

「美しい音」。ソナス・ファベールのSP、そう書けば、理解が早いと思う。この音質、僕は、好みだ。

スピード感、密度感に欠け…、いや、オーディオ的要素でこのソナスとブルメスターの組み合わせを解析するのはやめよう。失礼だ。

声楽が、楽器の音が、演奏空間の音が、「美しく聴こえる」でいいではないか!。その「美しさ」にゆっくり浸りましょう。人生の幸福感を味わえます。日々の生活、刻苦勉励(こっくべんれい)しておられる方々にお勧めです。

エレクタ・アマトールⅢ。130万です。大理石、黒皮、銘木(?)を使用しております。音調は、一千万越えのアイーダⅡと変わらないと感じました。このSPなら、なんとか手が届きそうです!?。

数年前、キリスト教会、30人ほどの信者が着席、礼拝できる小さな教会で、ヴァイオリニストの堀米ゆず子さんのバッハを聴いたことがある。真ん中の通路を歩き、ヴァイオリンの弦を左手で弾きながら登壇した。すぐ傍を通過した時のヴァイオリンの胴鳴り。アイーダⅡからそれと同じ音が聴こえた…。