オーディオ・ベースマン見たり聴いたり トライオード TRZ-300W その①・・300B真空管に期待するものは…。

トライオード TRIODE  TRZ-300W  定価48万円。同社の銘品、自分で組み立ても出来たプリメインアンプ VP-300BDの後継機種だけど…。ベースマンに常設、いつでも聴けます。

受け入れられない。個人的には、この音は受け入れられない。今のところは…。

明るめの音調。中高域から下の帯域の解像力が高く、ダンピングを利かせて、音の輪郭をシャープに隈取るコントラストの良さ。SN比も高く濁りがすくない。強化された電源部の影響なのか、エネルギー感のある骨格の太いサウンド。高レスポンス、ハイスピード、音が躍動する。「海外ではロック」というトライオード社長の言葉が頭をよぎる。残念なことに、300B真空管の持つ繊細で美しい中間帯域といった音色は、期待できない。躍動的演出が過ぎる気もする。

300B真空管を使った音の表現。どのような表現を期待するのだろうか?。僕は、絶対的なオーディオ性能より「そこはかとない情感」。音楽を楽しむ者の聴覚に触れるものではなく、「琴線に触れるもの」

オーディオによる音楽再生。実際の演奏とは、「似て非なるもの」とも言える。その「似て非なるもの」だが、その「非なるもの」をもって最大の効果を発揮する「芸」が日本にある。歌舞伎。その「女方(おんながた)」。それは「女性の役あるいはそれを勤める役者を指し、現実の女性の模倣ではなく、芸の上で創り上げられた理想の女性象」と言われる(歌舞伎用語案内より)。「女方」を観ると、初めは異様な物を見る思いだが、見慣れ、その台詞(せりふ)を聴くと女性を感じざるを得ない。楚々としたただずまい、たおやかな所作、清楚さと妖艶さの入り混じる目くばせ。そのゆったりとした発声。「よよ」とよろめく立ち振る舞い、指先から足の運びまで何百年にも亘(わた)り練り上げ、創り込まれた技巧美を感じる。その創り込まれた表現を300B真空管に期待するのですけど…。

TZR-300B。オーディオ的性能とは違った「琴線に触れもの」があるかどうか。もう一度、じっくり聴いてみよう。受け入れられるものがあるのかもしれない。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり グレン・グールド・・楽想を練り、歌う(唸る)風景が面白い。

「グールド・プレイズ・R・シュトラウス 」 Sony Music Japan SICC 20125。「蜜蜂と遠雷」恩田 陸。ピアニストの川村尚子(ひさこ)さんは、映画化された小説中、栄伝亜夜の実演シーンを担当。この本、故・中村紘子さんの「チャイコフスキーコンクール ピアニストが聴く現代」と読み比べが面白い。

グレン・グールドのピアノ。極めてオーディオ的な感じがする。「ハッキリ、クッキリ、スッキリ」として高解像度、高SN比。低域から高域まで低歪み。広帯域のピアノの能力を存分に発揮。ピアノの高純度な音の粒立ちが失われない一方で、硬質感のないデリケートな音色、不思議な和らぎ、優しさ、柔らかさに、加え、天までとどく伸びやかな解放感がある。

このCD、聴きどころは、二つ。ソプラノのエリザベート・シュヴァルツコップフに音楽的表現でグールドが、歩み寄らず(解説詳細あり)録音した。が、それでも音楽として成り立っているところ。トラック5、「ピアノと管弦楽のためのブルレスケ 二短調」。実演に向け自宅の音の変なピアノで弾き、オーケストラのパートをグールドが歌いながら(唸りながら?)リハーサルをしているところ。このトラック、演奏家が、楽譜から作品を探求、追求し、洞察を深め、如何なる表現で実演に向かうのかが窺える。

それを踏まえ、コンテスタント(競技者)がしのぎを削る「蜜蜂と遠雷」を読むとよりよく、面白く読めるような気がする。

「蜜蜂と遠雷」。2017年 第12刷。オーディオ的にも面白く読める部分がある。楽器(スピーカー)周囲、物の位置で音が変化するという事。いずれも、主人公の一人、風間 塵が指摘する。一次予選、P154、調律師に舞台上、3台あるピアノの一台の位置を動かさせ、自分が弾くピアノの音を調整する。P157、入場する客が音を吸うことを指摘され、調律師にピアノの位置を別な位置に移動させる。二次予選、P279、立ち見の観客まででた会場だが、調律師にピアノの音を「パッキリ」(おそらく、オーディオ的にはハッキリ、スッキリしたような音だと思う)させず「柔らかめ」にして欲しいと頼む。訝(いぶか)しむ調律師に次に弾く 栄伝 亜夜が「パッキリ」演奏するからと説明する(注)本選前のリハーサル、P454~458、本選に向けて自身が弾く「バルトークのピアノ協奏曲第三番」の第三楽章を演奏するオーケストラのリハーサルを聴き、奏者の演奏位置を変えさせる。その途端、オケの音が「ハッキリ、クッキリ、スッキリ」と変化。バランスが取れ、かつオケの音量が上がる。「楽器などの位置を変えただけで、音が劇的に変化するのか?。これは、小説の世界だろう」とお思いの方がいらっしゃると思う。しかし、実際、オーディオ・ベースマンで同じような体験をしている。事実、楽器(スピーカーなど周辺機器だが)の位置を変えただけで音質が変化、また、音楽的感銘度も向上する。そして、ベースマンに出入りする人物でこれが出来る、それを可能とする「耳の良さ」を持った方がいらっしゃいます。店主もかなりのものですが、その店主も舌をまく凄さです。また、そのような体験をすると「蜜蜂と遠雷」を「ウン、ウン」頷(うなず)きながら楽しく読める。オーディオ・ベースマン、楽しめるショップです。

「蜜蜂と遠雷」。読んでいたら、四十数年前に読んだ少女マンガ、漫画家を思い出した。この小説、少々、「乙女チック」なところがある。「別マ(別冊マーガレット)、「りぼん」、「花とゆめ」などなど。はいからさんが通る(大和和紀)、スケバン刑事(和田慎二)、陸奥A子、小椋冬美、大矢ちき、などなど。70年代から80年代までの少女マンガ面白かったなぁ。ああ、そうだ。土田よしこの「つる姫じゃ~」も思い出してしまった。

(注) 2019年、11月。岩手県民会館中ホール。岩手県民会館 コンサート・サロン2019 川村尚子さんのコンサートが行われた。小説中の人物、「栄伝亜夜」かくもあらんと思われる「パッキリ」とした音質の持ち主でした。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ・第30、31、32を演奏。「30番から32番は、(精神が?)天に昇天する感じの感動があり、アンコールを弾くのはむずかしいのですが…」といいつつアンコールを一曲、演奏。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ、どうしても、ドイツの女流ピアニストのエリー・ナイと比べてしまう。線が細い。量感が少々、落ちるので、それが伴えば、最高だったなぁ…。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ブラザース・フォア・・40年前のCDとは思えないリアリティに愕然!。 

ブラザース・フォア  青春を歌う CBS/SONY 35DP 49。1983年発売。オーディオ評論家の福田雅光さんが取り上げるCD、レコード盤は、音質が良いのは言うまでもないが、音楽的感銘度が高い。一枚のアルバムを聴き終わると、思わず「拍手」をしてしまう。

このCDを聴くと、ブラザース・フォアの歌を聴くと、「あぁ、あのアメリカにこんないい音楽があったんだなぁ」と思わざるを得ない。心が休まる。

心休まる音楽だが、冷静に聴くと、トリッキーでミステリアスな録音が面白い。左のスピーカー(SP)から二人、右のSPからも二人。SPをマイクに見立て歌っているように、そこから、四人の歌声が聴こえる。そして、楽器が二本のスピーカー間に並ぶ。CDジャケットの写真で見ると、四人が弾き語りしている。が、オーディオ・システムで聴くと、人と楽器が完全に離れている。あり得ないシチュエーション、極めて人工的、作為的な録音。その表現が、演出が効果的なのかどうか?。SPから発せられる音が鑑賞者の方に、前に前へと説得力を持ち、聴くものに語りかける。「録音芸術、ここに極まる」の感あり。素晴らしい。

オーディオ的な表現としては、四人のボーカリスト、各人の声質が聴きとれる高い解像度と繊細さ。音程が歪まずコントラストの高い中間帯域。輪郭がハッキリした立体的な四人の音像。「今、まさに自宅のリスリングルームに四人が登場した」かのような抜群のリアリティ。40年という年月を経たCDとは思えない音質に驚かされる。

サクソフォーン・カルテット・アテナ、神田佳子さんも「ステレオ誌」の福田さんの推薦盤でした。福田さん、普段、聴くことのできない、知ることのない演奏家、楽器、音楽を取り上げ、教えてくれます。音楽の、オーディオの見聞を広げることができます。大変、助かっております。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり サクソフォーン・カルテット・アテナ・・アンサンブルの妙が聴こえる。

サクソフォーン・カルテット・アテナ 水晶(すいしょう)の籠(かご) マイスター・ミュージック。MM-2148。「あぁ、パリの音がする」。自宅で聴いた時、そう思った。4人のメンバー中、3人はおフランスで研鑽を積んだのですね。メンバー、写真はポップス系だけど、音楽は、クラッシク、現代音楽として聴かないと、このカルテットの音楽性を勘違いすると思う。

2017年、10月。「パリ管弦楽団のブラス・クインテット」の演奏を県民会館・中ホールで聴いた。その時、「金管楽器なのに、なんて柔らかく、優しい音だ」と思った。それと同じ音。当時の感動が蘇った。

ベースマンでアキュフェーズE-800で聴く。

精緻、精妙なアンサンブル。_バリトンからソプラノ・サクソフォーンの音域を余すところなく再現する帯域の広さ。各楽器が混濁しない解像度の良さ。管楽器の音がくもり、くすまない高SN比。奏者の演奏位置、遠近が判る定位。高域は、割れず、中間帯域は、倍音(響き)が痩せず、低域表現は、引き締められているというより、強引な押し出しは皆無で「スッ」と伸びてくる。軽い印象_。音の線が細いが高コントラスト、繊細さが秀逸

あれ、なんか、ベースマンで、E-800で聴くと、迫力は及ばないものの、2018年、9月に聴いた、同じく県民会館中ホールで聴いた「ベルリン・フィル・ブラス・トリオ」の印象に近い。「ハッキリ、クッキリ、スッキリ感」が良くなりすぎて、オーディオ的はグッドだけど…。パリ、ベルリンのブラス、どちらもいいけど、個人的には、「フワ、フワ感」のあるパリの音が好き。

#サクソフォーン・カルテット・アテナ#。塩安 真依子・ソプラノ・サクソフォーン 江川 良子・アルト・サクソフォーン 富岡 祐子 テナー・サクソフォーン 平賀 美樹・バリトン・サクソフォーン。

オススメは、J・イベールの「物語」より。特に、トラック5(小さな白いロバ)の軽やかな合奏が良い感じ。

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-380・・”儀式”の必要はありません!?。

アキュフェーズ E-380。定価45万円。同社のAB級アンプは、A級アンプと違い、”儀式”にさほど気を遣わなくてもいい。E-380は、常設です。

E-800の試聴の後で鳴らしたが、聴き劣りすることがなかった。逆に、高SN比を実感させてくれる。音楽の背景が澄み切っていた。

くもり、くすみが発生しない高SN比を背景に、音の出足が速いスピード感、音場を解放的に広げるキレのあるパワー。帯域全体でダンピングを利かせ音の輪郭をシャープに形作る。解像度が高く音の分離も明快だ。低域から高域までノン・ストレスで音が伸びきる。AB級アンプの魅力はこの辺にあるだろう。遠近感、立体的な音像、繊細な倍音表現、微妙な合奏のニュアンスといった要素は求められないが、それを気にする必要がないほど再生された音楽に魅力的な高揚感を感じる。また、音の輪郭を克明に描き切る下位モデルのE-270をナチュナルな音質にしたような印象。

オーケストラ、大編成の大きなジャズバンド、規模の大きな合唱団を聴くなら、AB級アンプに限ると思う。

*****

・・とある居酒屋。節(ふし)が浮き出た飴色の一枚板のカウンター。長年、酒、油、料理の汚れが絶えず拭き取られ、くすみ、黒光りしている。隣に座った男性二人。そろそろ、年金が満額受け取れそうな年齢。二人の会話が聞こえてきた。

「おれさ、若い頃、よく音楽を聴いたんだよね」。「ああ、おれも、そうだった」。「それでさ、おれ、奮発して高いアンプを買ったんだ。アキュフェーズっていうんだ。知っている?」。「?」。「なんだ知らないのか。高級メーカーなんだけど。それがさ、そのメーカーから、毎年、年賀状が40年以上きてんだよ!」。「へぇ~」。

*****

アキュフェーズからの年賀状。毎年、楽しみにしている方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-800 その②・・言ってみれば「大人の音」。

アキュフェーズ E-800。アキュフェーズ製品。A級アンプは、本領を発揮するまで時間がかかる。電源を入れて、一時間、音を出して3時間ほどしないと本来の音、持ち味がでない。それが、アキュフェーズ・A級アンプの”儀式”とは言え、試聴時、要注意だ!。

アキュフェーズ E-800。来週の月曜日、23日までベースマンで試聴できます。

店主の細川さんに訊く。「細川さん、スッキリ、音楽の背景がスッキリしてませんよね。高SN比ではありませんよね」。「はい、そうです」。「でも、良い音なんですね?」。「ハイ!」。

「どういう音ですか?」。

***オーディオ的要素より、ナチュナル感。楽器の音がする。言ってみれば「大人の音」。C-3850とA-250の組み合わせに近い(音質)。(音調が)A-250と同じ方向(性だと思う)。C-2150は、言ってみれば「若い音、クリアな音」。(その)明るさ、クッキリ(感)が良い意味で(E-800には)ない。音調がやや仄暗(ほのぐら)い。(このE-800は)セパレート・アンプと比べない(ほうがいい)別の世界。演奏の細かい点、ハーモニーが綺麗で(それが)良くわかる。オーディオ的高性能さより音楽を良く聴かせてくれる。ちょっと、アキュフェーズ、音の方向を変えましたね。参りました***。

が、「その、『仄暗さ』、20世紀のプリアンプ・C-290Vと同じようなものですか?」と尋ねる。「ええ、そうです」と細川さん。

ベースマンで聴くと、遠近感がバツグン。ジャズ。ウィントン・マルサリス。マルサリスが、トランペットを吹き始めるとそこにスポットライトが当たったように、マルサリスの音像が浮かびあがる。マルサリスが吹くのをやめ、曲をリードするのがピアノに代わると、今度は、ピアノの音が浮かび上がる。サラ・ボーン。ナチュナルに歌うサラ・ボーンの自然な音像がスピーカー間にポカリと浮かぶ。主役が映える立体的な音像。それでいながら、脇を固めるというか、バックで演奏する奏者の音楽がしっかり聴こえる。ここがいい。

さあ、皆さん、明日はお店に Goー!

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり NAGRA・・「マスター・テープ」の音ってやや変?・・・

NAGRA®T AUDIO TC  ナグラのマスター・テープ・レコーダー(?)。「2019 東京インターナショナルオーディオショー」のハイエンド(有)のブースで再生。1960~70年代のクラシック・ジャズを聴かせてくれた。

マスター・テープの音。鮮烈な音だけど、鑑賞する音楽として聴いた場合、まとまってないような気がした。

ハイエンド(有)のブース。ジャズが中心の選曲。トライオードの山﨑 順一社長によれば、「海外のオーディオ、ジャズかロック(を再生するの)が主流」との事。マスター・テープ再生でもクラシック音楽は一曲だけ。あとは、ジャズと軽めのロック。

音質は?というと、現場からゴソッと音を持ち込んだかのように生々しい。高SN比、高解像度がもたらすハッキリ、クッキリ、スッキリした高コントラスト。高いエネルギー密度が可能とする陰影表現。前後左右に力強く音場を広げ、トランジェント(音の立ち上がり)に優れているため、躍動感がある。

ただ、楽器の位置などの定位は違和感がある。左よりに音が定位する。主に左側によった位置から音が聴こえる。それと楽器の音が全て同じ音量で聴こえるような気が。「ドバッ」と音が無造作に出てきて、鮮度が高く、目の前で演奏が行われているような錯覚を生じる。けど、「もう少し、うまく整理整頓出来ないかなぁ」。聴き込むとそのような感慨が沸き起こってくる。

22日(金)、テクニクスのブース。オーディオ評論家の小野寺弘滋さんの講演。「マスター・テープは料理する前の材料」、「マスタリングは重要です」との言葉が頭をよぎった。

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり ファイン・オーディオ F1.12・・予想を裏切るシャープな音質!。

左のSP、ファイン・オーディオ F1.12(10かも?)。アキュフェーズ P-7300、A-75の比較試聴に使用。大木を思わせる外観。「大きな栗の木の下で~」とか「この木なんの木、気になる木~」と思わず、ハミングしたくなる。

「もっさり」した外観からは、連想出来ない、キレのある音。800D3に比べても聴きおとりしない。800D3の表現が神経質だと感じる方に。

弦楽器の旋律が、濁らない解像度の良さ、低音楽器のグランカッサから高音楽器のピッコロまでスムーズに、よどみなく再現する帯域の広さ、音の背景が静かな高SN比、やや太めで滲まない高域。音を強引に前面に押し出さないが、ハイ・スピード。弾力があるため、キレがある。コントラストはやや弱い。立体的な音像より、自然な音場空間。柔らかめの音調で圧迫感が無く聴きやすい。「寄らば大樹の陰」の感がある。

デモンストレーターは、アキュフェーズの若手社員、馬場さん(お名前を間違えたらすいません)という方でした。A-75開発の3人のメンバーの一人。F1.12を使い、A-75とP-7300の比較試聴に弦楽器のヴィオラの旋律を採用。ヴィオラ、人間の声に近く、ふくよかな響きが特徴。再生は難しい。大口径ウーハーのF1での再生に恐れず採用した。同じく大口径ウーハーを持つタンノイのアーデンでは、少々、中間帯域の表現が硬いかなと思ってましたから。勿論、再生音は十分、納得できるものでした。

・・・・・・・・

A-75。開発体制は、電気回路が一人、表示・コントロール系一人、筐体(きょうたい)が一人の三人体制。三ヵ月で一番目の試作機が完成。社内で検討して(出された不満点を改善)二ヵ月後に二台目が完成。それが承認された。馬場さん、ご苦労があったのではないでしょうか?。

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ E-800 その①・・ハッキリ、クッキリと新鮮です。

アキュフェーズ 純A級ステレオ・プリメインアンプ E-800 定価98万円。同社50周年記念モデル第一弾。セパレートアンプなみの性能を追求。重量36㎏。あれ、プリアンプのC-2150が16.9㎏、パワーアンプのA-36が22.8㎏で合計39.7㎏。4キロほどしか変わらないのね。

厳しい比較です。今、ベースマンに常設してあるセパレートアンプはC-3850とA-70。その音を念頭に置いた印象です。比較に使ったCDは、「神田佳子 打楽器アンサンブル作品集 かえるのうた」(Bon-Kan Media Works BKMW-0104  2014年発売)。聴きどころは、「打楽器の音の立ち上がりの速さ、各太鼓の音が混濁しない、歪まない事、繊細さ、エネルギー感など」です。聴いたのは8曲目のラ・キュート。

上記のCDをE-800で聴く。高域は、澄み切った高SN比で歪み、濁りが無い。低中域から上は分解力が高く、適切な制動で締められ、音が密集しない。音が痩せない力強さもある。また、繊細なトーンで覆われ、やや柔らかい音調だが、高コントラスト、つまり、ハッキリ、クッキリして魅力的です。新鮮です。低域は、混濁とレスポンスの遅さを感じました。遠近感、立体的な音像は、得られます。前後左右に広がるサウンド・イメージは再現できますが、やや音が荒く、無理をしている感じがあります。以上、率直な感想です。

@@@@@@@@@@@

A-75開発を担当した同社・第二技術部 回路一課 田尾係長に訊ねたことがある。「内部部品は、特殊で高性能な物を厳選して使っているのですか?」と。「特殊で高性能というより(既存品を)選別してこれで大丈夫という物です」と田尾係長。「それは言ってみれば、その辺でも手に入る汎用品の範疇ということですか?」。「そうです」。「(その部品は)アキュフェーズの要求する品質・性能を満たす物ということですね」。「はい」。(注、部品が高性能なのはいうまでもありません)

@@@@@@@@@@@

アキュフェーズの設立が、1972年。確か、同社初のパワーアンプ、1973年発売のP-300の部品が最近、無くなってメンテナンスができなくなったと聞いたことがある。アキュフェーズは、特注部品は使っていない。部品在庫は豊富。E-800も購入したら一生ものだね。

 

 

オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ A-48・・・ひょっとしたらA-250より上!?。

アキュフェーズ A-48 68万円。店主が「これまで、アキュフェーズのA級アンプは、透明な水に牛乳を一滴たらしたような”濁り”を感じていた。このA-48は、それが無い!。店に置きたい」と申しておりました。果たして、店に置くのでしょうか?。今年最後の関心事です。

低域表現の性能に拘(こだわ)らず、その上の帯域を充実させた。

「目指したのはA-250(の性能)。(その下に)A-75(があって)その低域の音の出方が(私は)好きでした」。アキュフェーズG407ブース、製品開発担当者が解説する。そして、「A-75の低音を超えたい」というのが、開発当初の目標だったという。

*********

それでは、まず、目標となったA-250の低音とはいかなるものか?。二年前、2017年、A-250を担当した同社・山本技術部部長がこう語っている。「トルク感。低音をグッと捻じ伏せる制動力。(また)グググッと動かす駆動力。ドラムの音が固まらず、ヌケ良く滲(にじ)まない」。そして、A-75。開発を担当した同社・第二技術部 回路一課の田尾係長、「目指したのはA-250のステレオ化(すること)」それが、上手くいったかどうかは不明だが(聞き忘れた)、雰囲気から判断すると「まあ、満足かな」という感じだったような気がする。

**********

開発担当者が続ける。「(A-75の低音を)超えるのは無理でした。それで、負けない部分(を作りたい)、私は、女性ボーカルが好き。(それでその帯域の)色気、艶を出したいと思いました。手前みそですが、(その部分)250より上だと思います」と力強く話し、解説を締めくくる。

その日の自分のメモを見ると「高域は、ハイエンド(G509ブースのハイエンド有限会社のシステム)より上、音の消え方がいい。低域は、?(マーク)だが、中域から上はバツグン」とある。

開発の経緯はかくの如し。出来れば、A-75との比較試聴が楽しそうだ。あっ、A-250でもイイね。

A-48もオーディオ評論家の小野寺弘滋さんの言うところの「音数を競(きそ)わない」製品なのかもしれない。